任意整理の弁護士費用は絶対払える!払えない心配がない3つの理由

任意整理の弁護士費用は絶対払える!払えない心配がない3つの理由

任意整理は、利息や遅延損害金がカットされ、返済期間が3〜5年で見直される債務整理の手段で、返済が苦しい債権者だけを選択し直接交渉するという特徴があります。

ただ、直接交渉とはいっても、裁判所が間に入らないという事で、実際には、ほとんどのケースで弁護士が代理人となり交渉を進めます。

そのため、任意整理を利用する時には『弁護士費用』が必要。

借金の返済ができないのに弁護士費用なんて用意できないよ…。

確かに、弁護士費用と聞くと、ハードルが高そうに感じるかもしれないね。
でも、実際には年間200万件もの任意整理が行われているともされているし、そのほとんどが、弁護士を代理人として立てているんだ。
そのため、お金がない中でも問題なく利用できる手続きと言える。
今回は、弁護士費用を用意できる理由を解説するね。

普段から弁護士を頻繁に利用する人はあまりいませんので、弁護士費用と聞いただけでも、高額な費用がかかりそうで、お金が無い中でそれを捻出するのは困難なように感じてしまいますね…。

ですが、任意整理の弁護士費用を用意するのはさほど困難な事ではありません。
今回は、弁護士費用を問題なく支払える理由を確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理の弁護士費用を支払える3つの理由

多くの人が問題なく弁護士費用を用意できるのは、費用面で有利な3つの理由があるからです。

上手く行けば、いずれか一つの理由でお金が用意できることもありますし、いくつかを合わせる事で弁護士費用を用意できる事もあります。

理由1 任意整理を開始すると3ヶ月〜半年ほど返済が必要なくなる

任意整理は、手続き後に返済を必要とする債務整理の手段ですが、任意整理開始から和解の成立までは、返済方法の見直し交渉を債権者と行うので、返済義務も一旦ストップします。

交渉に必要な期間は、3ヶ月〜半年ほどで、その間は返済の必要がありません。

任意整理を利用する場合、正社員である必要はありませんが、それでも、返済を見越してアルバイト等はしているはずです。

働いている状態で、返済を必要としないのであれば、お金を貯める事も十分可能ですね。

何より、以下の項目で解説しますが、任意整理の弁護士費用はそれほど高額ではありません。

恐らく、3ヶ月もあれば、弁護士費用は用意できますし、任意整理後の返済に備えて貯蓄も可能なはずです。

返済がストップするタイミングとスタートするタイミングを詳しく確認

理由2 任意整理の弁護士費用は比較的安い

弁護士費用といえば数十万や数百万など高額なイメージがありますね…。

しかし、任意整理は、お金の無い人が利用する事を前提としていますので、法律事務所も比較的安い費用で受任してくれます。

その費用は、1社につき5万円〜10万円ほど。

料金にバラつきがあるのは、法律事務所によって金額が異なるからです。そのため、料金の安い法律事務所を探す事も重要になってきます。

傾向としては、債務整理に力を入れている法律事務所ほど費用が安い傾向にあります。

理由は、費用の安さで選ばれがちな債務整理で仕事を増やすには価格で勝負するしかないからです。いうなれば、薄利多売。弁護士の世界も大変なものです…。

また、普段から債務整理を専門としている弁護士の方が確実な仕事をしてもらえるので、安いからといって適当な仕事をされるわけではありません。

特に任意整理は交渉で着地点が変わってくる債務整理となるので、慣れた弁護士に依頼したいところですね。

弁護士費用の内訳は

具体的にどういった費用を必要とするのかも確認してみましょう。

【相談料】

まずは、弁護士に相談する際に必要な相談料ですが、必要な場合は、1時間あたり5,000円〜2万円ほどかかります。

ただし、任意整理など債務整理の相談に関しては、無料で相談にのってくれる法律事務所も少なくありません。

相談料については、事前に電話やウェブサイトで確認可能ですので、費用を必要としない法律事務所を探すのも節約に繋がるでしょう。

【着手金】

着手金は、任意整理を受任してもらった時に、頭金のような形で必要になる費用です。

目安としては、1社あたり2〜5万円。

任意整理は債権者を選択して交渉するので、費用も1社あたりでかかる事になります。

【減額報酬】

減額報酬は、任意整理で減額になった分、支払う弁護士費用で、最大で経済的メリットの10%ほどに設定されています。

10%の例)100万円の減額に成功した場合は、10万円の減額報酬を支払う

ただ、こちらの費用は、無料としている法律事務所も少なくありません。

減額幅によっては思わぬ高額を請求されてしまいますので、減額報酬のない法律事務所を探した方が無難でしょう。

【成功報酬】

成功報酬(和解報酬)は、和解が成立した時に支払う弁護士費用で、決裂した場合には支払う必要がありません(おおよそ8割以上が和解可能)。

費用は、1〜2万円ほど。

以上が任意整理の弁護士費用となりますが、実際の最安の目安は合計1社あたり5万円ほどとなります。

具体的には、相談料と減額報酬が無料で、着手金4万円、成功報酬1万円といった内訳が最安になる事が多くなっています。

もちろん、探せばもっと安く抑える事が可能かもしれませんが、目安として、5万円に抑えられればOKと考えておきましょう。

弁護士費用の詳細をさらに詳しく確認

理由3 分割払いを認めてもらえる事も多い

任意整理をする人がお金を持っていない事は弁護士も理解しているので、分割払いを認めてくれるケースも少なくありません。

どの程度の分割を認めてくれるのか、または分割を認めてくれないのかは法律事務所によって判断が異なりますが、中には、月々の支払いを5,000円〜1万円ほどにしてくれる場合もあります。

仮に、1社のみを任意整理して、5万円の弁護士費用がかかる場合、月々5,000円なら10ヶ月で、月々1万円なら5ヶ月で支払う事が可能。

一見、新たな借金をするようですが、任意整理の弁護士費用の分割で生活を圧迫してしまうことは、まずないでしょう。

まずは、弁護士に相談を

以上が、任意整理の弁護士費用を問題なく支払える理由です。

そもそも、借金に苦しんでいる中で、利用するシステムですから、それにかかる費用も無理な金額には設定できません。

中には、着手金を無料として、減額報酬や成功報酬のみを請求する法律事務所もあり、その場合は、頭金は不要という事になります。

どの支払い方法がベストかは人それぞれですが、相談を無料で受け付けている法律事務所をいくつかピックアップして、実際に話しを聞いてみることをおすすめします。

なにより、この記事を読んでいる人の多くは既に借金の返済に苦しんでいる状態でしょう。
考えるより1日でも早い行動をした方が、金銭的にも精神的にも開放される事に繋がります。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事