【任意整理を最も安く済ませる方法】最安では数千円!?

【任意整理を最も安く済ませる方法】最安では数千円!?

任意整理は、利息や遅延損害金をカットした上で、残った借金を3〜5年で返済する方法です。

最低でも元金の返済を必要とする方法のため、その分デメリットが少なく、手軽に利用できる債務整理となっており、年間200万人以上が任意整理を利用するともされています。

さて、そんな任意整理ですが、お金が無い状況で手続きをするので、できる事なら少しでも安く済ませたいものですね。

今回のテーマは少しでも安く任意整理を済ませる方法についてです。手続き費用の最安だけでなく、最終的な金銭的メリットという観点からも確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理にかかる費用の殆どが弁護士費用!そのため、自分で手続きをするのが最安!ただし…

個人再生や自己破産は裁判所を通す手続きとなるため、裁判所に支払うお金など、さまざまな費用がかかりますが、
任意整理に関しては、債権者に直接交渉する手続きとなるので、裁判所に支払う費用等が一切かかりません。

そして、債権者側も手続きするにあたってその手数料を請求してくる事はありませんので、自分自身で手続きする場合はほぼお金をかけずに手続きを済ませる事が可能です。

“ほぼ”というのは若干の費用は必要とするからで、その内訳は以下の通り。

  • 郵便費用
  • 印紙

まず、手続きには様々な書類を必要とするので、そのやり取りに郵便費用がかかります。
そして、最終的に和解書が作成されますが、その際に印紙を必要とする場合があります。

その他にも、細かく言えば電話代(通話代)なども必要としますが、それら全てを合わせても、数千円ほどで収まるでしょう。

以上のように、多少手間ではありますが、自分自身で任意整理の手続きを済ませる場合は、非常に安いコストで行う事が可能です。

ただし、これはあくまでも1社あたりの費用となるので、複数社を相手に任意整理をする場合は、その数だけこれらの費用を必要とします。

任意整理は、債務先を選択して整理する方法。利息がカットされ、返済期間が3〜5年になるという特徴から、高金利の消費者金融やクレジットカードに有効な手段になるよ。
住宅ローンやカーローンを組んでいても、それを除外して整理する事が可能だから、住宅や車を手放さずに手続きを進められるよ。これは、効力の強い債務整理には無い、大きなメリットと言えるんだ。

費用が安いのに金銭的メリットが少ない?!自分で手続きをする落とし穴!

「最安で任意整理をする方法は?」という疑問の答えは、間違いなく『自分自身で手続きをする』という事になります。

ですが、ここで注意したいのは任意整理は交渉によって結果が大きく異なるということです。

自分自身で上手く交渉できるでしょうか?多くの人は慣れない作業に戸惑い思うようにできないはずです。

そして、交渉が上手くいかないと、良い条件での和解が難しくなります。良い条件でないということは、返済総額があまり変わらなかったり、返済期間が短いということ。

もし、そうなると、任意整理の費用を節約した意味がありません。

一方、弁護士に代理人になってもらった場合は、好条件で和解できる可能性が高まります。
任意整理の弁護士費用はそこまで高額ではないので、比較検討してみる価値は十分あるでしょう。

弁護士に受任してもらった場合の最安は?

弁護士に手続きを代理でしてもらった場合の費用も確認しておきましょう。弁護士に受任してもらった場合は、当然、弁護士に支払うお金も発生します。

前項のような費用もかかりますが、それを含めて弁護士に報酬を支払うようなイメージになると考えておきましょう。

ここで注意したいのは、弁護士費用は医療費のように決まった金額がなく、法律事務所毎に独自に料金設定をしているということ。

一応、一定の目安とされる金額はあるのですが、最終的な判断は法律事務所次第となっているので、場合によっては倍ほど金額が異なる場合もあります。

具体的にかかる費用は、

  • 着手金
  • 減額報酬
  • 成功報酬

これらの3種類。

それぞれの特徴と金額を確認してみましょう。

着手金

着手金は、手続きを受任してもらった際に支払うお金で、基本的には“前払い”報酬となります。

ただ、法律事務所側も任意整理をする人がお金を持っていない事を理解していますので、分割を認めてくれる場合もあります。もし、お金が用意できない場合は相談してみましょう。

細かく分割払いを認めてくれる法律事務所は、月々5,000円ほどの支払いでも認めてくれる場合があるよ。
事前に電話などで確認してから相談に行くようにしよう。

着手金の相場は、1社あたり4〜6万円ほど。

任意整理先が多い分、弁護士の作業量も同じように増えていくので、1社づつ着手金を支払う事になります。※その他の項目も任意整理先の数に応じて増える

減額報酬

前項の着手金と次項の成功報酬は、事前に報酬額が決められていますが、こちらの減額報酬はいくら減額になったかによって金額が変わってきます。

減額報酬の目安は、経済的利益に対して10%(+税)。

例えば、50万円の減額になった場合は5万円、100万円なら10万円となります(+税)。

ただし、減額報酬を採用していない法律事務所も多く、必ずしも必要な費用とはなりません。

減額報酬は結果次第で異なる曖昧なものとなるので、もし不安な場合は減額報酬のない法律事務所を探すのも有効になってくるでしょう。

減額報酬を採用している法律事務所は、他の報酬が安く設定されている場合が多いんだ。だから、『成功報酬がある=高い』というわけでもない。
利息などがカットされた場合に、どの程度支払いが減るのか事前に計算してみると明確になってくるよ。

成功報酬

最後に、和解が成立した場合に支払う成功報酬というものがあります(和解報酬、解決報酬金と呼ばれることも)。

目安となる金額は、1社あたり1〜2万円ほど。

一概には言えませんが、大手だと1万円ほどに設定している事が多く、個人事務所だと2万円ほどに設定されている事が多くなっています。

弁護士に委任する場合の最安は?

弁護士に委任する場合、着手金で4〜6万円、成功報酬で1〜2万円。そして、減額報酬がかかる場合とかからない場合があります。

以上の事から考えると、着手金が4万円で、成功報酬が1万円。それでいて減額報酬がかからないというのが最安となります(あくまでも一つの考え方です)。

そんな都合のいい料金設定の法律事務所は少ないのでは?と思われるかもしれませんが、任意整理の報酬はいずれにしても法律事務所の取り扱う案件としては安いので、件数をこなしてなんぼという部分があり、価格競争が激しい分野です。

そのため、特に大手ほどこういった価格設定にしている事が多く、最安の法律事務所を探すのはさほど難しい話ではありません。

例えば、大手のアヴァンス法務事務所も、

  • 着手金39,800円(+税)
  • 成功報酬(手続き報酬)10,200円(+税)
  • 減額報酬無し

このような報酬形態となっており、かなり安く利用可能です。

中には成功報酬を必要としない法律事務所もあるけど、その場合は減額報酬がかかる事が多いし、トータルで安くなるとは限らないんだ。

自分で任意整理をするのと弁護士に委任するのどちらがいい?

最終的にどちらの方法で任意整理をするのがいいのか、という部分に正解はありませんが、

交渉に自信があり、初期投資にできるだけお金をかけたくない場合は自分自身で、

慣れない交渉に自信がなく、トータルでの支払い額を減らしたいなら弁護士に依頼する事をおすすめします。

あくまでも可能性の問題ですが、総合的に考えると、弁護士に委任した方が有利な条件で和解できる可能性が高い事は間違いありません。

特に、遅延損害金といった項目は個人でカットするのが難しい反面、弁護士が担当するとカットできる可能性が高くなります。

それ以外にも経過利息のカットや、返済期間も長期間で和解できるなど、さまざまな面で有利になるでしょう。

任意整理は、多くのケースで将来分の利息がカットされるから、返済期間が長くても返済総額は変わらないんだ。
それに、お金に余裕ができたら前倒し返済も可能だから、返済期間は長いにこしたことはない。

当サイトとしても、初期投資という部分ではお金が必要になるものの、弁護士に受任してもらい手続きを進める方法がお勧めです。

やはり、餅は餅屋で、借金問題のプロである弁護士が債権者に交渉するのが最善の結果になる可能性が高まります。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事