【銀行に借金】カードローンやおまとめローンは債務整理できる?できない?

【銀行に借金】カードローンやおまとめローンは債務整理できる?できない?

気軽にお金を借りられる方法といえば消費者金融が思い浮かぶかもしれませんが、最近では多くの銀行でカードローンを取り扱っており、比較的、銀行でもお金を借りやすい環境が整っています。

消費者金融と銀行、どちらもお金を借りられるとすれば、ほとんどの人が銀行を利用しますよね。
やはり、銀行というだけで安心感が違います。

そのため、銀行に多額の借金をしてしまい返済できなくなってしまう人も少なくありません。

そんな時に必要になってくるのが、任意整理や個人再生、自己破産など『債務整理』です。

債務整理といえば、消費者金融への返済が滞った時のイメージが強いかもしれませんが、銀行への借金であっても債務整理はできます。

任意整理、個人再生、自己破産など状況に応じて全てが適用可能です。

カードローンやおまとめローンなど手軽さが売りのローンでは借金という感覚が少し薄れてしまいますが、お金を借りている状況という事には変わりがなく、債務整理の対象となるのです。

ちなみに、これは住宅ローンにも言える事です。
住宅ローンは銀行にお金を借りて家を買い、そのお金を毎月銀行に返済している状況となるので借金に該当し債務整理の対象にする事が可能です。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

銀行系カードローンの債務整理で注意したい3つの点

銀行を相手に債務整理をする場合、気をつけるべき点が多々あります。

これらを理解しないまま債務整理をしてしまうと思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性も…。

これから紹介する注意点をしっかりと確認しておきましょう。

預金口座は凍結、そして相殺の対象となる

まず、注意したいのは、債務整理をする場合、その対象とした銀行の口座は凍結されてしまうのが通常です。

凍結すると、自由にお金を引き出せなくなる事はもちろんのこと、仮に水道光熱費や通信費などが引き落とし扱いとなっている場合は、その引き落としも止まってしまいます。

つまり、自分都合でお金を使う事は一切許されなくなるのです。

そのため、もしその銀行に預金が残っている場合は、そのお金を引き出しておくか他の銀行に移しておく必要があります。

仮に預金が残っている場合は、債務整理によってでた銀行側の損失分はその残高で相殺されてしまいます。
これは同意に関係なく処理されるので十分な注意が必要です。

このお金を引き出す作業は『口座調節』と呼ばれますが、何もブラックな事ではなく、債務整理をする場合には当たり前に行われる事となっています。

銀行からしてみればたまったもんじゃないかもしれませんが、口座が凍結してしまうと生活ができないので仕方ありません

また、給料の振込みがその銀行になっている場合は、その変更手続きをしておく必要もあります。

仮に、凍結されている口座に給料が振り込まれると、差し押さえられ、相殺分に充てられてしまいます。

もし、会社からその銀行に振込先が指定されている場合は、簡単に変更もできないかもしれません。
その場合は、弁護士や司法書士にその旨を相談してみましょう。

弁護士や司法書士が間に入る事により、給料の差し押さえを止められる事も少なくありません。

銀行としても、勤務先の会社との関係性もありますし、あまり強引に差し押さえできない実情があります。

基本的に過払い金が発生しない

債務整理をする際には、同時に過払い金請求の手続きを進める事になります。

そして、過払い金の額によっては、債務整理をせずに済んだり、自己破産ではなく任意整理で済んだりなど、その回収額によって債務整理に大きな影響を与える可能性があります。

しかし、銀行系のカードローンではこの過払い金が発生しません。

過払い金は利息制限法の上限を超えた金利を設定している場合のみに発生する可能性があるもので、銀行系のカードローンは比較的低金利で利息制限法の範囲内となっており、ほとんどのケースで過払い金が生じる事がないのです。

【過払い金】

消費者金融などは民法上無効でも刑事罰にならない『グレーゾーン金利』と呼ばれる金利を設定していました。

しかし、民法上無効なので“利息を払い過ぎた状態”となり、過払い金として請求する事で回収できるようになっています。

保証会社として消費者金融が繋がっている

こちらは、債務整理先を選択可能な任意整理を利用する場合に注意しておきたい点です。

銀行系のカードローンでは、基本的に保証会社の保証がついた状態でお金を借りる仕組みとなっています。

そして、債務整理をした場合は、銀行が本来受け取るべきお金が支払われていない状態となるため保証会社が債務者(借金をしている人)の代わりに銀行にお金を支払う事になります(代位弁済)。

しかし、この保証会社というのは消費者金融会社である事がほとんどです。

銀行と契約した際の契約書を確認してみて下さい。
ほとんどのケースで見慣れた消費者金融(仮に消費者金融A社)の名前が保証会社として記載されているはずです。

このような関係性のため、銀行系だけの債務整理をしたとしても、保証会社である消費者金融A社からもお金を借りていた場合は、自動的に消費者金融A社からの借金も任意整理の対象になってしまいます。

また、これは、逆のケースにも言える事です。

消費者金融のみ任意整理をしようとしたとしても、消費者金融A社が保証会社となっている銀行からの借り入れ(カードローンなど)がある場合は、その借り入れも任意整理の対象となります。

この場合でも、基本的に銀行の口座は凍結してしまう事になりますが、予期できていなかった分、それに対する対処も遅れてしまうかもしれません。

任意整理を選択する場合の注意点ですが、直接的な部分だけでなく、保証会社など横の繋がりもしっかりと把握しておく必要があるという事が言えます。

他の銀行では口座開設可能

一度、債務整理をすると、ブラックリストに載ってしまい他の銀行でも口座を作れないのでは?

と心配になってしまうかもしれませんが、債務整理の関係で口座が凍結したとしても、他の銀行なら口座の開設に影響を与えません。

凍結した口座が超大手のメガバンクで横の繋がりが強そうな銀行であっても、他の大手銀行でも地方銀行でも口座の開設は可能です。

ただし、任意整理と異なり、個人再生や自己破産は、債務先を選択して債務整理をする事ができないので借り入れのある銀行は基本的に全て凍結されてしまうでしょう。
特定の口座だけ影響を回避する事はできません。

逆に任意整理の場合は、借金がある銀行でも債務整理の対象から外した場合は凍結される事がありません。

また、次項で説明しますが、ブラックリストは借り入れに対して使われる言葉です。

口座開設は借り入れではなく、お金を預けるためのものなので、そもそも銀行側にはリスクがないのです。

ブラックリストで今後の借り入れは難しい。それでもローンを組むには?

債務整理をした場合、信用情報に事故情報が残る事になり、借り入れやローン、クレジットカードの発行などが基本的にできなくなります。(いわゆるブラックリスト)

事故情報が残るのは5〜10年ほど。

その期間が過ぎると再び問題なく、借り入れやクレジットカードの発行が可能となります。

しかし、時にはその期間中にもローンを必要とする場面などもあるかもしれません。

そんな時には、配偶者や親の名義でローンを組むという方法もあります。

もちろん、同意や理解を得たうえでローンを組む必要がありますが、幸いな事に債務整理をした場合でも、信用情報に事故情報が残るのは本人のみでご家族の信用情報に影響を与える事はありません。

そのため、配偶者や両親の名義ならローンを組む事も可能となるのです。

もちろん、一度返済が滞ったので、再びお金を借りるのは望ましい事ではありませんが、時には生活に必要なローンもあるはずです。
一つの手段として覚えておきましょう。

銀行系カードローンでは借金が大きくなる事が多い!まずは相談を

消費者金融系のカードローンでは貸金業法によって、借入総額が年収の3分の1までに制限されています。

これは、『総量規制』と呼ばれ、1つの消費者金融につき3分の1ではなく、全ての消費者金融の総額で年収の3分の1以上借りられない仕組みです。

こういった影響もあり、消費者金融の借り入れで債務整理をするという事例はかつてほど多くありません。

その一方で、銀行系のカードローンは貸金業法ではなく銀行法の業務となるため、裁量規制の対象とはなっていません。

そのため、消費者金融より借入限度額が高くなっている事が多く、数百万円〜時には1,000万円を超える事もあります。

しかも、保証人を必要とせず、その割には比較的審査も緩くなっています。

こういった事情もあり、これまで消費者金融に駆け込んでいた人が、銀行系のカードローンを利用する事が多くなっており、その結果、銀行を対象とした債務整理をする人が増えています。

銀行を相手に債務整理をするとリスクも大きいのでは?と考えてしまいがちですが、リスクは前項で紹介した程度のもので、事前に把握していればそこまでダメージもありません。

なにより、債務整理をするのであれば銀行を含めて整理しないと大きな効力を得られないのは逃れられない事実です。

「まだ大丈夫なのでは…」と後回しにしてしまうと任意整理で済んだものが、個人再生に、個人再生で済んでいたものが自己破産にと、状況が悪化してしまう一方です。

借金問題には、1日でも早く対処する事が重要です。まずは、アドバイスをもらう目的も兼ねて、弁護士や司法書士に相談をしてみましょう。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

さまざまな債務整理カテゴリの最新記事