【督促や取り立てを無視し続けた場合の任意整理】返済額への影響は?

【督促や取り立てを無視し続けた場合の任意整理】返済額への影響は?

「任意整理は、債権者と交渉して同意を得るもの」

債務整理を検討している場合、任意整理がこのような仕組みになっていることを理解している人も多いかと思います。

そのため、任意整理を検討する場合には、

  • 督促を再三無視してしまった…
  • 引っ越し先を伝えなかった…

など、相手の心象を悪くする要因があると、「任意整理の同意を得られないのでは?」という不安がよぎるかもしれません。

確かに、督促を無視しておいて借金の減額を申し出るのは気が引けるものですね…。

ですが、その点は、そこまで不安に思う必要はありません。
基本的に、「督促を無視した」「対応が悪かった」といった理由で任意整理を拒否される事はないのです。

ただし、注意点として、督促を無視した事によって返済額が増えてしまう可能性は否定できません。

これらの具体的な理由を確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

そもそも任意整理の仕組みとは?

企業側が任意整理を拒否しない理由や、督促を無視した後の任意整理で返済額が増える可能性を知るには、任意整理の基本的な仕組みを理解しておく必要があります。

そこまで難しくないので簡単に確認しておきましょう。

任意整理は、債務整理の手段の一つで、基本的に利息がカットされ、元金を3〜5年で返済する

債務整理の中で唯一、裁判所を通さずに手続きを進める事になり、多くの場合、弁護士などの代理人を立てて、債権者と直接交渉をします。

任意整理の最大の特徴は、ほとんどのケースで将来分の利息がカットされるということ(企業によっては、金利ゼロではなく、数%ほどになることも)。
そのため、消費者金融やカードローンなど高金利での借金には大きな効力を発揮する事になります。

返済期間に関しては、原則3〜5年の間ですが、こちらも交渉次第で決まります。
仮に、もともと5年以上の返済期間だった借金は、任意整理によって月々の返済額が増えてしまう事もあるので注意が必要です(任意整理後の返済期間の方が短くなるため)。

このように任意整理は、交渉次第で結果が変わってくるという少し特殊な債務整理の手段。
法律上では『和解』という言葉が使われ、元金の返済を必要とするので、『返済スケジュールの調節』という要素も強くなっています。

そして、今回のテーマは、交渉次第という点で「督促を無視して印象が悪いのでは…」という心理になってしまうということです。

確かに、取り立てる立場からすると、「再三督促したのにここにきて減額を申し出るとは!」といった心理になりそうなものですが、

実は、全くの逆で、債権者からみても、任意整理はけして悪い話ではないのです。

債権者も任意整理に応じない理由がない!

督促を無視し続けた場合、任意整理を申し出る立場からすると、

「交渉に応じてもらえるのか?」「不利な条件で和解が成立するのでは?」という不安がよぎるものですが、逆に、債権者の立場になって考えてみるとどうでしょうか?

債権者からしてみると、返済される様子がなかった債権が(元金だけとはいえ)回収できるチャンスとなるのでけして悪い話ではないはずです。

確かに、利息のカット等により、従来の契約通りの利益は得られなくなりますが、督促を出しても反応がなかった地点で返済が難しいのは分かりきっていることなので、その中で、元金の返済がされる同意が得られるのは最低限の条件をクリアしているはずです。

仮に、あなたが友人にお金を貸していて返済がされていなかった場合、利息がカットされても元金が返済されるのであれば十分納得ができるのではないでしょうか?

もちろん、貸金業者や金融機関はお金を貸すことを生業にしているので、利息がカットされては利益になりませんが、元金が返済されれば大きな損失になることもありません。

それに、任意整理に応じなかった場合、いずれにしても返済が難しい状況ですから、より効力の強い『個人再生』や『自己破産』をされてしまう事にも繋がります。

個人再生をされた場合は、基本的に5分の1しか債権が回収できないことになり、

自己破産をされた場合は、それ以下の回収になってしまいます。

つまり、

任意整理に応じる⇒利息がカットされ利益は無くなるが、元金を回収できる

任意整理に応じない⇒個人再生や自己破産をされ、債権をほとんど回収できない可能性がある

このような事情があり、督促を無視し続けた場合や、あまり良くない対応をしてきた場合でも、任意整理には応じてもらえます。

『債権が減額になる』という部分で、債権者にとって任意整理は嫌な事のように思われがちですが、実際には、債権者にとっても悪い話ではないということです。

例外的なケース

ちなみに、ごく稀なケースですが、既に貸金業を廃業している場合で債権の回収のみを進めている業者は、任意整理には応じずに一括での支払いを求めてくる場合があります。恐らく、こちらのケースには該当しないかと思いますが…。

また、任意整理の交渉開始3ヶ月ほどで裁判を起こす業者もあります。
裁判になった場合も、最終的には裁判上の和解が成立しますが、その場合は、将来分の利息はカットされるものの経過分のカットがされないうえ、法的効力を持つ和解調書となるので、その後の返済が滞ると差し押さえされる可能性があります。

裁判を起こす業者は、限られていますし、弁護士はそれを把握していますので、裁判にしたくない場合は、弁護士と相談しながら柔軟に交渉する必要があります。

督促を無視した事で任意整理後の返済が多くなるケースも…

督促を無視したという事が、任意整理の交渉に応じない理由にはなりません。

しかし、その一方で督促を無視し続けた事で任意整理後の返済が多くなってしまう可能性は考えられます。

返済が滞った場合、『返済していない分、利息を多く支払うことになる』というイメージを持っているかと思いますが、実際には、通常の利息より高額な遅延損害金が上乗せされてしまいます。

遅延損害金はその名の通り、遅延した場合に発生する損害金で、滞る期間が長いほど、そして金額が大きいほど多額になります。
そのため、督促を無視し続けた場合は、その遅延損害金がバカにならない金額になっていることが少なくありません。

そして、任意整理では、多くの場合、将来分の利息だけでなく将来分の遅延損害金もカットされることになりますが、経過分の遅延損害金に関してはカットされないケースが多くなっています。

つまり、督促を無視し続けたことにより、任意整理後の返済額が増えてしまう可能性があるということです。

仮に、「元金のみの返済なら可能だけど、遅延損害金までは払えない」という場合は、個人再生や自己破産を検討することにも繋がるでしょう。

個人再生や自己破産は、任意整理に比べて利用者のデメリットも大きくなるのであまり手軽に利用できる方法とはなりません。
任意整理と個人再生の比較
任意整理と自己破産の比較

返済が難しくなった地点で任意整理を選択できれば任意整理で済んでいたものが、督促を無視し続けた事で、返済額が大きくなり、結果として自分を追い詰めてしまうかもしれないのです。

督促を無視した期間が長い場合は、返済が必要なくなる事も…?

督促を無理し続けた期間はどの程度でしょうか?

実は、借金には『時効』というものがあり、一定の期間を過ぎている借金は返済の必要がなくなる可能性があります。

消費者金融や銀行など一般的な借金の時効は5年。
つまり、督促や取り立てを無視し始めてから5年経過している場合は、借金の時効が成立している可能性があるのです。

時効が成立しているかどうかの確認は弁護士と相談の上で進めましょう。成立している場合は、時効の援用という手続きをすることになります。

ただし、基本的に、督促を無視し続ければ時効を狙えるというほど甘いものではありません。

債権者側も、時効までには、裁判を起こすなどの手段で債権の回収を試みますし、その場合は、返済していないという圧倒的に不利な立場なので勝ち目もありません。

最悪の場合は、財産の差し押さえ等をされてしまうでしょう。

時効は、任意整理の手続きと同時に確認しておきたい項目ですが、そこまで期待できるものでもありません。

督促が届いている場合は早めにプロへ相談を!

以上が、督促と任意整理の関係です。
督促を無視し続けたからといって任意整理に応じてもらえないという事はありませんので安心して下さい。

ただ、その一方で遅延損害金を増やし続けるのはとても危険です。

任意整理での解決が難しくなってしまうと、個人再生で自動車を手放す事になるかもしれませんし、自己破産で家やさまざまな財産を手放す事になるかもしれません。

借金問題は早めの対応が重要です。督促が届いているということは既に返済が困難な状況でしょう。

正直、迷っている段階ではありませんので、1日でも早く借金問題のプロである弁護士に相談するようにしましょう。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事