アイフルの借金を任意整理できる?出来ない条件と意外な注意点

アイフルの借金を任意整理できる?出来ない条件と意外な注意点

消費者金融の王手アイフル。

cmなどでよく見かけますし、その安心感から利用している人が多いかと思います。

今回のテーマは、そんなアイフルの借金の返済が難しくなった場合に、任意整理可能なのか、または任意整理する際に気をつけるべき点があるのか、ということ。

アイフルの借金返済に困っている人は少なくないかと思いますので、参考にしてみて下さい。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

アイフルは、ほぼ任意整理に応じる!例外的に応じない例とは

消費者金融の借金の返済が苦しくなった時に最も有効になる手段は任意整理。

任意整理の効果は、利息や遅延損害金をカットして、返済期間を3〜5年で見直すというもので、高金利で返済期間の短い消費者金融の借金に非常に適した方法となります。

また、消費者金融の借金は、連帯保証人を立てていない事が多いので、それも利用しやすいポイントになりますね。
たとえ、任意整理をしても、周りに迷惑をかける事がないのです。

しかし、任意整理は、債権者(アイフル)に直接交渉して進める手続き。債権者が拒否するのであれば任意整理はできません。

ですが、アイフルに関しては、任意整理の交渉に応じる企業ですので、拒否されるという事は基本的にありませんので安心して下さい。

これは、ほぼ全ての消費者金融に言えることですが、借金の返済が難しくなった中で元金の返済がされる任意整理は消費者金融にとっても悪くない話。

そのため、応じないという事は基本的にありません。

例外的に任意整理が利用できないケースとは?

基本的には任意整理に応じるアイフルですが、以下のような例では交渉できないケースもあります。

1,返済を1回もしていないケース

通常の借金は、返済できる前提でお金を借ります。

そのため、返済を全くしていないのに任意整理を申し出るのは、『最初から返済する意思がなかったのでは?』と、判断され任意整理に応じない可能性があります。

そのため、任意整理をするにしても、数ヶ月程度は返済してから交渉した方がいいでしょう。

ちなみに、これはアイフルだけでなく全ての貸金業者に言えることです。

2,収入が全く無い。返済能力がない。

こちらは、任意整理の手続きを弁護士に依頼した場合に、受任してもらえない可能性がある項目ですが、

収入が無い場合や、返済能力がないと判断された場合には、任意整理後の返済ができないものとして受任してもらえない可能性が高いと言えます。

ただ、正社員など安定した職である必要はありませんので、アルバイト等でも受任してもらえる可能性は高いでしょう。

事前にアルバイト等を始めてから弁護士に相談に行くことで受任してもらえるはずです。

アイフルが利息をカットする任意整理に応じる理由

アイフルに限らずですが、多くの消費者金融は任意整理の交渉に応じます。

利息や遅延損害金をカットされ、利益を得られなくなる任意整理になぜ応じるのか?

その理由は、任意整理に応じないと、いずれにしても返済が苦しい状況なので、個人再生や自己破産など、より効力の強い債務整理をされる可能性があり、その場合は、元金を含めて大幅に減額されるかほぼ返済されない事態になるからです。

ちなみに、個人再生の場合は、(借金の金額によりますが)元金を含めて5分の1に減額され、自己破産は、全く返済されないことも。

そして、消費者金融は連帯保証人を立てていないことが多いので、それが全て損失となってしまうのです。

消費者金融は、こういった最悪の事態を避けるために、任意整理に基本的に応じる方針をとっています。

元金を含めて減額されるなら、任意整理じゃなくて個人再生や自己破産を最初から利用した方がいいのかな。

確かに、個人再生や自己破産の方が借金は大幅に減ることになる。
でも、その一方で、借金を選ぶ事ができないから自動車ローンなどを含めて整理されてしまうんだ。
だから、車を手放すなど、生活への影響が大きくなってしまうことも。
また、自己破産は換価処分で住宅や預金、有価証券など、価値のあるものは基本的に手放す事になってしまうんだ。借金がチャラになるのに財産を持っているのは矛盾しているからね。
具体的な任意整理との違いを確認してみよう。
もしかしたら、個人再生なら人によってはデメリットなく利用できるかもしれない。
任意整理と個人再生の違い
任意整理と自己破産の違い

アイフルは任意整理に、どういった対応をする?その特徴

任意整理は、債権者に直接交渉するため、対応も債権者によって異なります。

アイフルがどういった対応をするのか、その特徴を確認しておきましょう。

将来利息は全てカット

任意整理後は3〜5年かけて返済を続ける事になりますが、そこにかかる利息が全てカットされる場合と、数パーセント程度残る場合があります。

しかし、アイフルに関しては、ほとんどのケースで全ての利息をカットしてくれるので、将来利息はかからないものとして考えて問題ないでしょう。

返済期間は長い

任意整理後の返済期間は3〜5年ですが、消費者金融によっては3年以外の返済期間を認めないケースもあります。

ですが、アイフルは、比較的長期の返済期間を認める事が多く、多くの場合で5年、場合によっては5年以上を認めてくれる場合もあります。

基本的に返済期間は3〜5年とされているけど、債権者が認めるのであれば5年以上になることもあるんだ。

過払い金への対応

2007年より古い借金には過払い金が発生している可能性が高く、返還請求することも可能です。

※過払い金とは、利息制限法を超えたグレーゾーン金利が利用されていた時代の払い過ぎの利息

ですが、アイフルは、過払い金の請求へはやや渋い反応をする傾向にあります。

アイフルは、2007年以前も王手消費者金融としての地位を築いており、顧客も多く抱えていました。

そのため、2007年に過払い金の請求が裁判で認められて以降、多くの過払い金を請求されることに。

その結果、一時は経営状況が悪化。現在でこそ、経営状況は回復していますが、こういった事情もあり、過払い金に対してはあまりいい対処をしません。

とはいっても、裁判で判決が出ている以上、返還請求には応じますが、割合は、5割前後となるでしょう。

アイフルに直接連絡するのではなく、まずは弁護士に相談を

任意整理は、債権者に直接連絡する事でも手続きをすすめる事ができますが、任意整理のプロである弁護士が代理人となって交渉した方がいい結果になる事が多くなっています。

例えば、遅延損害金のカット経過利息のカットなどは、弁護士が交渉しないとカットできない可能性が高まりますし、返済期間も弁護士が間に入った方が、長期間で決着する可能性が高まります。

もちろん、弁護士費用も必要としますが、任意整理の弁護士費用はそこまで高額ではありませんし、良い交渉結果が得られれば弁護士費用を支払っても最終的な金銭的メリットが大きくなる可能性があります。

そのため、アイフルの借金を任意整理をするべきか悩んでいる人は、まずは法律事務所に相談してみましょう。

法律事務所によっては相談も無料で受け付けています。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事