債務整理後にクレジットカードを残す・作る・持つ方法

債務整理後にクレジットカードを残す・作る・持つ方法

債務整理を利用すると、信用情報には『過去に借金の返済ができなかった』という事故情報が残ってしまい、その後、新たな借金をする事が難しくなります。
いわゆる、ブラックリストと呼ばれる状態。

これは、クレジットカードに関しても同じで、

キャッシング枠による借金や、ショッピング枠による立て替えなど、お金を返済もしくは後払いする手段となるので、事故情報が残っているとクレジットカードを持つ事が難しくなってしまいます。

しかし、債務整理後でも、クレジットカードを持っている人は少なくありません。

どういった方法で持っているのか、今回は債務整理後にクレジットカードを持つ方法について確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

既に持っているカードは暫く使えるが、いずれ利用停止となる

クレジットカードは発行の際に審査をされます。

審査の内容は、年収や勤続年数などさまざまな要素が絡んできますが、中でも重視される要素は、信用情報に事故情報がないか、ということ。

過去に債務整理をしている人や、返済が滞った経験がある人にカードを発行するのは、クレジットカード会社にとってリスクの高い事なので、基本的に新規でのカード発行はしません。

また、注意したいのは、過去に返済が滞った事がないクレジットカードや、債務整理をしていないクレジットカードであっても、他で債務整理をしてしまうと、基本的にいずれ利用できなくなってしまうということです。

つまり、債務整理前から持っているクレジットカードも債務整理後に使い続ける事はできません。

ネット上では、「債務整理後でも使えた」という意見がありますが、これは、クレジットカード会社が、債務整理の事実を把握するのに一定の時間がかかるからで、その事実を把握されたタイミングで基本的に使えなくなってしまいます。

持っているクレジットカードが使えなくなる2つのタイミングを確認してみましょう。

定期的に事故情報が確認されている

クレジットカードは発行後5年間など長期間の利用が可能ですが、その期間内でも定期的に信用情報が確認される仕組みとなっています。

5年間という長期間の中では、金銭に関わる状況も大きく変わっていきますので、発行当時は問題なくても、現在はお金が無くて困っているという事も十分起こりえます。

その確認として使われるのが、信用情報の事故情報となるのです。

もし、確認された際に事故情報が残っていると、多くのケースで利用停止となってしまいます。

債務整理をしたという事はお金が無いのは目に見えていますので、いつでもお金を借りられるクレジットカードを有効なままでは、クレジット会社の損失に繋がる可能性が高くなると判断されるのです。

更新時に確認される

更新時には、新規発行の際と同じように審査をされます。

当然、信用情報も確認されるので、事故情報が残っている事が発覚すると、更新が難しくなります。

更新までの期間が長い場合でも、多くの場合は前者の理由で利用ができなくなりますし、
運良く長期間使えても、更新は難しいと考えておきましょう。

ただ、債務整理後でも一定の期間利用できますので、この一定の期間内に他の手段でクレジットカードを発行する事ができれば、実質、間を空ける事なくクレジットカードを持ち続ける事が可能となります。

審査が緩いとされるクレジットカード

クレジットカードの審査には一定の決まった基準がなく、クレジットカード会社によって審査の基準は異なっています。

また、事故情報は、借金が難しくなるだけで借金を禁止されるものではありません。

そのため、審査がそこまで厳しくないクレジットカードであれば、債務整理後であっても新規発行ができる可能性は十分に考えられます。

そして、最も可能性があるとされているのが『アメックスカード』

「アコムなどの消費者金融系のクレジットカードの方が審査が緩いのでは?」という意見もあるかもしれませんが、消費者金融は債務整理の対象とされ損失を出す可能性が高い商売となるので、クレジットカードの発行であっても、事故情報がある場合は厳しい判断をされる事が多くなっています。

実際、アメックスの関係者に確認した事がありますが、債務整理後のクレジットカード発行について、肯定こそしなかったものの否定もしませんでした。

もちろん、事故情報がある状態では厳しい審査がされますが、けして『事故情報=審査落ち』という事ではないということでしょう。

数打てば当たるという考えで、複数の審査に通すより、最も審査に通りやすいとされるアメックスカードに絞って新規発行をしてみてはいかがでしょうか?

正直、事故情報はかなり不利な状況なので、手当たり次第に審査に通してもあまり期待はできません。

アメックスがダメな場合は、家族カードを発行

アメックスカードに関しても、残念ながら、確実に発行できるというわけではありません。

もし、アメックスカードの審査に通らなかった場合は『家族カード』という手段でクレジットカードを持つ事をおすすめします。

家族カードとは、契約者の信用で追加で家族分のカードが発行できるというものです。

例えば、親や配偶者がクレジットカードを持っており、家族カードを発行できるタイプのものであれば、簡単な手続きであなたの分のクレジットカードも発行できます。

家族カードの特徴は、契約者の信用によって発行されるので、新たに発行される家族の審査は基本的にされないということ。(一部例外で審査される事もあるが、基本的に問題なく発行可能)

つまり、契約者に事故情報が無ければ、家族カードを発行してもらうあなたに事故情報があっても問題ないのです。

ちなみに、信用情報の事故情報は、個人に対して残るので、債務整理をしたのが、あなただけであれば、配偶者や親の個人情報には一切影響を与えません。

従来通り、新たな借金も可能ですし、クレジットカードを新規で発行する事も可能となります。

家族カードは、付帯保険サービスなどが異なる場合もありますが、基本的にクレジットカードとしての機能は通常のクレジットカードと変わりません(契約者の契約内容による)。

デメリットとしては、

ポイントが、本会員である契約者にまとめられるという事と、

利用明細が契約者に確認できてしまうので、いつ何にいくら使ったのかが把握されてしまうという事。

そういった点を考慮に入れたうえで検討してみましょう。

デビットカードという手段も

以上が債務整理後にクレジットカードを持つ手段となりますが、

これらの手段が使えない場合や、都合が悪い場合は、デビットカードを検討してみましょう。

デビットカードの特徴は、カードと口座が直結しているということ。
クレジットカードのようにキャッシング機能はありませんし、ショッピングの際にクレジット会社が立て替えて、後日引き落とされるといった仕組みではありません。
使ったその場で、口座の残高が減ります。

そのため、クレジットカードと同じように、買い物の際などに利用できるものの、口座の残高が足りなければ使えません。

このような仕組みで、デビットカードの発行には企業側のリスクがないため、基本的にカード発行の際には審査がなく、事故情報がある人でも問題なく発行できます。

クレジットカードに比べると利便性が低いものの、カード払いができるという点では一定の魅力があるはずです。

また、新たな借金をしない手段としても有効になってくるかもしれません。

クレジットカードの発行が難しい場合は、デビットカードを検討してみましょう。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事