任意整理前にクレジットカードを使っていい?債務整理の対象じゃないカードは?

任意整理前にクレジットカードを使っていい?債務整理の対象じゃないカードは?

任意整理は、債権者に直接交渉をして、多くの場合、利息と遅延損害金がカットされ残りの借金を3〜5年で返済する債務整理の手段。
基本的に、元金など借金の大部分を返済するので、その分デメリットが少なく最も手軽に利用できる債務整理となります。

さて、そんな任意整理ですが、任意整理の手続前や手続き中にクレジットカードを使ってもいいのか?という疑問が浮かぶかもしれません。

先に結論を言うと、

  • 絶対に使わない方がいいケース
  • できるだけ使わない方がいいケース

これらの2種類があります。いずれにしても使わない方がいいという事になりますね。
クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠の2種類がありますが、どちらの機能もこれに該当します。

「ショッピングになら使っても問題ない」という情報を見たことがあるかもしれませんが、ショッピングもキャッシングとさほど変わりません。

具体的にどういった悪影響があるのか確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理前にクレジットカードを使うと任意整理ができなくなる事も?意外に大きい悪影響

任意整理を必要とするという事は、けしてお金に余裕のある状況ではありません。

そういった中で、実質後払いが可能となるクレジットカードは、とても魅力的なシステムに感じますね。
特に一括でショッピング枠を利用した場合は、手数料も一切かかりません。

そのため、任意整理前のお金がない時は、ついついクレジットカードに頼ってしまいがちですが、それが原因で思わぬ落とし穴になる事も…。

クレジットカードの利用を絶対に避けたいケース

クレジットカードを絶対に使わないようにしたいケースは、そのクレジットカードを任意整理の対象にしたい場合です。

クレジットカードは、キャッシング枠によって現金を借りる直接的な借金の手段にもなりますし、
ショッピング枠でも、リボ払いなどの分割によって、実質毎月お金を返済する環境がいつでも作れる手段となります。

そして、キャッシング枠は、消費者金融並みの高金利となっていますし、ショッピング枠はお金を借りている訳ではないので、金利という名目ではないものの、年利率で計算される高額な手数料がかかります。

こういった事情から、クレジットカードの返済が苦しい時には利息がカットされる任意整理が多く利用されますし、消費者金融を相手に任意整理をした時と同程度の効力を発揮可能です。

任意整理は、経過利息と将来利息をカットして、3〜5年で返済していく事になるから、大前提として高金利の借金でないと効力を発揮できないんだ。
また、債務整理は借金に対して使うイメージがあるけど、
名前の通り『債務』に対して有効になるから、ショッピング枠の手数料に関しても同じように効力を発揮できるよ。
つまり、多くの場合は将来分の手数料がカットされる。

しかし、ここで注意したいのが、任意整理は裁判所を通さずに債権者に直接交渉する方法で、着地点は交渉次第で変わってきてしまうということ。

仮に、任意整理直前にも関わらず、クレジットカードのキャッシング枠やショッピング枠を利用し続けていた場合、
クレジットカード会社からすると『任意整理をして返済額が減る事が分かっている上で使い続けたんじゃないの??』という疑問が浮かぶのは当然の事です。

そして、このように心象を悪くしてしまった場合は、債権者側が強硬な姿勢を崩さなくなってしまうという事が少なくありません。

例えば、本来であれば、将来分の利息が全てカットされていたはずなのに、数%程度残ってしまったり、
本来なら、5年の返済期間が認められていたものが、3年や4年しか認められなかったり。

時には、任意整理を拒否されてしまうかもしれません。

最後の最後までクレジットカードを利用できたという恩恵より、心象を悪くした金銭的デメリットの方がずっと大きくなってしまう可能性があるのです。

あくまでもお金を借りている弱い立場だという事を忘れない事が重要。
債務整理は無敵ではありません。
任意整理の対象にするのであれば、債権者側の立場も考えてクレジットカードを使わないようにする必要があります。

クレジットカードをできるだけ利用しない方がいいケース

一方、クレジットカードを任意整理の対象にしない場合は使っていいのか、というと、こちらのケースに関してもできるだけ使わない方が賢明です。

任意整理は、裁判所が関与しない債務整理のため、トータルの債務状況を債権者が把握する事はありません。
また、任意整理前(任意整理中も含め)に(任意整理をしていない)カードを利用したとしても、その事が任意整理中の債権者に伝わる事はありません。

ですが、カードを利用すると、当然、その分は将来的に返済する必要がでてきます。

確実に返済できるのであれば問題ないのですが、任意整理後の返済額がどの程度か、まだ分かっていない段階で返済額をカードで増やしてしまうのはとてもリスキーなこと。

もし、任意整理後の返済ができなくなると、滞納3ヶ月で期限の利益の喪失となり、実質任意整理が無効で一括での請求をされるようになりますし、
再び分割を交渉しても、著しく信頼を失っている状態となるので、同じ債権者が2回目の任意整理に応じるとは限りません。

その場合は、より効力の強い個人再生や自己破産を利用する必要がでてきますが、デメリットも非常に大きくなりますし、弁護士費用も再び必要とします。
また、最初の任意整理後に返済したお金はあまり意味を成さなくなります。

「これぐらいなら…」といった感覚でクレジットカードを使ってしまいがちですが、任意整理後の返済は、とても重要。慎重に考えていくようにしましょう。

任意整理だけなら、経済的更生もしやすいですが、自己破産では住宅などを含めさまざまな財産を失ってしまいます。

任意整理は効力がそこまで強くないからデメリットも少なく利用しやすい方法なんだ。
裁判所を通さないから正確な数値は出ないけど、年間200万人が利用しているともされている。
一方、自己破産は10万人ほどだからね。借金が全て無くなるけど、リスクがとても大きいから利用しない人が多いんだ。
任意整理と個人再生の効力とデメリットの違い
任意整理と自己破産の効力とデメリットの違い

まずは、弁護士に相談を

お金がない中では、ついついクレジットカードを使いたくなりますが、それが思わぬ落とし穴になってしまうかもしれません。

そうならない為にも、任意整理を検討している場合は、できるだけ早い段階で弁護士に相談するようにしましょう。

ちなみに、弁護士から任意整理する旨が債権者に出されると、その後は和解もしくは決裂まで取り立てが止まりますし、返済する必要もありません。

この状況ならカードを使わなくとも生活可能なのではないでしょうか?

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事