債務・任意整理後でもetcカードを作れる!審査なし簡単な方法

債務・任意整理後でもetcカードを作れる!審査なし簡単な方法

etcカードと言えば、クレジットカードのオプションとして付いてくるもの、というイメージが強いかと思いますし、実際、最も王道なetcカードの所有方法はこの方法になるでしょう。

しかし、債務整理をすると、新しいクレジットカードは作れませんし、これまで持っていたクレジットカードに関しても利用停止となります。
これは、返済が滞っていないクレジットカードに関しても同じです。

クレジットカードが利用停止になるタイミングを詳しく確認

債務整理をすると、信用情報には事故情報が残りブラックリスト状態となる。
その状態では借金の審査が基本的に通らないし、キャッシング機能があるクレジットカードについても作るのが難しいんだ。

このような状態になると、etcカードが持てないのでは??という事が不安になってしまいますね…。

仕事だけでなくプライベートでも高速道路を頻繁に使う人にとっては必需品となるはずです。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

クレジットカードを持つのは難しいけどetcカードを持つのは難しくない!

一般的に、etcカードはクレジットカードとセットになったものが使われていますが、実は、etcカード単体でも発行は可能ですし、この場合は、審査もなく債務整理後であっても発行可能。

それが『etcパーソナルカード』と呼ばれるものです。

聞き慣れない言葉かと思いますが、クレジットカードを持てない人や持ちたくない人など、やや訳ありの人が多く利用しているシステムで、作成時の職業記入項目には『無職』もありますので、年収に関係なく発行可能です。

というのも、保証金(以後、デポジット)を支払い、それ以下の金額を上限として利用できる仕組みとなっているため、未払いになるといったリスクが一切ないのです。

申し込みをしたら、指定したデポジットの支払い用紙が届くのでコンビニ等で支払う事で利用可能となります。

デポジットと利用限度額の関係

文章だけではイメージしづらいかと思いますので、実際に採用されているデポジットの金額と利用上限を全て確認してみましょう。

基本的な仕組みとしては、預けたデポジットの80%の金額が利用できる上限で、それを超えると利用できなくなります。

預けられる金額は選択可能で、最小で20,000円、最大で100,000円。なかなかの金額に感じますが、高速料金が高額である事を考えると仕方ありません。

デポジット 利用できる上限
20,000円 14,000円
40,000円 32,000円
60,000円 48,000円
80,000円 64,000円
100,000円 80,000円

デポジットが20,000円の時だけ少し特殊で、利用上限が70%となっていますが、それを超えた地点で自動で+20,000円、デポジットが引き落とされる仕組みとなっており、使い方によっては合計40,000円のデポジットを必要とします。
そして、その後は32,000円を超えると利用できなくなります。

40,000円〜100,000円は、全て80%が上限で、それを超えた地点で利用停止です。

また、デポジットはあくまでも未払い時の保証金となるため、通常時は、デポジットから使われるのではなく、銀行口座から引き落とされる事になります。

少しややこしいのですが、この仕組みなら未払いが発生する事がありませんので、例えブラックリストとなっている人でも利用できるというのが納得できますね。

頻繁に使う人でも最大8万円までの上限があれば十分なはずです。

ちなみに、引き落としが完了した時に限度額が復活しますので、毎月27日の引き落とし日で考えて計画的に使う必要があります。

また、etcマイレージサービスにも登録できますので、お得さは、通常のetcカードと変わりません。

申し込み方法は?

申し込み用紙は、高速道路のパーキングエリアなどに置かれている事が多いのですが、取り寄せる事も可能です。

その場合は、ETCパーソナル事務局『044-870-7333』こちらに電話をしてみて下さい。平日の9時~17時に受付をしています。

多くの場合は、電話から1週間以内には申し込み用紙が届き、必要事項を記入して返送します。

この記入時にはデポジットも指定する事になるので、ご自身の利用方法から必要な金額を考えておきましょう。

そして、再び1週間ほどで、コンビニの支払い用紙などが送られてきて、支払い後、カードの利用が可能となります。

合計でかかる期間は2週間ほどを考えておきましょう。パーキングエリアで入手できる場合は1週間ほどでできるかもしれません。

ブラックリスト状態でも作れるクレジットカードがある?!

『ブラックリスト=借金が禁止される』という事ではなく、あくまでも審査に不利で通りづらいという事です。

そのため、クレジットカードについても審査に通る可能性が少ないながらもあります。

そこでお勧めしたいのが『アメックスカード』です。

アメックスカードはブラックリスト状態でも審査に通る可能性があるカードとして有名で、実際、関係者に確認したところ、肯定こそしなかったものの、否定もしませんでした。
事故情報があっても審査に通る事もあるという事でしょう。

そして、アメックスカードにもetcカードがありますので、カードの審査に通ればetcカードの所有も可能です。

etcパーソナルカードは魅力的な仕組みですが、やはり利便性はクレジットカードに劣ります。

審査に通る可能性があるというだけで、通らない事も多いのですが、試してみる価値があるでしょう。

任意整理・個人再生・自己破産、それぞれのブラックリスト期間を確認

信用情報の事故情報は、一生残るものではなく一定期間で消えて、その後は従来通りの審査がされるようになります。

まず、最も効力の弱い債務整理である任意整理で事故情報が残る期間は、任意整理の手続き開始後(弁護士の受任通知が債権者に届いたタイミング)5年間。

任意整理は一定の返済を必要とするなど、最低限の責任を果たすことから、他の債務整理より短い期間となっています。

ただし、任意整理前に長期間滞納をしていた場合や、任意整理後の返済が長期間滞った場合などは、返済完了から5年間になることもあるんだ。
任意整理を利用している人は、詳しく確認してみよう。
任意整理後のブラックリスト期間の詳細

そして、個人再生や自己破産をした場合は、最長で10年間となります。

ご自身が債務整理をしてからどの程度の時間が経過しているでしょうか?

特に任意整理に関しては、返済が終了時にはブラックリスト状態から開放されている可能性もあります。

もし、ブラックリストでないのなら、問題なくクレジットカードを作れますので、etcカードの入手も簡単です。

まとめ

ブラックリスト状態であってもetcカードを持つことは可能。

保証金(デポジット)などやや手間とお金を必要としますが、それでも、債務整理した事を家族にバレないためなど、パーソナルカードをブラックリスト期間中に利用する人は少なくありません。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事