【任意整理が利用できる基準】弁護士に相談する前に調べるには

【任意整理が利用できる基準】弁護士に相談する前に調べるには

任意整理は、利息や遅延損害金がカットされ残りの借金を3〜5年で返済する債務整理の手段で、
他の債務整理に無い大きな特徴として、借金の多くを返済するという部分があります。

そのため、任意整理を利用するには一定の返済能力がなくてはなりません。

また、任意整理後の返済が可能な借金だからといって、ありとあらゆる借金を任意整理する事も得策とはなりません。

今回は、任意整理できるかの基準と、任意整理に向いていない借金について確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理後にどの程度の返済になる?おおよその数字を考えてみる

任意整理は債権者と交渉することによって今後の具体的な返済方法が決まってくるので、最終的な月々の返済額などは和解が成立するまで分かりません。

しかし、それでも、抱えている借金の大きさでどの程度の返済になるのかという事を予想する事が可能です。

まず、重要になってくるのは、将来分の利息がカットされるものの、元金は基本的に減額にならないということ。

そのため、大前提として消費者金融やカードローン、クレジットカードなどの高金利の借金でないと大きな効力を発揮できません。

また、任意整理後の返済期間は原則3〜5年となるので、元々の返済期間が長い借金に関しても効力ではありません。

今現在、抱えている借金はそういった高金利での借金でしょうか?また、返済期間は短いでしょうか?

そうでない中で返済が苦しい状況だと、任意整理は有効とはならず個人再生や自己破産を検討する必要があります。

個人再生や自己破産は、元金を含めて減額もしくは免責となるから効力は任意整理より圧倒的に大きいんだけど、その分、デメリットも多い。
もし、任意整理が有効な借金でない場合はこれらの違いを確認しておこう。
個人再生と任意整理の違い
自己破産と任意整理の違い

逆に、こういった条件を満たしている借金を抱えている場合は、任意整理が有効になる可能性があります。

では、おおよその任意整理後の返済についても確認してみましょう。

例として、金利15%で200万円の借金を2年で返済予定だった場合。

本来の契約通りに返済を続けると、月々の返済金額は96,973円で、最終的な返済総額は2,327,348円となり、利息だけでも327,348円となります。

これを任意整理した場合、引き直し計算などややこしい話しを無しとして、利息をカットして3〜5年で返済するものとして計算すると、

2,000,000÷36(3年)=55,555円
3年で返済する場合、月々の返済額は55,555円

2,000,000÷60(5年)=33,333円
5年で返済する場合、月々の返済額は33,333円

元金の200万円が減額になる事は基本的にありませんが、将来分の利息をカットして、返済期間が3〜5年になるだけでも、大幅に月々の返済は楽になる事になります。

仮に、もともとの返済期間がおおよそ3年で任意整理後の返済期間が3年でしか和解できなかったとしても利息が減るだけでも一定の効果が得られます。

この計算はただ単に目安を知るだけのもので正確な数字は出ませんが、それでも任意整理後の返済ができるかどうかのシミュレーションにはなるはずです。

返済期間は交渉によって決まりますが、できるだけ5年に近い長期間で返済できるように交渉しましょう(弁護士が代理人になる場合も含めて)。

任意整理後の返済は、基本的に利息が付かないので長期間になっても返済総額には影響を与えません。

それに、もし、お金に余裕ができたら前倒しで一括返済する事も可能です。

利息がカットされない場合や遅延損害金がカットされない例も

任意整理をする場合の利息は、経過利息と将来分利息に分けられます。

経過利息とは、最終返済から和解までに発生する利息を指し、基本的にはカットされる事が多いのですが、稀にカットされない場合もあります。

特に弁護士を介さずに自分で交渉した場合は、カットされない傾向が強くなるので注意しましょう。

経過利息は、言葉だけで解釈すると支払い済みの利息がカットされるようにも感じるけど、あくまでも和解時までに支払っていなかったお金に対する利息なんだ。
支払い済みの利息がカットされるとしたら、利息制限法を超える金利を支払っていた場合に限るけど、これは任意整理ではなく過払い金請求になる。
弁護士に任意整理を依頼した場合は、払い過ぎの利息がないかも確認してもらえるから安心だよ。

将来分利息は、任意整理後の返済に関する利息で、先ほどの計算のように多くの場合は全てカットされることになりますが、
稀に債権者側が全ての利息カットは認めずに数%程度残るケースもあります。

任意整理は、あくまでも交渉によって決まりますので、ある程度の傾向はあるものの決まった形はありません。債務者と債権者のお互いの妥協点を探りあうようなイメージです。

利息カットについてさらに詳しく確認

また、返済が滞った事により、遅延損害金が発生している場合も基本的にカットされる流れとなりますが、こちらも弁護士を介さずに自分で交渉した場合はカットされない可能性が高まるので注意が必要です。

任意整理は債務先を選択できるから連帯保証人に迷惑をかけないし住宅や車を失わない

任意整理は、整理後の返済ができるかどうかだけでなく、

  • 担保がないか
  • 連帯保証人を立てていないか

という部分も考慮に入れる必要があります。

例えば、自動車ローンに関しては、多くの場合で車が担保となっているため、それを任意整理してしまうと、車を手放す事になりますので、任意整理をする事で返済総額が減るかもしれませんが、それ以上に失うものが大きくなってしまいます。

また、連帯保証人や保証人に迷惑をかけたくない場合は、それらを立てていない借金を任意整理先として選択する必要があります。

ただ、これは、任意整理のメリットでもあります。

他の個人再生や自己破産などは、個人再生は住宅ローンのみ除外が認められますが残りの債務は全て整理の対象となりますし、自己破産に至っては全てが整理の対象。

その点、任意整理は、債権者を選択して個別に交渉をする方法となるので、整理すると都合の悪い借金は除外しながら手続きを進める事が可能です。

返済可能かどうかという部分だけでなく、こういった他方への影響も考慮に入れて任意整理先を検討してみましょう。

任意整理が有効にならない場合は、他の債務整理を選択。いずれにしても弁護士に相談を

以上が、任意整理を選択できるかどうかの判断基準となってきますが、

もし、任意整理が有効でない借金に苦しんでいる場合や任意整理をしても返済する自信がない場合は他の個人再生自己破産が有効になってくるケースが多くなります。

ただ、文章だけを読んでも判断しづらい部分があるかと思いますので、最終的な判断は弁護士に相談した上で決める事が重要。

任意整理をするべきなのか悩んでいるうちは、そこまで極端に大きな借金を背負っているわけではないかと思いますので、弁護士に相談する事により、債務整理をせずに過払い金請求や借り換えで借金問題を解決できるかもしれません。

いずれにしても、返済が苦しいと感じている場合は早い段階で弁護士に相談しましょう。

借金問題は限界まで抱え込んでしまいがちです。ですが、抱え込む期間が長いほど、個人再生や自己破産に繋がってしまう可能性が高まります。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事