500万円以上の借金を任意整理できる?月々の返済額が減額されることも

500万円以上の借金を任意整理できる?月々の返済額が減額されることも

任意整理は、債務整理の中で最も効力の弱い方法とされます。

そのため、「少額の借金には有効だけど、大きな借金には利用できないのでは?」
といったイメージを持っている人が多いかもしれません。

ですが、1,000万円の借金でも任意整理を利用する事例はありますし、500万円ほどの借金なら十分、任意整理可能です。

ただし、任意整理を利用するには、利用できるかどうかのポイントとなってくる点がありますので、それを満たしているか確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理に上限の金額はない!重要なのは返済能力

500万円ほどの多額の借金になると、「任意整理で改善できるのか?」または「任意整理が利用できるのか?」といった事が不安になってくるかと思いますが、

任意整理には、特に『〇〇円まで』という決まったルールはありませんので、たとえ、3,000万円といった極端に大きな金額であっても利用できます。

そもそも任意整理の効力は、利息や遅延損害金をカットして返済期間を3〜5年で見直す方法。基本的に元金は返済するような形になります。

仮に、500万円を5年で返済する場合、月々の返済額は、83,333円。

500万円を4年で返済する場合、月々の返済額は、104,166円

500万円を3年で返済する場合、月々の返済額は、138,888円

任意整理は、債権者に直接交渉をしてこれらの取り決めをしますので、返済期間に関しても、債権者と話し合い決める事になります。

中には、基本的に3年の返済期間しか認めない貸金業者もありますが、500万円まで多額の借金になると、3年では返済が難しい事を債権者も理解しているので、長期の返済を認めてくれるケースが増えてくるでしょう。

そして、最終的には債権者と債務者の双方が納得したうえで『和解』が成立します。

以上のような流れとなるので、『いくらまでなら任意整理できる』という事ではなく、『いくらまでなら毎月返済できるか?』という事が重要です。

もし、500万円という大きな借金でも、あなたが任意整理後に返済できるのであれば任意整理は可能ですし、返済が難しいようなら他の方法を考えるしかありません。

500万円の借金を任意整理しても、その後の返済が大変なんだね…。
だったら、最初から個人再生や自己破産を検討した方がいいのかな…?

確かに、基本的に元金の返済を必要とするから、少し大変かもしれないね。
でも、個人再生や自己破産では、借金を選んで整理するということが出来ないから、自動車ローンとか生活に必要なローンも整理され、車を手放す事になる。
特に自己破産は、換価処分で住宅など多くの資産を手放す事になるからね。
だから、まずは出来るだけ任意整理をする方向で検討してみよう。

利息カットだけでも効果は大きい!

任意整理は利息がカットされるという効力から消費者金融やクレジットカード、カードローンなど高金利での借金に有効になってきますが、これらの借金は利息だけでもかなりの金額になるので、十分な効果を得られることになります。

例えば、500万円を1度に借りずに細かく借りたら、金利が15%ほどになってしまう場合があります。

それを、5年で返済した場合、月々の返済額は118,949円で返済総額は7,136,958円。

利息だけでも、2,136,958円支払うことになります。

任意整理では将来分の利息が基本的にカットされるので、この200万円以上の利息を支払う必要がありません。

500万円を利息の上乗せ無しで同じく5年返済する場合、月々の返済は、83,333円で済むので、月々の負担も3万5千円ほど軽減されることに。

逆に、低金利の借金が多い場合は、任意整理は効力を発揮できません。もっとも大きなポイントとなるのは、利息がカットされるということ。

抱えている借金が消費者金融など高金利での借金の場合は、有効になってくる可能性が高いでしょう。

元金が減額になる可能性もある!

任意整理は、元金を返済する方法と紹介しましたが、債権者に直接交渉する方法となるので、債権者が認めるのであれば、元金も減額になる場合があります。

代表的な方法としては、一つ目に過払い金請求が挙げられます。

任意整理をする際には、最初に取引履歴を取り寄せ、その取引履歴を利息制限法に引き直し計算して交渉する事になりますが、それと同時に過払い金の有無についても調べることになります。

過払い金とは、利息制限法を超える利息を支払っていた状態のことで、無効の利息となるため、返還請求する事が可能。

そして、残っている借金と相殺される形で過払い金が返還される事になります。

場合によっては、過払い金だけでも数百万円になることも。

ただし、過払い金が発生するのは主に2007年より古い借金です。2007年に過払い金請求を認める判決がでて以降は、利息制限法を超える金利を支払っている事はほとんどありません。

もし、今回、任意整理する借金が2007年より古くからしているものである場合は元金の減額も期待できるでしょう。

二つ目に元金が減額される手段として、任意整理後の返済を一括で払った場合が挙げられます。

任意整理後の返済は、利息がカットされるので債権者には利益がありません。そこで、「一括で返済されるのであれば元金を少し減額しましょう」と元金の減額に応じる場合があります。

一括で返済される事により、確実な回収ができますし、資金が手元にあれば再び運営資金にも使えるという債権者側のメリットがあるためで、減額幅は1〜3割ほどになる事が多くなっています。

ただ、500万円まで大きな借金になると、これも現実的ではありませんね。親や親戚にお金を借りれても、500万円までは難しいかもしれません。

三つ目に元金が減額される方法として挙げられるのが、

500万円の多額の借金という事を考慮に入れて減額を検討してもらう方法です。

500万円の借金は、個人再生や自己破産をされてもおかしくない金額。そして、それらをされた場合は、元金も含めて大部分が返済されない事態となります。

しかも、消費者金融などの借金は連帯保証人を立てていない事が多いため、他に請求する事もできず、まるまる損失という事に…。

債権者側としては、それだけは避けたいと考えているので、500万円という大きな借金にも関わらず任意整理をしてできるだけ返済をしようとしているという部分を考慮に入れて元金を減額してくれる可能性があるのです。

言い方を変えると、個人再生をされないように元金の減額に応じるということですね。

返済期間を5年以上にできる可能性も

任意整理後の返済期間は3〜5年ですが、3年未満という事は基本的にないものの、逆に5年以上なら認めてくれるケースが多々あります。

特に、「金額的に5年ではさすがに無理だよね」といった多額の借金で認めてもらえることが多く、500万円もの借金なら5年以上の返済期間を認めてくれる可能性が十分あるはずです。

もし、7年の返済期間を認めてもらえた場合は、月々59,523円

10年の返済期間を認めてもらえた場合は、月々41,666円

かなり現実的な返済額になったのではないでしょうか?さらに上手くいけば元金も減額されるわけですから、月々の返済額がさらに少なく済むかもしれません。

早い段階で弁護士に相談を

以上が、500万円の借金を任意整理する際に抑えておきたいポイントです。

一見、500万円という借金は任意整理に適していないようにも感じますが、元金の減額や返済期間の交渉によって、そこまで無理のない返済額まで減らす事が可能です。

もし、それでも返済が厳しいようでしたら、個人再生自己破産を選択する必要がありますが、いずれにしても、まずは、借金問題のプロである弁護士に相談することをおすすめします。

場合によっては、こちらで紹介した以上に良い条件で任意整理ができる可能性も十分考えられるはずです。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事