任意整理後の返済が終わったら通知がくる?完済証明書はどこに届く?

任意整理後の返済が終わったら通知がくる?完済証明書はどこに届く?

任意整理は、利息や遅延損害金がカットされるものの、残りの借金は全て返済する必要があります。

その返済期間は、基本的に3〜5年となりますが、この返済期間が終了し、無事完済した場合には通知が届くものなのでしょうか?

先に結論を言うと、基本的にはなにかしらの通知が届くことが多くなっています。

代表的なものは、『完済証明書』もしくは『契約書原本』。

今回は、この仕組みと注意点について確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理は一つの契約、その契約終了時にはその通知が届くことが多い

任意整理は、債務整理の一つの手段ではありますが、他の債務整理と異なり、裁判所を通さずに債権者に直接交渉する事になります(多くの場合は弁護士を代理人とする)。

そして、交渉では、冒頭で説明したような利息や遅延損害金のカットについて話し合われ、返済期間についても改めて3〜5年で取り決めがされます。

そのため、イメージとしては、債務整理というよりは、同じ企業を相手に借り換えローンを組むような形です。

実際、信用情報機関も任意整理を債務整理とするかは判断が分かれていて、3つある信用情報機関のうち、1つだけしか事故情報として記録していないんだ。
ただ、事故情報は3つの信用情報機関で共有されてしまうから結局ブラックリストになる事には変わりがないんだけど。

そして、改めて取り決めがされた契約(任意整理)が、無事返済されて終了した時には『完済証明書』を送る手続きをする債権者が少なくありません。

企業にとっては、任意整理によって新たに結ばれた契約が無事終了しましたという証明として送る意味合いがありますし(当社とあなたの関係は修了です、といった意味合いが強い)、任意整理をした側としても、当該返済先に対して、もう借金が一切ないという事の証明になります。

また、完済証明書ではなく、契約書の原本を送ってくる場合もあります。

これは、借金をする当初つくられた金銭消費貸借契約書で、消費者金融などはこういった契約書を作成してお金を貸している事が多いので、契約書の原本で返済終了を知らせてくる可能性が高くなります。

一方、クレジットカードなどはこういった契約書がないので、完済証明書を送ってくる可能性が高くなります。

また、これらの返済終了時に送られてくる書類は必ずあるとは限りません。
送られてこないケースもありますが、返済が修了すれば請求もされませんので、不安になるかもしれませんが、そのまま特に連絡等をする必要はありません。

ちなみに、同じく返済を必要とする個人再生(債務整理の種類)では、基本的にこういった通知は届かない仕組みとなっています。

法律事務所?自宅?完済証明書が送られてくる場所

完済証明書や契約書の原本が送られてくる場所は、自宅である事が多いのですが、法律事務所に送られてくる事もあり、判断は債権者次第です。

法律事務所によっては、和解後の返済を代行するサービスをしている事があり、その場合は、債権者との結びつきも法律事務所の方が強いので、法律事務所に送られてくる可能性が高くなります。

複数の返済先がある場合などは、返済を忘れないように、『月々の返済総額を毎月、法律事務所に払い、それぞれの債権者への支払いは法律事務所が行う』という形をとる事もあるんだ。
有料のサービスになっている事が多いけど、返済先が多い場合はとても便利な仕組みだよ。

送付先を指定をする事も可能

もし、自宅に届くのがまずい場合などは、債権者に事前に伝える事で、法律事務所宛てにしてもらうなど、融通を効かせる事も可能です。

ただし、無地の封筒に入れてもらったり、郵便局留めにしてもらうなど、あまり複雑なサービスまではしてもらえない事が多くなっています(無地の封筒が複雑かは微妙ですが)。

というのも、債権者としては、任意整理をされて契約通りの利益を得られなかったわけですから、債務者の状況を考慮に入れたサービスをするような義理もありません。

事前に伝えることで、手続きの代理をした法律事務所に郵送先を変更する程度の事はしてもらえますが、それ以上は基本的に難しいと考えておきましょう。

そして、法律事務所に届くように手配した場合も、届いた時に法律事務所に連絡をしてもらうなどの根回しをしておく必要があります。
もし、法律事務所の名前の入った封筒でその書類が送られてきたら、結局、家族にバレてしまう可能性があります。

法律事務所から送られてくる書類をバレずに受け取るには

返済終了とブラックリストの関係。返済終了後いつ新たなローンが組める?

任意整理をすると信用情報には事故情報が残り、ブラックリスト状態となってしまいますが、返済終了はブラックリストに影響を与えるのでしょうか?

この疑問に関しては、残念ながら返済は事故情報には何も影響を与えませんので、返済がされてもブラックリストの期間は短縮されません。仮に、任意整理開始直後に前倒し返済しても同じです。

任意整理のブラックリスト期間は、基本的に任意整理開始から5年間。ここでいう任意整理開始とは弁護士が受任通知を債権者に出したタイミングです(自分で任意整理した場合は、基本的に債権者に任意整理したい旨を伝えたタイミング)。

任意整理を事故情報として扱う信用情報機関はJICCのみ。事故情報を消すかどうかはJICCの規定で決まるもので債権者が関与する事ではありません。

そして、その規定が5年となるのです。

そのため、任意整理後の返済期間が5年の場合は、返済終了時には既にブラックリストではない可能性がありますし、返済期間が3年の場合でも、返済後のブラックリスト期間は基本的に2年ほどになります。

ただし、任意整理開始前に3ヶ月以上の滞納をしていた場合や、任意整理後の返済を3ヶ月以上滞納した場合は、任意整理とは別で事故情報が残っている可能性があります。

この場合は、最長で、返済終了からカウントして5年間事故情報が残るので、通常の任意整理よりずっと長い期間、新たな借金ができない状態となります。

事故情報が残る期間は、残念ながら、その後の返済を滞りなく行なっても影響を与えませんし、弁護士が交渉しても短縮される事はありません。

契約通りの返済ができなかった反動として、受け入れるしかないのが現状です。

とはいっても、5年や、それ以上の長期間の中では教育ローンなどさまざまな場面で借金を必要とするもの。
そこで、どうしても必要な場合は以下の方法を確認してみよう。もしかしたら借金ができるかもしれない。
ブラックリスト状態で借金をするには
ブラックリスト状態でクレジットカードを作るには

まとめ

任意整理の返済終了時には何かしらの書類が郵送されてくる事が多いです。

任意整理が終了した事を知らせるためのものですので、特に手続き等を必要とする書類ではありません。

基本的に、今後使う機会のない書類ですが、支払いを終えている証明でもありますので、一定期間は保管しておいた方がいいかもしれません。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事