任意整理後の返済を前倒しで返済できる?方法と手順/意味はある?

任意整理後の返済を前倒しで返済できる?方法と手順/意味はある?

任意整理は、ほとんどのケースで将来分の利息がカットされるものの元金の返済を必要とします。

返済期間は、3〜5年。多くの場合、毎月数万円程度の返済が必要です。

このような仕組みのため、「お金に余裕が出てきたら、前倒しで返済可能なのか?」という事が疑問に浮かぶかもしれません。

結論としては、ほとんどのケースで前倒し返済が可能です。※できないケースもあります。後述で解説

今回は、前倒し返済の条件と、方法、メリットについて確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

前倒し返済ができる理由と条件

任意整理は、基本的に毎月返済可能な金額を弁護士に伝え、その金額をもとに債権者と交渉をして同意を得ます。

返済期間は、3〜5年となっており、5年以上で和解が成立する事はほとんどありません。
そのため、『5年以内で返済可能か』という部分が任意整理を利用できるかの分岐点になってきます。

しかし、5年という長い期間の中では、収入や支出が大きく変動し、時には『一括で支払えるほど貯金が増えた』『余裕がでてきたから少し前倒しして返済したい』という場面もでてくるはずです。

こういった場合には、前倒しで返済する事が可能。これを『任意整理の前倒し返済』や『前倒し返済』と言います。

多くの場合、一括で支払う事が可能ですし、部分的に前倒しして返済する事も可能です。

ただし、あくまでも『毎月〇〇円の返済をする』という和解書のもとで、月々の返済をしているので、一方的に残金を入金するようなことはできません。

「一括返済します」「部分的に前倒しします」という事を、債権者に伝えて、了承を得た上で支払う流れとなります。

貸金業者および金融業者は、金利による利益が収入源となるので前倒しでの一括返済を好みませんが、任意整理後は、ほとんどのケースで利息ゼロの状態での返済を受けているので、前倒し返済される事で債権者に不利益が発生する事はありません。
むしろ、債権を早めに回収できる事になるのでメリットしかないという事になります。

このような事情もあり、ほとんどの企業は、前倒し返済に応じる傾向にあります。

特に、一括での返済は好意的に受け入れてくれるでしょう。

ただし、債権者側が応じないのであれば、和解書通りの返済をするしかありません。
とはいっても、利息がゼロであれば前倒ししてもしなくても返済総額に変化はないので、返済用のお金には手を付けずに返済を継続していけば問題なく返済可能でしょう。

特に中途半端な部分的返済や、返済期間が終了間際の場合は、前倒しに応じてもらえず、和解書通りの返済を求められる事が多くなります。

前倒し返済する場合の方法・手順

前倒しの方法は2種類。

担当の弁護士に仲介してもらうか、自ら申し出るかです。

担当の弁護士に仲介してもらう

任意整理を担当した弁護士は、多くのケースで完済までの相談やフォローに応じてくれます。

これは、前倒し返済に関しても例外ではなく、前倒し返済をしたい旨を債権者側に伝える仲介役もしてくれる事が多くなっています。

前倒し返済は、交渉ではなく基本的に「来月の返済時に一括で返済したい」など、前倒し返済の旨を伝えるだけですので、さほど手間とはならないのです。

次で紹介する自分で申し出る方法より確実性が高いので、最初に検討したい方法です。

弁護士に受任してもらい任意整理をした場合は、債務者(借金をしている人)が自ら債権者(消費者金融など)と連絡をとる機会がなく、債権者との連絡は全て弁護士が担当します。

そのため、債権者と直接連絡をとっている弁護士が前倒し返済を伝えた方が話が通りやすくなります。

自ら前倒し返済を申し出る

弁護士を間に入れずに任意整理をした場合や、何かしらの理由で弁護士を間に入れたくない場合は、自ら申し出る事で前倒し返済の了承を得る事も可能です。

各金融機関や貸金業者は、任意整理に関する担当者を抱えていますので、電話で問い合わせてみましょう。詳細な連絡先が分からない場合は、お客様サポートなどでも構いません。

上手くいけば、その場で担当者に繋げてもらえますし、そうでない場合も、折り返しの連絡をもらえるはずです。

前述のように、基本的に前倒し返済で債権者側が不利益になる事はありませんので、ほとんどのケースで前倒し返済の了承を得られるはずです。

くれぐれも了承を得る前に、多額の入金はしないようにして下さい。混乱を招きますし、信用を得られなくなります。

具体的な前倒し返済の方法は、債権者側の指示に従うようにしましょう。

前倒し返済をする意味は?

通常の借金であれば、前倒しで返済するほど支払う利息が少なく済むので、前倒しの返済は金銭的メリットに繋がります。

しかし、任意整理に関しては、ほとんどのケースで任意整理後の利息がカットされるので前倒しの返済をしても和解書通りの返済をしても、返済総額には違いが出ません。

そのため、任意整理の前倒し返済には金銭的メリットがないという事になります。

しかし、返済期間が短くなる、もしくは前倒しで完済できることで、借金問題から早く解放されるメリットはけして小さいものではないでしょう。

ましてや、任意整理をした返済となると精神的にも負担になってしまうかもしれません。

返済してしまえば、返済できないリスクも無くなりますし、毎月返済に充てるお金の捻出を考える必要もなくなります。

借金問題から解放されるのは、任意整理をした時ではなく、全ての借金が返済し終わった時。前倒し返済のメリットはこういった部分にあります。

無理な前倒し返済は厳禁

任意整理の返済から早く解放されたいがために、無理をして前倒し返済をする人がいますが、それで生活が苦しくなるようでは、元も子もありません。

任意整理の前倒し返済は、あくまでも5年という長い期間の中で余裕資金ができた時のみにするべきことです。

前述にもあるように、前倒ししたところで返済総額が変わるわけではありません。無理をしてまでする事ではないのです。

くれぐれもこの点に重きを置いて検討するようにして下さい。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事