自動車ローンを任意整理する事は可能!車は残せる?他に有効な手段は

自動車ローンを任意整理する事は可能!車は残せる?他に有効な手段は

「自動車ローン(カーローン・マイカーローン)の返済が苦しく生活を圧迫している」

自動車ローンの返済は月々5万円を超える事もあり、時にはこういった状況になってしまうこともあります。

借金に苦しんでいる時は、法に基づく改善方法として、債務整理が有効ですが、その中でも最もデメリットが少なく利用しやすい任意整理は自動車ローンに有効になるのでしょうか?

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理には換価処分がない

債務整理にはいくつか種類がありますが、その中でも、借金が全て免責になるという最も強い効力を持つ自己破産は、換価処分によってさまざまな資産を処分する事になります。

まず、住宅はローンの有無に関わらず処分の対象ですし、自動車に関しても時価20万円以上と判断されれば処分の対象。
その他にも、預金や有価証券、返戻金のある生命保険など、20万円を超える価値のあるものは全て処分の対象です。

ドラマなどで、赤い札をペタペタ貼って「これも処分、これも」といった形で財産を差し押さえしているシーンが使われる事があるけど、あれは、自己破産などを表した場面なんだ。
実際には、あそこまで強引ではないけど、さまざまな財産を処分されるのは事実。

一方、任意整理は、借金が免責になるのではなく、債権者に直接交渉して利息のカットや遅延損害金のカット、返済期間の見直し(3〜5年)をする債務整理の手段で、自己破産とは効力が全く異なります。

そのため、デメリットも非常に限定的で、財産に関しても換価処分される事がありません。

たとえ、自動車ローンを任意整理する場合でも、裁判所から車の差し押さえをされる心配はないのです。

ディーラーローンは車が担保になっている事が多い…?

自動車ローンを組んでいる人の多くが、ディーラーでローン契約を交わした、いわゆるディーラーローンを組んでいるかと思います。

実は、このローンは、多くのケースで、ディーラーが独自に提供しているローンではなく、信託会社が間に入り提供しているローンとなります。

そして、信託会社が提供しているローンのほとんどは、担保として、ローンを支払い終えるまで車の所有者が信託会社になっています。

これは、どういう事かと言うと、
もし、所有者が信託会社になっているディーラーローンを任意整理すると、車を回収、処分されてしまう可能性があるということです。

車の所有者の確認は、車検証に所有者欄があるから確認してみよう。
もし、所有者欄が自分になっている場合は、信託会社には処分する権限がないという事になるよ。

しかも、任意整理の効力は利息をカットして返済期間を見直すというものなので、元金(=車の代金)は返済する必要がある上、車は無くなるという最悪の状況に…。

これでは、任意整理をする意味がないどころか完全にマイナスの効果を発揮します。

裁判所とは別の問題で車を手放すことになるという事です。

連帯保証人を立てている場合は処分されない事も

ただし、信託会社のローンを任意整理しても、車が処分されない例があります。

それは、連帯保証人を立てている場合です。

任意整理をすると、返済義務は連帯保証人に移動することになりますが、連帯保証人が請求された金額を一括(そもそも一括で請求される)で支払った場合には、車を処分する理由がなくなるので、基本的に処分から免れることになります。

逆に、連帯保証人が返済を拒んだ場合は車を処分されてしまうでしょう。

銀行で自動車ローンを組んでいる場合

自動車ローンを組む場合、ディーラーローン以外に銀行で組む方法もあります。

銀行でローンを組む場合はディーラーで手続きができず、銀行に行く必要があり一見手間のように感じますが、その分、金利が低いというメリットがあります。

そして、ディーラーローンとの最大の違いとして、車が担保になっていない可能性が高いという特徴があります。

つまり、銀行で組んだ自動車ローンなら任意整理をしても車を処分される心配がありません。

※車が担保になっている例もあるので車検証を確認してみましょう

ただし、銀行のローンは金利が低い

ディーラーでもローンを組めるところを、わざわざ銀行にまで行ってローンを通す理由は金利が低いという魅力にあります。

しかし、任意整理の効力は、利息や遅延損害金をカットするというものです。

もし、多額の遅延損害金が発生しているのであれば、それなりの効力があるかもしれませんが、低金利でローンが組める銀行には、基本的に任意整理が適した方法となる事はありません。

よって、車が担保になっていない銀行の自動車ローンでも任意整理はあまり有効にはならないでしょう。

個人再生の方が有効になる事も

先程説明した自己破産には全ての借金が免責になる効力があり、任意整理には利息をカットする効力がありますが、個人再生は借金を5分の1に減額する効力があり、中間的な役割を担います(減額幅は人によって異なる)。

そして、個人再生にも換価処分はないので、裁判所に車を差し押さえされる心配はありません。

ディーラーローンを組んでいる場合は、所有者が信託会社になっている事が多いので、その場合は、個人再生をしてもやはり車を回収されてしまいますが、

銀行でローンを組んでいる場合は、債務が大幅に減る上、車を手元に残せる可能性があります。

このように、自動車ローンには個人再生の方が適しているかもしれません。

しかし、その一方で、任意整理と異なり、個人再生は債権者を選んで整理する事ができませんので、自動車ローンだけでなく、全ての借金が処分の対象となり、平等に減額となります。

友人や知人からの借金など、さまざまなものが含まれるので、そういった点がネックになってくるかもしれません。

例外的に住宅ローンだけは個人再生の対象から除外できるよ。
具体的な任意整理と個人再生の違いはこちらの記事を確認してみよう。

自動車ローン以外を任意整理

もし、個人再生のような効力の強い債務整理が選択できない場合は、自動車ローン以外を任意整理して返済を楽にするというのも有効です。

任意整理は、利息がカットされ、返済期間が3〜5年で見直されるので、有効になってくるのは、高金利で元々の返済期間が短い借金です。

多く利用されるものとしては、消費者金融・クレジットカード・カードローンなど。

もし、該当する借金があり、整理する事で返済が楽になるようなら、自動車ローンではなく、そちらの整理を検討してみましょう。

これらの借金は、担保になっているものが無い可能性が高いうえ、多くの場合、連帯保証人も立てていないので、任意整理にはかなり適した借金となります。

最終的な判断は弁護士と相談して決定を

以上のように、自動車ローンを任意整理、もしくは他の債務整理するのは、車を手放すことになるなど、デメリットも非常に大きくなってしまう可能性があります。

また、1人ひとり置かれた状況が異なるので、今回紹介した内容が必ずしも当てはまるとは限りません。

いずれにしても、最終的な判断は借金問題のプロである弁護士に相談しながら決める事が重要です。

中には、アルバイト等を勧められる事もあるみたいですよ。確かに、自動車ローンならアルバイトをすることで返済可能になるのかもしれませんね。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事