任意整理で一部の借金を整理したら他の借金に影響は?偏頗弁済とは

任意整理で一部の借金を整理したら他の借金に影響は?偏頗弁済とは

任意整理は、債権者(借金)を選択して利息や遅延損害金のカット、返済期間の見直しを交渉する手続きです。

そのため、都合の良い借金のみを整理して、『整理すると都合の悪い借金に関しては整理しない』という状態になります。

しかし、その一方で、『債権者平等の原則』という言葉があるのをご存知でしょうか?

債権者平等の原理とは、その言葉の通り、一部の債権者を優遇して返済したり、逆に一部の債権者だけ返済しないといった判断をしてはならないというものです。

もし、一部の債権者のみを優遇したりした場合、それは『偏頗弁済(へんぱべんさい)』となります。

任意整理は、偏頗弁済という事になってしまうのでしょうか?

また、一部の業者を任意整理した場合、他の借金にも何かしらのペナルティーがあるのでしょうか?

偏頗弁済とは、偏った返済をすること。
お世話になった会社Aには全額返済して、嫌な思いをさせられた会社Bには全く返済しないというのは不公平だからね。
債務整理においてはそれを認めないケースもあるんだ。
ただ、先に結論を言うと、任意整理は偏頗弁済にあたらないし、債権者平等の原則という前提も関係ない。
今回はその仕組みを確認してみよう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理は債務整理の中で最もメリットが少ない方法。だから…

任意整理の効力は、利息や遅延損害金のカットなど、返済総額が減る効果がありますが、その一方で、元金の減額がされるのはごく稀です。⇒例外的に元金を減らす方法も

消費者金融など高金利の借金は、これだけの効力でも充分な効果を得られる事がありますが、それでも、手続き後に一定の返済を続けなくてはなりません。

この効力は、債務整理の中で最も弱いものとなります。

確かに、債務整理は借金がチャラになるとか、すごい効果があるイメージだけど、任意整理はそこまで効力が強くないんだね。

そうなんだ。
借金がチャラになるのは自己破産で最も効力の強い方法だね。
一方、任意整理は効力が最も弱い方法。
でも、この違いが、偏頗弁済に大きな影響を与えることになるんだ。

債務整理に、いくつかの種類がある理由は、それぞれ、効力が異なるからです。

借金問題は、「借金がもう返済できないんだからチャラにしてくれればいいじゃん」というわけにはいきません。

そうすると、債権者の損失が大きくなりますし、手軽にそれを利用できるようでは誰もが自己破産をして借金をチャラにしてしまいます。

そこで、そういった事がないように制限をかけるのが、それぞれの債務整理に与えられたデメリットとなります。

例えば、借金がチャラになる自己破産は、住宅が処分される事になりますし、時価20万円以上の価値がある自動車や有価証券、返戻金のある生命保険は処分の対象です。

そして、それらを処分したお金は債権者に、債権の額に応じて平等に分配されます。

A社には恩があるから優先で返済したいといった事は一切認められません。

これがまさに、債権者平等の原則であり、偏頗弁済を認めない仕組みとなっているのです。

借金が無くなるのに、財産を抱えているのは矛盾してしまいますからね。当然の事ですが、自己破産は手軽に利用できるようなものではなく、経済的更生も困難になるほどのデメリットを受け入れなくてはならないのです。

任意整理は債権者平等の原則が当てはまらない方法?!

一方、任意整理に関しては、利息等がカットされるものの、元金の返済は必要とするなど、一定の返済義務は果たす手続き。

自己破産と比べると、比較対象にならないほど効力が弱い方法となります。

そして、効力の弱さはデメリットの少なさにも直結する事になります。

効力が弱いのにデメリットが大きくては誰も利用しませんからね。

債務整理は債務者の借金問題を改善する仕組み。借金の状況は人それぞれ異なるので、効力が弱いけど利用しやすい債務整理も用意されているのです。

まず第一に、任意整理は、債権者に直接交渉する方法で、裁判所は関与しません。

こういった仕組みのため、A社は任意整理をして、B社は任意整理をしないとしても、A社はB社にも借金がある事すら知りませんし、B社はA社が任意整理をされている事を把握していません。

債権者同士で連絡がまわる事もありませんので、「B社だけこれまで通り返済されるのはズルい」といった声があがる事もないのです。

裁判所が関わらない以上、自分で返済しているのとなんら状況は変わりません。

もっとシンプルに考えると、C社とD社に借金があって、C社だけ先に全額返済しても、それは借金をしている人の自由ですよね。

任意整理は、債権者に直接交渉している以上、こういった通常の返済となんら扱いが変わらないのです。

そのため、債権者平等の原則も当てはまりませんし、偏頗弁済も関係しません。

そして、それに対するペナルティーも一切ありません。

そう考えると、任意整理は普通の借金返済に近い気がしてきちゃうね。

確かに、交渉で返済方法を見直しているようなイメージになるね。
ただし、契約通りの返済はできなかった扱いになるから、自己破産と同じように信用情報には事故情報が残り、いわゆるブラックリストにはなってしまうよ。
でも、その期間も自己破産の最長10年に比べれば5年ほどで済むから、そういった面でもデメリットが少ない。
事故情報が残る期間の詳細

ある条件が揃うと偏頗弁済になってしまう事も!?

偏頗弁済は、自己破産など、効力の強い債務整理をした場合に問題になることですが、

任意整理の手続きを開始したものの、思うように交渉が進まずに返済ができそうにないので自己破産をする、という様な形で途中て手続き内容を変更するケースも少なくありません。

しかし、ここで問題になってくるのが、任意整理開始と同時に任意整理先への借金の返済が一旦ストップする事になるということです。⇒返済がストップする期間の詳細

仮に、消費者金融Aからの借金の任意整理交渉期間が半年で、最終的に和解にはせず自己破産に切り替えた場合。

消費者金融Aへの借金の返済は半年間止まっていた事になりますが、その他に借金があり、それらを任意整理していなかった場合には、それらの借金はその半年間の間にも返済をしていたことになります。

つまり、消費者金融Aのみ借金を半年間も返済していなかったということ。

こういった中で、最終的に自己破産を選択してしまうと、消費者金融Aとしては「うちだけ半年間全く返済されなかったのはおかしい」という考えになってしまうかもしれないのです。

ただし、任意整理の交渉をしても最終的に自己破産に至ってしまうというケースはけして少なくありません。

問題になるのは、それが意図的だったのか、という事ですが、多くの場合は、意図的とは判断されませんし、なにかしらのペナルティーになることもありません。

ただ、可能性として偏頗弁済に該当するかもしれない、という認識をもっておきましょう。

悪質性が高いと、自己破産の免責許可にも影響を与えてしまうかもしれません。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事