クレジットカードを作る方法!任意整理後は作れない?既に持っている場合は

クレジットカードを作る方法!任意整理後は作れない?既に持っている場合は

任意整理は、債務整理の中では比較的、効力の弱い方法で元金を返済する必要があるという特徴を持っています。

その特徴ゆえに、考え方によっては返済スケジュールの見直しという捉え方もできるのですが、

このように元金を返済するという債務整理でも、クレジットカードに影響を与えてしまうのでしょうか?

結論を言うと、任意整理であっても基本的にクレジットカードを暫くの間、作れなくなりますし、あなたが既に持っているカードもいずれ使えなくなります。

元金を返済するとはいえ、契約通りの返済ができなかったという履歴は、けして印象のいいものではありません。

クレジットカード会社としても、万が一、自社との契約で元金のみしか返済されなかったら、損失を生むことになりますし、契約通りの返済ができなかったという事は、お金に余裕がない事は目に見えているので、わざわざリスクを冒す事はしません。

ただし、例外的に審査に通る可能性があるクレジットカード会社もありますので、必ずしもクレジットカードが持てないとは限りません。

今回は任意整理とクレジットカードの関係について確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

自己破産と同じく事故情報が残る

クレジットカードが作れなくなる理由は、任意整理によって信用情報に事故情報が残ってしまうからです。

事故情報が残るとは、いわゆるブラックリストの状態。

これは、自己破産など借金が免責になった場合とあまり変わりません。
過去に借金の返済が契約通りに出来なかったという記録は、お金を貸す企業にとって最も警戒するべきポイントとなるので、たとえ、任意整理であっても『お金に余裕がない人』という事実は変わらないので審査に通らなくなります。

事故情報は共有される

日本には3つの信用情報機関(全銀協・JICC・CIC)がありますが、1ヶ所でも事故情報が残ると、信用情報機関同士でその情報が共有される仕組みとなっています。

そして、銀行や消費者金融、クレジットカード会社が審査をする場合、少なくとも、いずれか1つの信用情報機関は必ず確認しているので、

例え、1社のみ任意整理をしたとしても、その影響は全ての借金の手段に及ぶことになり、全ての企業からお金を借りるのは非常に困難になります。

【多くの企業は2つ以上の信用情報機関に加盟している】

三菱UFJ銀行や三井住友銀行など、銀行系は、3つ全ての信用情報機関に加盟している事が多く、

消費者金融は、JICCとCICの2つに加盟している事が多い。

クレジットカードもお金を借りる手段

クレジットカードが借金をする手段というイメージを持っていない人も多いかもしれませんが、

キャッシング枠は、借金そのものですし、ショッピング枠に関しても、クレジット会社に一旦立て替えてもらうような形となるので、期日までに支払いや引き落としができない場合は、借金となんら変わらず遅延損害金も発生します。

そのため、銀行や消費者金融からの借金と同じように信用情報は確認されますし、事故情報が残っている場合はシビアな判断をされます。

任意整理後にクレジットカードを発行しようとしても、現状としては、審査に通るのは非常に困難でしょう。

クレジットカード会社目線で考えると、お金がない人や、契約通りの返済ができなかった人に発行するのは、非常にハイリスクとなるのです。

持っているカードもいずれは、使えなくなる

「任意整理後もクレジットカードが使えた」という情報をネット上で見かけますが、これは、

  • そのクレジットカードが任意整理の対象ではなかった
  • 任意整理直後である

これらの条件が重なっている時だけ暫く使える時があるというものです。

まず、クレジットカード会社を任意整理の対象にした場合は、そのクレジットカードは即日利用できなくなります。
借金の減額の申し出をされたのにそのまま利用できるのは矛盾してしまいますからね。これは、当然の事です。

一方、任意整理の対象にしなかったクレジットカードを持っている場合は、任意整理をしたという事実は即座に伝わるわけではないので、暫くの間、これまで通りに使える事が多くなっています。

ただし、あくまでも暫くの間で、あるタイミングから利用が停止する事がほとんどです。

利用停止になる2つのタイミング

利用停止になるという事は、信用情報の事故情報が確認されたということ。

それには、2つのタイミングが考えられます。

まず一つ目は、更新時。クレジットカードは定期的に更新され、新しいカードが届けられますが、この時に信用情報を確認されるので、多くの場合、更新ができなくなります。

もう一つは、クレジットカード会社は定期的に利用者の信用情報を確認しており、その際に事故情報が把握され、そのまま利用停止となるケースです。

仮に、更新まで時間がある場合でも、二つ目の理由で更新前に利用ができなくなる可能性が高いといえます。

事故情報を確認されるタイミングや頻度はクレジットカード会社によって異なるので一概には言えません。

場合によっては即日利用停止しますし、逆に長期間使えるケースもあります。こればかりは運の要素も強いと言えるでしょう。

再びクレジットカードが使えるようになるまでの期間

クレジットカードが新規発行できない理由は、事故情報が残っているからなので、事故情報がなくなれば、その後は、従来通りの審査でクレジットカードも発行できるようになります。

任意整理で事故情報が残る期間は、任意整理の受任通知が債権者に届けられた時から5年(任意整理開始から5年)。

ただし、任意整理後の返済が滞った場合は、そのタイミングから5年になったり返済終了から5年になる場合があるので注意が必要です。

より効力の大きい自己破産などでは、最長で10年間事故情報が残るので、比較すると任意整理は比較的短い期間で事故情報が消えることになります。

事故情報が消えた後は、クレジットカードだけでなく、銀行のローンや消費者金融なども従来通り利用できるようになります。

ただし、任意整理前に返済が長期間滞っていた場合は、事故情報が残る期間が任意整理の返済終了から5年間になるケースがあります。詳しくはこちらの記事を確認して下さい。

事故情報が残っていても審査に通る可能性があるクレジットカード

事故情報はあくまでも、借金の審査に悪影響を与えるだけで、借金を禁止するものではありません。

そのため、企業の判断で、事故情報があっても審査に通してくれるケースがあります。

特に審査に通りやすいとされているのは、アメックスカードで、

実際に、アメックスの関係者に確認しましたが、事故情報があっても審査に通るのかの問いに対して、肯定はしなかったものの、否定もされませんでした。

事故情報があっても審査に通るケースはあるということでしょう。

もちろん、確実性はありませんが、それでも任意整理後にクレジットカードが必要な場合は、審査を通してみる価値があるかと思います。

デビットカードも有効な手段

アメックスカードなど比較的審査が緩いとされるカードでも審査に通らない場合は、デビットカードを利用するのも有効な手段となります。

デビットカードにはキャッシング枠がないものの、ショッピング時にカードで支払う事が可能です。

ただし、クレジットカードのように後日引き落とされるのではなく、利用したその場で口座から引き落とされる形となり、ツケ払いではなく、即金で支払うのと同じような形になります。

デビットカードと口座は直結しているのです。そのため、口座の残高以上の金額は利用できません。

このような仕組みでは、発行する企業にリスクがないので、多くのデビットカードでは信用情報を確認されるような審査がありません。

つまり、ブラックリスト状態の人でも問題なく発行できるのです。

ただし、デメリットとしてクレジットカードほど利用できる店舗が多くないという事が挙げられます。
例えば、多くのガソリンスタンドなど。

また、クレジットカードのように分割払いもできません。

クレジットカードでできることを全てカバーできるシステムではありませんが、現金払い以外の手段として1枚持っておくと便利かと思います。

家族カードという手段も

デビットカードでは物足りない…。

といった場合は、配偶者などの名義で審査を通し、家族カードを発行してクレジットカードを所有するという手段も有効になってきます。

例え、夫に事故情報があっても妻の信用情報には影響を与えないので、クレジットカードの審査に通る可能性は十分あります(一定の収入などがあれば)。

そして、夫の分の家族カードを発行する場合も夫の信用情報が確認されるわけではないので、夫の分のカードも発行可能。
あくまでもカードの審査では名義者本人の情報だけが確認される仕組みとなっているのです。

ご家族が既に家族カードを発行できるクレジットカードを持っているのであれば、尚更簡単に発行できますので、お願いしてみましょう。

最後に

任意整理でも事故情報が残ってしまい、カードの新規発行や継続利用は難しくなります。

仮に、これまで滞りなく返済してきたカードでも厳しい対処をされるでしょう。

これは、借金が契約通りに返済できなかった反動なので仕方のないことですが、

どうしてもカードを必要とする場合は、デビットカードと家族カードを検討してみて下さい。

実際に、債務整理をした人は、これらの手段を利用している事が多いとされています。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事