自己破産ではギャンブルがバレる?虚偽・隠す方法・必要はあるのか

自己破産ではギャンブルがバレる?虚偽・隠す方法・必要はあるのか

ギャンブルを繰り返し借金が返済できなくなってしまったというケースはけして少なくないかと思います。

一定の返済が可能な場合には、

これらの方法が有効となりますが、『支払不可』となっている場合には借金が免責になる自己破産を検討しなくてはなりません。

免責…借金がなくなること(返済する必要がなくなる)

しかし、ここでネックになってくるのは、自己破産は債務整理の中で唯一、借金の理由で利用が認められなくなる可能性があるということ。

具体的には、

  • ギャンブルその他の射幸行為
  • 浪費

これらが免責不許可事由。

今回のテーマであるギャンブルに関しても免責不許可事由と破産法で明記されており、免責が認められないものとされます。

免責不許可事由一覧(借金の理由以外の項目も多い)

自己破産の効力は、100か0。免責が認められれば全ての借金がなくなりますし、認められなければ全て残ってしまいます。

ギャンブル以外の借金がある場合でも、ギャンブルが理由で全て残ってしまうかもしれないのです。

ギャンブルが理由で借金をしている人はすごく多そうだけど、自己破産が認められないんだね…。

破産法では免責不許可事由とされてしまうよ。でも、裁判官の判断で免責が認められるケースも多いから、免責が不許可になるとは限らない。

ギャンブルをしていた証拠なんて何処にもないから隠しても問題なさそうな気がするけど。わざわざ自己破産に不利な事を話さなくても。

確かに、隠そうとする人は非常に多い。自分に有利に進めたいのは当然の感情だからね。
でも、隠してもいい事はないかな…。不自然なお金の動きは追求されることになるし、一番怖いのは後々バレる事で、虚偽の報告をしていた場合には、それも免責不許可事由になってしまう。
正直、ギャンブルより虚偽の方が心象が悪いし、自己破産が認められないという可能性が高まってしまうかもしれない。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

ギャンブルを隠すのは難しい

自己破産をする場合、過去2年間のお金の動きを全て報告する必要があります。

【収入】

  • 給料
  • 副業による収入
  • 株等

【支出】

  • 家賃
  • 保険
  • 固定資産税
  • 光熱費
  • 駐車場代
  • 自動車関連の税
  • ガソリン代

どこからどの程度の収入があるのか、何にいくら程度使ったのかといった細かな部分まで報告する必要があり、ギャンブルを理由に借金をしていた場合には自然な支出で通すのは難しく、ギャンブル以外の事に使ったように見せかけても不自然な点があるとして必ず指摘を受ける事になるでしょう。

ちなみに、財産の調査は選任された管財人によって行われますが、管財人は弁護士で財産を調べるプロ。

本当に細かな部分まで確認される事になりますので、隠し通すのは困難です。

もちろん、通帳も提出する必要があります。

陳述書から指摘される事も多い

自己破産をする際には陳述書を提出しなくてはなりません。

陳述書とは、

  • お金を使った理由
  • なぜ借金に至ったのか
  • 経済的破産をした理由
  • どう反省し、自己破産後にどう生かすのか

といった内容をまとめたものです。

借金は収入以上に支出が多かったということですから、そこには必ず原因があります。ましてや、自己破産に至るほどの借金ですから「日常生活に必要だった」という理由が通る事はありません。

仮に、食費や衣類など生活必需品の購入に使ったと陳述書に記入しても、収入以上にお金を使った『浪費』とみなされ、これも立派な免責不許可事由。
ギャンブルとなんら変わらない印象となるでしょう。

ギャンブルがあくまでも借金の理由の一つでしかないなら、そこまで問題ない

ギャンブルを目的で借金をした場合でも、それだけを理由に高額なお金を借りるのは困難なはずです。

仮に、消費者金融から借りても総量規制により、全ての消費者金融を合わせても年収の3分の1までしか借りられません。

こういった仕組みから、自己破産に至る場合には、ギャンブル以外の借金が主な理由のケースも少なくないはずです。

浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと

破産法252条ではギャンブルが免責不許可事由とされる根拠を定めていますが、あくまでも、

  • 著しく財産を減少させたこと
  • 過大な債務を負担したこと

これらに該当する場合のみとしています。

以上のことから、ギャンブル以外の借金でも悩んでいる場合には、免責不許可事由にならない可能性も高く、そもそもギャンブルを隠そうとする理由もありません。

虚偽の説明も免責不許可事由

自己破産は、借金がゼロになるというとても特殊な効果を持っています。

時には、自己破産をした事で連鎖して他の人まで債務整理をする流れになるかもしれませんし、消費者金融やクレジットカードなど連帯保証人のいない借金はそのまま企業の損失となります。

そのため、国家機関である裁判所への申立が必要となりますし、手続きは非常に慎重に厳密に行われます。

こういった中で虚偽の報告をするのは当然NG行為。

  • 管財人への協力をしない
  • 裁判所への協力をしない
  • 虚偽の破産者名簿を提出

これらは全て免責不許可事由となっています。

しかも、これらの行為は悪質と判断される事が多く、心象はギャンブル以上に悪いものとなるでしょう。

後述でも解説しますが、免責が認められるには裁判官の心象がとても重要。

ギャンブルを隠すと、結局ギャンブルの借金と発覚するうえ、裁判官への心象は、当初から正直に報告していた場合より悪くなってしまうのです。

ギャンブルが借金の理由でも免責が認められるケースが多い

ギャンブルは免責不許可事由とされていますが、その一方で、裁判官の裁量で免責が認められるケースが少なくありません。

そもそも、ギャンブルや浪費で借金をしてしまう人が多いのですが、全てのケースで免責を認めないような事をしてしまうと、借金問題を抱えたまま生活する人だらけになり、それはそれで大きな問題になってしまいます。

また、自己破産は基本的に認める方針で運営されており、免責不許可事由に該当している場合でも、免責を認める方針の方が強く働く傾向にあります。

実際、免責が不許可になる確率は0.15%ほどと、ほぼゼロに近い状態です。

ギャンブルや浪費で借金をする人が多い事から考えると、ほとんどのケースで裁量免責が認められているという事が言えるでしょう。

不許可だけでなく取消しも含めた成功率

まとめ

以上のように、ギャンブルを隠すのは困難ですし、隠した事が発覚した場合にはかなり不利な状況となります。

また、ギャンブルが理由の借金でも裁量免責になる可能性が高く、そもそも隠すメリットがほとんどありません。

変に隠そうとするのではなく、正直に担当の弁護士に伝え、真っ当な方法で手続きを進めるようにしましょう。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

自己破産カテゴリの最新記事