任意整理は借金いくら以上でするべき?いくらまでなら有効?

任意整理は借金いくら以上でするべき?いくらまでなら有効?

「どの程度の借金があると任意整理するべきなのか?」

「いくらから任意整理が有効なのか?」

いざ任意整理をしようとしても、借金の金額次第では「本当に任意整理できるのか?」という疑問が浮かぶかと思います。借金が少なくても多くても確認しておきたい点ですね。

先に結論を言うと、任意整理は、金額の大きさだけで決まるものではないので適切に和解できるのであれば借金が少なくても多くても成立します。

ただし、全ての借金に任意整理が有効というわけではありません。今回は、任意整理が有効になる目安について確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

最も多く利用される手段が任意整理

債務整理には、

  • 任意整理・・利息をカットして3〜5年で返済
  • 個人再生・・債務を5分の1に減額して返済
  • 自己破産・・債務を全額免責

大きく分けるとこれらの3種類があります。そして、任意整理は少なくとも元金の返済を必要とする最も効力の弱い方法です。

債務整理は効力が強いほどデメリットが大きく、効力が弱いほどデメリットも小さくなります。

この記事を読んでいる人はご存知の人も多いかもしれませんが、任意整理は、効力が弱い分デメリットもそこまでないので、最も手軽に使いやすい方法です。

こういった事情もあり、個人で行う債務整理で最も利用されるのは断トツで任意整理が多くなっており、年間で数百万人の人が利用するとも言われています(任意整理は裁判所が関与しないので正確な統計はない)。

何が言いたいのかというと、

任意整理に抵抗を持っている人が多いかもしれませんが、想像以上に一般的に行われる手続きで、任意整理後に生活を取り戻している人は毎日数千人以上いるということ。

任意整理は、法律に基づいた借金問題を解決する方法。借金問題は判断が遅くなるほど状況が悪化してしまいますので、早めに踏み出す事が重要になってきます。

いくらの借金から任意整理をするべきか?

「返済が厳しい…」と感じる金額は人によって異なります。収入がそれぞれ異なるので当然のことです。

そのため金額ではなく、どの程度返済が厳しいのか?という部分で考えてみて下さい。

1,「収入の4分の1は借金返済に充てている」・・世帯収入の4分の1を超える返済がある場合は危険な水準とされます。

2,「返済の為に借金をしている」・・・これは自転車操業状態と言えるので、1日でも早く弁護士に相談して手続きを開始しなくてはならない状態。

3,「日常生活を圧迫している」・・・これもやはり早めの対処をした方がいいでしょう。突然の大きな支出があったときに対応ができません。

1と3に関しては、実際に任意整理が必要になるか結論が出せませんが、あまりいい状態ではないので、早めに借金問題のプロである弁護士に相談した方がいいでしょう。

いくらから、という基準はない

具体的に『〇〇円から任意整理が利用できる』という基準は決まっていません。極端な話、10万円の借金でも任意整理する事が可能です(ここまで少額の借金にはあまり効力を発揮しませんが)。

実際に、100万円の借金を任意整理する人も少なくありませんし、100万円を切る借金を任意整理する人もいます。

【100万円の借金で支払う利息】

100万円借りた場合の利息制限法の上限金利は15%

仮に金利15%で100万円を5年返済する場合は、最終的な返済総額が1,427,375円となり、利息だけで427,375円の支払いが必要

任意整理では利息のカットがされるので、100万円というそこまで大きくない借金でも40万円以上返済額が減る可能性があります。

過去分の利息もカットされるかは交渉結果によって異なる(過去分は利息制限法を超えた部分のみの金利がカットなど)

こういった点から考えても、「〇〇円だから任意整理をする」のではなく「返済が難しいから任意整理をする」というのが正解となるでしょう。

まだ大丈夫と頑張る人ほど状況が悪化する

借金問題は真面目に返済しようとする人ほど状況が悪化してしまい、任意整理では返済しきれなくなってしまう傾向にあります。

任意整理で返済できない場合は、個人再生や自己破産を利用する必要がありますが、効力が大きい分、車を手放す事になったり住宅を処分されるなどのデメリットがあります。

住宅を失う事はできれば避けたいところですね…。

このようにならないためにも、借金問題に悩んでいる場合は早めに任意整理の決断をする事が重要になってきます。

いくらまで任意整理可能?

こちらに関しても特に決まった金額はありません。

仮に、元金が返済できるのであれば1,000万円でも2,000万円でも可能。

重要なのは元金を3〜5年で返済可能なのか?ということ。

この条件が無理なくクリアできるようであれば多額の借金でも任意整理する事ができます。

具体的な収入は確認されない

任意整理をする際に確認されるのは「毎月いくらまで返済可能か?」という項目です。

これに関しては具体的な証拠を示して答えるのではなく、多くの場合、自己申告で金額を伝えるだけで問題ありません。

そして、その自己申告した金額が元金を3〜5年で返済可能な金額であれば弁護士に受任され、消費者金融などの債権者に交渉をしてもらう流れとなります。

ただし、源泉徴収票までは確認されないものの、現在安定した収入があるのかという項目は確認されるので、収入が全く無い場合は受任してもらえない可能性も高まります。

仮に、無職で収入が全く無い場合は、アルバイトでも構いませんので、まずは収入を確保しておいた方がいいでしょう。

5年以内に返済できない場合は他の債務整理を利用

もし、元金を5年で返済できないようでしたら、無理に任意整理を選択しないようにして下さい。

無理に任意整理の和解同意を得ても、その後、結局返済ができずに個人再生や自己破産してしまうというケースが少なくありません。

もし、そのリスクがあるようでしたら、最初から個人再生自己破産を選択しておいた方がメリットが大きくなります。
仮に任意整理後にこれらの手段を利用する場合、任意整理後に返済したお金は返金されませんし、辛い思いをする期間が長くなってしまうだけです。

個人再生なら住宅を処分する必要はありませんし、自動車ローンがない場合は自動車も手放す必要がありません。

任意整理が無理でも債務が5分の1になる個人再生なら返済可能ではないでしょうか?自動車ローン等、特に問題になるローンがないようでしたら個人再生の方が有効になってくるケースも少なくありません。

最終的な判断は弁護士に相談しながら決めることになりますが、無理に任意整理を選択しない判断も重要になってくるかと思います。

少しでも悩んでいる人は早めの相談を

おそらく、この記事にたどり着いた人の多くは借金問題で少なからず悩んでいる人かと思います。

実際に債務整理するかどうかは別問題として、悩んでいるようでしたら早い段階で弁護士に相談する事をおすすめします。

借金問題は早めの対応が重要です。早く対応する事によって債務整理せずに済むかもしれませんし、債務整理をしても任意整理で済むかもしれません。

逆に、判断が遅れれば個人再生や自己破産を必要としてしまい、最悪の場合、住宅を手放す事になりかねません。

そうならないためにも、借金問題の悩みを少しでも抱えているようでしたら、まずは相談だけでもしてみましょう。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事