意外なほど有効…?20代の任意整理はデメリットよりメリットが大きい

意外なほど有効…?20代の任意整理はデメリットよりメリットが大きい

20代は、友人との付き合いなどで旅行や飲み会に参加したり、美容にお金をかけたり、
あるいは、ソーシャルゲームへの課金や、手軽に買い物ができるネットショッピングなど、お金という感覚が薄れたままお金を使ってしまう環境が広がり、
収入以上にお金を使ってしまうケースが少なくありません。

お金が足りない中でさらに使うには借金をする必要がありますが、その環境が続けば、借金返済も徐々に苦しくなり自力で返済できなくなってしまうでしょう。

そして、借金の返済が苦しくなった場合には、法律に基づく対処法として債務整理を選択する必要がでてきます。

ただ、20代ともなると、債務整理のデメリットなどが気になり踏み出せない部分がありますよね…。

そこで今回は、20代でも手軽に利用しやすい『任意整理』のメリットとデメリットを解説します。

任意整理も債務整理の手段の一つですが、「それだけのデメリットで借金を減らせるの?!」と拍子抜けするほど手軽に利用できる方法となるかもしれません。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理の最大の特徴は債務先が選択可能だということ

債務整理には、任意整理の他に個人再生や自己破産などがあります。

ですが、それらの手段は裁判所を通して借金を整理する方法で、効力が大きいのですが、あらゆる借金をまとめて整理する必要があり、残しておきたい借金も整理の対象にする必要があります。

一方で、任意整理は、裁判所を通さずに債権者に直接今後の返済方法の見直しなどを交渉する方法で、交渉先以外の債務先は一切関係しません。

つまり、返済が苦しい借金のみを整理する事が可能となるのです。

連帯保証人に迷惑をかけずに済む

債務整理をする際に気になる点として、連帯保証人への影響があるかと思います。

確かに、債務整理で借金の返済額が減額されると連帯保証人に支払い義務が移るので影響は多大。

ですが、任意整理の場合は、債務先を選択する事が可能となるので、連帯保証人を立てている借金を除外して整理可能です。

20代の場合、奨学金の返済がまだ残っている事も少なくないでしょう。そして奨学金の連帯保証人は、親もしくは親戚となっているはずです。

奨学金を債務整理したとなると、親族に迷惑と心配をかけてしまいますね…。

しかし、任意整理なら奨学金を除外して整理することが可能となるのです。

家や車を手放す必要がない

住宅ローンや自動車ローンなどの借金は、家や車が担保となっている事が多く、整理の対象にすると、家や車を処分されてしまいます。

その点、任意整理ではこれらを除外する事が可能なので、手元に残したまま借金を整理できます。

最も効力の強い自己破産の場合は、ローンを組んでいなくても住宅を手放す事になるし、換価処分によって、時価20万円以上の価値がある有価証券や車も処分の対象になるんだ。
でも、任意整理の場合は、換価処分がないから価値のある車などの資産を持っていても処分される心配はない。
ちなみに、換価処分とは、処分されて得られたお金を債権者に分配する仕組みだよ。

個人再生に関しては、特例で住宅ローンのみ整理からの除外が認められていますが、その他の借金は友人からの借金など細かいものも含めて処分の対象。

自己破産に至っては、住宅ローンも含めて全てが処分の対象。

任意整理の効力は若い時にしてしまいがちな高金利の借金に有効

この記事を読んでいるあなたはどういった借金に苦しんでいるでしょうか?

おそらく、多くの人は、買い物などでクレジットカードを使いすぎてしまったり、
お金が足りずに消費者金融などを利用したり、といった事情で返済に苦しんでいる状況ではないでしょうか?

20代の借金は、多くの場合、こういった手軽に利用できる借金で、その分、高金利の借金となっている傾向にあります。

ちなみに、『審査の緩い借金(手軽に利用できる借金)=金利が高い』というのがお金を借りる際の条件のようなもの。

その手軽さ故に軽い気持ちで借金を繰り返してしまいがちですが、思いの外、利息が高額で徐々に返済が苦しくなって悩む人が多くなっているのです。

ちなみに、現在は総量規制によって、消費者金融などでは年収の3分の1以上の借金ができません。⇒総量規制に該当する借金
これは、1社ごとではなく、借りている借金の総額で考えるので、借金で借金を返済するという事も出来なくなっています。

そして、そういった借金に大きな効力を発揮するのが任意整理。
任意整理は、多くの場合、利息や遅延損害金をカットして、返済期間を3〜5年で見直すという効力を発揮します。
まさに、高金利で返済期間の短い消費者金融やクレジットカードでの借金に適した方法。

ちなみに、クレジットカードには現金を借りるキャッシング枠と、買い物に使えるショッピング枠があるけど、どちらも『債務』である事には変わらないから、例え、現金を借りていないショッピング枠の利用でも債務整理は有効なんだ。
ショッピング枠では金利ではなく手数料が上乗せされるけど、任意整理ではそれもカットできる。

「利息がカットされても元金が減らないと意味が無いのでは??」という疑問があるかもしれませんが、

仮に、100万円を年利率15%の5年払いで返済する場合、利息の支払いだけでも427,378円となります。
借りたお金の1.5倍近くを返済することになるかもしれないのです。

自己破産のように全ての借金が免責になるといった絶対的な効力はありませんが、現在より返済が楽になるのは間違いありません。

抱えている借金の返済が任意整理でどの程度楽になるのか、こちらの記事を参考にしてみよう。
消費者金融やクレジットカードでの借金が多い場合は、利息のカットだけでも思っている以上の効果を得られるはずだよ。
100万円の借金に対する任意整理の効果
200万円の借金に対する任意整理の効果
300万円の借金に対する任意整理の効果

手続き中は返済が止まる

利息のカットや返済期間の見直しによって、月々の返済額が減るだけでも、金銭的メリットが大きいのですが、

それとは別に、任意整理の手続き開始から和解の成立までは返済の必要がないという嬉しい金銭的メリットがあります。

弁護士に、任意整理を受任してもらうと、即日、受任通知が債権者に出されます。
そして、その通知を債権者が受け取った瞬間から任意整理の手続きが開始され、返済が止まり、取り立て等は一切なくなります。

もし、任意整理開始後も取り立てを続けると、債権者は業務停止や、最悪の場合、貸金業の許可を取り消されてしまうかもしれない。
だから、受任通知が出された後は、確実に取り立てが止まるよ。

任意整理開始から和解までの期間は、3ヶ月〜半年。

これだけの期間、返済を必要としなければ、お金を貯める事も可能でしょう。和解が成立すると返済が再開されますが、任意整理前より返済額が減りますし、貯めたお金も考えれば、問題なく返済を続けていけるはずです。

家族や周りにバレずに手続きできる

任意整理は、弁護士を代理人にする事が多いものの、裁判所など第三者機関を経由することなく、債権者に直接交渉するので、家族や周りに内緒にしやすい債務整理の手段となります。

先ほどの、連帯保証人を立てている借金を除外できるというのも、隠す上でありがたい仕組みとなるでしょう。

そのため、彼氏や彼女に内緒に隠せるのはもちろんのこと、親や親族、結婚をしている場合は、配偶者にもバレないまま手続きを済ませる事が可能です。

弁護士も、隠して手続きをしたい人が多いのを理解しているので、隠す事に協力的です。
例えば、郵便物を自宅に届ける場合は、無地の封筒に入れたり、局留めにしたりなど。⇒郵便物をバレずに受け取る方法

その他、個人再生や自己破産では、官報と呼ばれる国が発行する情報誌に名前が記載されることになりますが、任意整理では名前が公表される事はありません。

それどころか、債権者に直接交渉するので、任意整理がどの程度利用されているのか把握できていないほど閉鎖的な手続きです。

よって、ほとんどのケースで誰にもバレないまま手続きを済ませる事が可能です。

ブラックリスト期間が短い

債務整理をすると、信用情報には事故情報が残ります。

信用情報とは、個人の債務状況の記録のようなもので、新しい借金をする際にはこの情報が確認されるため、事故情報がある場合、基本的に審査に通りません。
一般的には、ブラックリストと呼ばれる状態です。

そして、裁判所を通さないとはいえ、任意整理も契約通りの返済ができていないので、手続きをすると信用情報には事故情報が残り新たな借金が難しくなります。

しかし、それでも一定の返済をしているので、他の債務整理ほど重い扱いはされず、事故情報が残る期間も手続き開始から5年間と個人再生や自己破産の最長10年に比べると短めです。

仮に任意整理後の返済が5年間の場合は、返済完了時には事故情報が消えて新たな借金ができる状態になっているかもしれません。

20代という若い世代では、ブラックリスト期間はできるだけ短くしておきたいところです。

ただし、注意点として、任意整理前の返済が滞っていた場合や、任意整理後の返済が滞った場合は、任意整理とは別で、滞納が理由で事故情報が残ってしまう可能性があり(事故情報が残る可能性があるのは3ヶ月以上の滞納)、

それに該当する場合は、最長で返済完了から5年間事故情報が残るので、任意整理後の返済期間+5年間、ブラックリストとなってしまうかもしれません。

事故情報が残る期間と事故情報が消えているか確認する方法を詳しく確認

しかし、任意整理後のブラックリスト期間が短いとはいっても、20代では結婚などの関係で住宅ローンや自動車ローンなど生活に必要なローンを組みたい場面もあることでしょう。

そういった場合には、特定のやり方でローンを通せる可能性がありますので、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

ブラックリスト期間中でも新たなローンを通す方法

まとめ

以上のように、任意整理は効力が弱い分、手軽に利用しやすい方法。

返済に苦しんでいる借金が高金利である場合は、任意整理を検討してみましょう。

ただし、利息のカット等では返済が追いつかない場合は、個人再生や自己破産を検討する必要があります。

これらの方法は効力が大きい分、デメリットも任意整理とは比べものになりません。

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

任意整理と個人再生の効力とデメリットの違い
任意整理と自己破産の効力とデメリットの違い

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事