任意整理に手数料は必要?任意整理にかかる費用一覧

任意整理に手数料は必要?任意整理にかかる費用一覧

任意整理は、利息や遅延損害金をカットして元金を3〜5年かけて返済する方法です。

借金の返済が難しい債務先だけを選択して整理できるなど他の債務整理に比べると、比較的手軽に利用できる方法とされています。
裁判所を通さないため、正確な統計はありませんが、自己破産をする人が年間10万人ほどに対して任意整理をする人は200万人を超えるとも言われます。

さて、そんな比較的頻繁に行われる任意整理ですが、あまり表立って行う手続きではないために、具体的に『どの程度の手数料を必要とするのか』という事は、そこまで知られていません。

そこで今回は、任意整理にはどういったお金が必要でどの程度の手数料がかかるのかを確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理で必要になる手数料とは?

債務整理には、任意整理の他に個人再生や自己破産などがありますが、任意整理は債権者に直接交渉する方法で、後者の2つは裁判所に申立をして行う方法となります。

そのため、任意整理では裁判費用を必要としませんが、個人再生と自己破産は裁判所に収める費用もかかります。

こういった事情から、任意整理は、他の債務整理に比べると必要になる費用(手数料)が比較的少なく済むという特徴があります。

そして、任意整理は、手間がかかるものの弁護士を頼らず自分で債権者に直接連絡をとって手続きをする事も可能で、この場合は、間に入る第三者もありませんし債権者に支払う手数料もありませんので実質ほぼ手数料がかかりません。

『ほぼ』というのは、書類のやり取りを必要とするのでそれに対する郵便費用や、最終的に和解が成立した際に和解書を作成する事になりますが、その際に印紙を必要とする場合があるからです。

ただ、トータルで見積もっても数千円以内には収まる事になるでしょう。手数料らしい手数料ではありませんが、自分で任意整理の手続きをした場合に必要な費用を全て出すのであれば、その程度のお金を必要とすると考えておきましょう。

また、任意整理は債務先を選択して行う手続きとなるので、2社と任意整理をする場合は2倍の費用が、3社と任意整理する場合は3倍の費用が必要という事になります。

ただし、実際に自分で任意整理をするのはかなりの手間だし、慣れない作業で結局できない事も多いんだ。
以下の弁護士に依頼する方法は、その分のお金がかかるけど、確実だし間違いない。
実際、ほとんどの人は弁護士に代理人になってもらい手続きを進めているよ。

弁護士に受任してもらった場合の手数料は?

こちらも、任意整理に必要な手数料とはやや異なりますが、弁護士に受任してもらい代理人として手続きをしてもらう場合にはそれに対する報酬を弁護士に支払わなくてはなりません。

弁護士費用は医療費のように決まった金額がありません。一応目安のようなものがありますが、それでも、最終的に料金を決めるのは法律事務所に委ねられています。

そのため、ここで紹介するのはあくまでも目安ということになります。
ただ、一般的にはその目安から大きくズレる事はありませんので、もし相談先の法律事務所が目安より大幅に高額な料金を提示してくるようでしたら他の法律事務所に相談に行くなどの判断をする必要があるでしょう。

相談料

相談料は、

  • 現在どういった状況なのか
  • 本当に任意整理が必要なのか
  • 任意整理をしたらどの程度返済が楽になるのか

といった部分を相談する際に発生するお金です。

かつては電話のみでの応対で手続きを受任してもらえる事もありましたが、2011年以降は基本的に担当弁護士との直接面談を必要とします。

料金は、1時間あたり5,000円〜2万円となっている事が多いのですが、決まった金額はなく、近年は債務者が気軽に相談できるように相談料を無料としている法律事務所も増えています。

ネットでもさまざまな情報を入手できますが、それでも実際に任意整理を必要とする状況なのかどうかはプロである弁護士に相談しないと分からない部分もあります。

できれば相談無料の法律事務所を探したいところですが、激戦区でない地域は1時間5,000円程度はかかるものと考えておいた方がいいかもしれません。

相談料は、任意整理先1社につき〇〇円という形ではなく1時間あたり〇〇円と、時間で決められている事が多いよ。

着手金

着手金は相談後に実際に受任してもらった場合に支払うお金です。着手金を支払う事により具体的な任意整理の手続きが進む事になります。

着手金は、和解が成立するかどうかに関わらず支払うお金で、仮に和解が成立しなくても返金される事は基本的にありません。

料金は法律事務所によって異なりますが、1社あたり2〜5万円となっている事が一般的で、稀に着手金を無料としている場合もあります。

ただし、着手金を無料としている場合は他の部分でやや高額な報酬設定になっている事が多くトータルで支払う料金はそこまで変わらない事も。
目先のお金ではなく最終的にいくらかかるのかで判断する事も重要だよ。

減額報酬

減額報酬とは、任意整理によって返済総額が減った場合に支払うお金です。

減額報酬の上限は減額分の10%相当額が上限として定められており、仮に100万円の減額になった場合は上限で10万円の減額報酬を支払う可能性があります。

ただ、実際に10%を報酬として求めるかは事務所によって異なり、半分程度の報酬を求めてくる場合もありますし、減額報酬を無料としている法律事務所もあります。

任意整理では利息や遅延損害金がカットされる可能性が高いので、利息などで支払う予定の金額が大きいほど、成功報酬で支払う金額が大きくなります。

事前に利息がどの程度カットされるのか計算してみましょう。その金額が大きいようであれば、成功報酬を支払う必要のない法律事務所を探した方がいいかもしれません。

100万円の借金の利息

200万円の借金の利息

300万円の借金の利息

成功報酬(和解報酬)

成功報酬とは、その名の通り、和解が成立して任意整理が成功した場合に支払うお金です。

こちらの報酬に関しても上限が決まっており、1社あたり2万円までとなっています。

相場としては、1万円程度にしている事が多いようです。

ただ、着手金や減額報酬の方が高額になる事が多く、あまり事務所ごとの差が出づらい項目になるかもしれません。

過払い金が発生した場合

任意整理をする際には、手続きをする過程で過払い金が発生している事が分かり、任意整理と同時に過払い金請求を行うケースがあります。

過払い金を取り戻した場合には、法律事務所に『過払い金報酬』を支払う事になりますが、こちらも上限が決まっており、返還額の20%相当額までとなっています。

総額でかかる費用は?

減額報酬など実際に手続きが進まないと分からない費用もありますが、それでも一般的にかかる任意整理の費用は、

1社あたり5〜10万円ほどとされています。

中には、着手金が4万円ほどで、成功報酬が1万円ほど、そして減額報酬は無しとしている事務所もあり、この場合は、総額で1社あたり5万円で済む計算となります。

減額報酬を必要とする事務所は着手金などが比較的安い場合や無料の場合もありますが、それでも任意整理で大きく返済総額が減るのであればバカ高いお金を支払う事になるかもしれません。

逆に、利息がカットされても返済総額がそこまで変わらない中で任意整理を利用するのであれば、着手金が少なく成功報酬がある法律事務所の方が安く済む可能性があります。

任意整理を予定している債務先が多いほどお金にはシビアにならなくては大きく損をしてしまうかもしれません。

もし判断が難しいようでしたら料金形態の異なる複数の法律事務所に相談してみるのも有効でしょう。

任意整理は人生の大きな分岐点となるので、法律事務所選びはとても重要です。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事