兄弟が自己破産するとどうなるか。影響とデメリットは?

兄弟が自己破産するとどうなるか。影響とデメリットは?

身近な人が自己破産をすると、どういった影響がでてしまうのか心配になってしまいますね。

それが、兄弟や姉妹など親族の中でも身近な存在になると尚更心配かと思います。

多くの場合は、兄弟が自己破産をしても何かデメリットがある事はありませんが、同居の場合で、家が自己破産する兄弟のものだった場合などは家から出ていく必要があり影響も大きくなってしまいます。

また、破産者の連帯保証人になっている場合などは、その支払いを引き継ぐ必要があるため、この場合も影響が大きいかもしれません。

しかし、破産者の名義の家に住んでいない場合や連帯保証人になっていない場合は、ほとんど影響を受ける事もないでしょう。

兄弟とか身近な人が自己破産をすると確かに不安に感じてしまうね。生活が変わってしまうんじゃないかとか、借金を代わりに支払う必要があるのかとか。

確かに、自己破産のイメージは良くないし不安に感じる人も多いね。実際に、そういった相談で法律事務所に来る人もいるし。
でも、多くの場合は、そこまで影響がないかな。冒頭のように、同居で家の名義が破産者の場合や借金の連帯保証人になっている場合などは、影響も大きいという事にはなるんだけど。

自己破産をするとブラックリストになるけど、兄弟がブラックリストになった場合って、自分にも影響があるの?借金の審査に通りづらくなるとか…

それは無いよ。
ブラックリストは家族単位ではなく個人に対するものだから。それこそ、配偶者といった身近な人にも影響が無いから、兄弟には全く影響がないと考えていいかな。

自己破産の最大のデメリット、換価処分の仕組み

まず、大前提として、自己破産は家族単位ではなく個人単位で行うものです。
たとえ、身内が自己破産をしても、同居の家族、配偶者は破産経験者とはなりません。あくまでも、自己破産をするのは破産者本人のみとなります。

そのため、自己破産によるデメリットを被るのも基本的には破産者本人だけです。

自己破産の最大のデメリットは、借金が免責(借金がリセット)になる代わりに、多くの財産を手放す必要があるということ。
家や土地、20万円以上の価値がある車や20万円以上の預金や99万円以上の現金、その他、価値のある有価証券や保険などは処分されてしまいます。これを換価処分といいます。

これらで得られたお金が債権者に分配される仕組みです。

財産処分の仕組み、換価処分を詳しく確認

自己破産は個人に対するもののため、これらの換価処分も自己破産者の財産のみが対象です。

財産の区別方法として最も使われるのは名義が破産者のものとなっているか。

例えば、家や土地、車などは分かりやすく本人名義かどうかが分岐点とされる事が多いです。破産者の名義の場合は、処分されてしまうでしょう。

処分を免れるための名義変更は詐害行為に該当

預金や生命保険の区別の仕方は名義以外の部分が重視される事もあるので、本人名義でない場合も処分の対象となる可能性があります。

しかし、該当するのは配偶者や子供の名義の場合が多く兄弟という間柄なら、そこまで心配する必要もないでしょう。

心配な場合は保険が処分される仕組みを確認
預金に関しても処分される仕組みを詳しく確認

換価処分の影響を受けるとしたら同居の家や車が処分される場合

もし、兄弟と同居している場合で、破産する兄弟の名義の家に住んでいる場合、破産者以外に同居者がいる場合でも、処分の対象となり、任意売却や競売で家を手放す事になってしまいます。

当然、破産者以外の同居人も家をでなくてはなりません。

ちなみに直前に名義を移すといった事は詐害行為となりますので、名義を移す行為自体が無効となりますし、自己破産に失敗してしまうかもしれません。

家を手放す事は回避できないと考えて下さい。

また、車を破産者である兄弟から借りている場合、破産者の名義の車を共同で使っている場合なども、基本的に処分の対象となるため手放さなくてはなりません。

車に関しては、

  • 価値が20万円以上ある場合は換価処分
  • ローンが残っている場合は、ローン会社に引き上げられる(銀行でローンを組んでいる場合は引き上げにならない可能性が高いが、ローンを支払っている最中は20万円以上の価値が残っている可能性が高いため、いずれにしても換価処分になる場合が多い)

状況に応じて、これらの事情で手放す事になります。いずれにも該当しない場合は、残せる可能性が高いです。

連帯保証人になっている場合は、借金を引き継ぐ事になる

自己破産をすると破産者は借金の返済が免除されます。しかし、その借金に連帯保証人を立てていた場合は、その支払いは連帯保証人に移行する事になります。

兄弟間で連帯保証人になっているケースはけして少なくないため、この影響を受けるかもしれません。

債権者から連帯保証人への請求は基本的に一括での支払いを求められますが、支払いが難しい場合には、元々破産者が支払っていたものと同等の条件で分割を認めてもらえる事が多いです。支払いを逃れる事はできませんが、交渉してみましょう。

また、どうにも支払いが困難な金額の場合には、自己破産までいかなくても任意整理など比較的デメリットの少ない債務整理が有効になる事が多いです。

こちらの記事で詳しく違いを確認してみて下さい。

ブラックリストの影響を受ける事はない

自己破産をすると約10年間はブラックリストの状態となります。

ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報が残っている状態で、借金をする際の審査に使われる事になり、基本的に新たな借金はできなくなります。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社など、全てのお金を貸す企業は審査に信用情報機関のデータを活用します。
自己破産の記録は共有され把握されてしまうのです。

身内にブラックリストの人がいると、その影響を受けそうに感じますが、この点は安心して下さい。

信用情報は個人単位で管理されるため、兄弟どころか、配偶者であっても自己破産の記録は残りません。

もちろん、別居だけでなく同居の場合も同じです。

「家族がブラックリストだからクレジットカードを作れない」といった事を聞きますが、これは、未成年で親の情報が必要な場合か、独自のブラックリストに載っている可能性が高いでしょう。

独自のブラックリストとは、自己破産した時に債務先だった企業などが信用情報機関とは別で独自に管理しているものです。

「自己破産をして借金返済しなかったのに、その身内に貸す事はできない!」といったイメージです。

もし、これに該当する場合は、別の銀行や別のクレジットカード会社の審査を通す事で解決するでしょう。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

自己破産カテゴリの最新記事