【任意整理の流れ】パチンコ/スロット/競馬などギャンブルの借金

【任意整理の流れ】パチンコ/スロット/競馬などギャンブルの借金

パチンコや競馬などで大きな借金を抱えてしまう人は少なくありません。
「借金を抱えてもギャンブルに勝てば返済できる」といった心理から借金を重ねてしまうとされています。

こういった事情だけに「ギャンブルで抱えた借金が任意整理できるのか…」という事が不安になってしまいますね。

ですが、任意整理では『借金の理由』が重視される事はありません。たとえ、ギャンブルで作った借金でも任意整理は問題なくできます。

「ギャンブルの借金は債務整理できない」という事を聞いた事があるかもしれませんが、その可能性があるのは『自己破産』のみです。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債権者にとっては借金の理由より返済される事の方が大切

  • パチンコ
  • スロット
  • 競馬
  • 競艇
  • 競馬
  • カジノ

など、ギャンブルにはさまざまな種類がありますが、任意整理では借金の理由自体が重視されないのでいずれの借金でも任意整理可能です。

極端な話、麻雀などで違法に抱えた借金であっても任意整理に絞った話なら問題なく任意整理できます。(ヤミ金などを利用した場合は少し話がややこしくなりますが…)

任意整理は元金を返済する債務整理

そもそも、任意整理は裁判所を通さず債権者(借金をした金融機関や貸金業者)に弁護士などの代理人を立てて直接交渉をして、

  • 月々の返済額の見直し(3〜5年で返済)
  • 経過分の利息の免除
  • 将来分の利息のカット

これらの、項目について取り決めがされます。

重要なのは、利息の見直しと返済方法の見直しがされるものの“元金は返済する必要がある”ということです。

もちろん、利息のカットなどがされると、債権者側の利益はなくなりますが、それでも貸したお金が丸々返済されるのであれば債権者側が求める最低限の項目はクリアしているという事が言えます。

債権者側が最も恐れているのは「貸したお金が(元金すら)返済されない」という事なので、元金の返済がされるのであれば「どういった理由で借金をしたのか」という事を確認する必要はありません。

彼らにとって重要なのは、

  • いつまでに返済できるのか
  • いくらなら返済できるのか

ということです。

任意整理には強制力がなく債権者側の同意によって和解が成立しますが、債務整理をせざるを得ない状況の中で元金が返済される任意整理を求められれば、基本的に和解に応じない理由はありません。

個人再生や自己破産が対抗手段となる

いずれにしてもそのままでは返済が難しい状況なので、任意整理が決裂した場合は、個人再生や自己破産を検討する必要がでてきます。

これらの効力は任意整理よりもはるかに強力です。※ただし、債務者側はメリットが増えるだけでなくデメリットも大きくなる(できるだけ任意整理を選択するのが望ましい)

もし、債務者にこれらを選択されると、債権者側の損失は元金が返済される任意整理とは比べ物になりません。

さらに、給与所得者等再生であれば債権者の同意に関係なく成立します。

債権者側の意思とは関係なく成立してしまうのです。

つまり、債権者側からしてみると「任意整理に応じなかったら個人再生や自己破産を選択され大きな損失を出してしまう」という状況です。

直接的に、個人再生をチラつかせて交渉するわけではありませんが、それでも自然と対抗手段になる事は間違いありません。

こういった事情からも、借金の理由に関係なく任意整理が成立するようになっています。

任意整理に応じない特殊な例

ギャンブルの債務整理は自己破産のみ不利になる可能性がある

任意整理や個人再生に関しては、ギャンブルが借金の理由であっても問題が出ることはありません。

ですが、自己破産に関しては、免責が認められない可能性があります。

自己破産には免責不許可事由があり、

  • 浪費
  • 賭博その他の射幸行為

に該当する場合は、免責できないと破産法で定められています。

賭博とはギャンブルの事ですから、当然、パチンコや競馬もこれに該当してしまうという事です。

ただし、裁判官には自身の裁量によって免責不許可事由に該当しても免責を許可する権限があります(裁量免責)。

こちらはトータルの統計ですが、ほぼ全ての人が免責を認められています。

ギャンブルによって自己破産をする人も少なくありませんので、実務上は、よほど悪質でない限りは、ほとんどのケースで免責が認められているという事です。

最終的には裁判官の心理によっても大きく左右されるので、『なぜ借金を重ねてしまったのか』『今後の考え方』など、これまでの反省と今後の方針をアピールする事が重要です。

ギャンブルは負ける仕組み?!取り返すという考え方は危険

少し余談ですが、ギャンブルの還元率について確認してみましょう。

ギャンブルで勝つ人がいるのも事実ですが、トータル的には圧倒的に負け越している人の方が多く、そもそもが負けるメカニズムにもなっています。

ギャンブルでは、賭けたお金が、全額、もしくは多くなって返ってくる事はありません。理由は簡単ですね。パチンコ屋や競馬場にも運営資金(建物、光熱費、人件費、利益など)が必要となるからです。

これらは『還元率』という言葉で表されます。賭けたお金のうち何%が還元されるのかという事です。

パチンコ・スロット 80%
競馬 75%
宝くじ 45%

例えば、パチンコやスロットの場合は、20%が胴元に入り、残りの80%が利用者に分配されます。

単純な計算は出来ませんが、100万円賭けても80万円しか還元されないという事です。

ギャンブルをしていると「次こそは取り返す」という感情で金銭感覚がマヒしてしまいますが、その考え方が既に危険なのは言うまでもありません。

ギャンブルは「トータルでは負けるもの」という事を理解した上で、楽しむ程度に利用しないと、せっかく債務整理をしても再び借金を抱えてしまうかもしれません。

2回目の債務整理は条件が厳しくなる

ギャンブルで債務整理をした人は、再び債務整理をする可能性が高いとされています。

しかし、2回目の債務整理は1回目に比べてハードルが高く、認められない可能性もあります。

例えば、

同じ金融機関を相手に2回目の任意整理をするのは難しい(そもそも再びお金を借りるのも難しいのですが)。

1度、個人再生や自己破産をすると、基本的に先7年間は個人再生や自己破産ができない。

2回目の自己破産は不許可事由になるとされ、認められないケースが多い。

借金が返済できなくなった場合の最終手段が債務整理となるわけですから、それすら使えないと、そのまま破滅へと繋がってしまいます。

2回目の債務整理を詳しく確認

ギャンブル依存症という言葉がありますが、ギャンブルで債務整理をした人はその後もギャンブルを続けてしまう人が少なくありません。

実際、2回目の債務整理をする人は、ギャンブル依存症である事が多いとされています。

仮に、2回連続でギャンブルが理由の自己破産をしようとしても「反省をしていない」と判断され認められないでしょう。

また、1回目の債務整理では支えてくれる人もいるかと思いますが、再びやるとなると、親族であっても見放されてしまうかもしれません。

1回目の債務整理は既に黄色信号。ギャンブルとの程よい距離感を考え徐々に生活を変えていきましょう。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

さまざまな債務整理カテゴリの最新記事