自己破産は結婚前にするべき?破産後も結婚できる?反対されるケースも

自己破産は結婚前にするべき?破産後も結婚できる?反対されるケースも

借金が支払不可となっている場合、自己破産を検討する必要がありますが、結婚を考えている場合には、結婚前に自己破産をしておくべきなのでしょうか?

若い人で借金が返済できない場合にはこういった悩みを抱えているケースが少なくありません。

これに関しては明確な正解もないのですが、
相手側が認めるのであれば、借金を抱えたまま結婚をしても問題ないかと思いますが、いずれにしても支払不可の場合には自己破産を必要としますので、早めに自己破産をするに越したことはないかと思います。

自己破産では換価処分により財産を処分する事になるケースも少なくないので、結婚してからでは相手側に迷惑をかけてしまうかもしれません。

ちなみに、自己破産をしても結婚に制限がでる事は一切ありません。自己破産前の借金が返済できない状況でも可能ですし、手続き中でも可能。自己破産の免責確定直後でも結婚できます。

仕組み上、結婚に関する制限がないために、重要になってくるのは相手の気持ちや親族の意見となってくるでしょう。

自己破産は、法律で認められている借金を精算する手段ですが、やはりよく思われない事も多いです。特に相手側の親族は反対してしまうかもしれません。

しかし、その一方で、借金はリセットされ、1から出直せる状況でもあります。第三者の目線で考えると、ガチガチに借金を抱えたままで結婚をするよりは、自己破産を済ませてから結婚をした方が適切な状況です。

確かに、自己破産という響きは良くないし、先にしておくべきか悩むね…。

相手側の親族にはマイナスの印象を与えるし心配もされるかもしれないね。実際、自己破産を理由に結婚を反対されるというケースは少なくないし。
でも、かといって既に自己破産を必要としている中でそのまま結婚するわけにもいかないからね…。
自己破産をすると当分の間、新たな借金ができない状況になるけど、その一方で免責確定後は職業の制限とかはないから、普通の生活を取り戻す事は可能。
だから、住宅ローンが暫く組めないといった状況以外は、普通の生活ができるよ。
あとは、相手側の親族にそれを理解してもらう事が重要になってくるかな…。
ちなみに、婚姻届から自己破産の履歴がバレる事はないし、自己破産を親族に話さず結婚するという人も少なくないよ。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

借金がある状態でも、自己破産後でも結婚は可能

結婚は、両者の同意の上で成り立つもので「借金があるから結婚できない」「自己破産をしたから結婚できない」とお金が理由で制限を受ける事は一切ありません。

重要なのは、そういった状態でも相手側が認めるかどうか。

借金があっても相手が結婚してもいいという場合は借金があっても結婚可能ですし、自己破産をしていても相手が結婚してもいいという場合はそれも結婚可能です。

しかし、支払不可となっている場合には、そのまま結婚しても、いずれ自己破産を必要としてしまうでしょう。

そういった場合には、自己破産をしてから結婚をするべきかと思います。

というのも、自己破産をしなければ結婚をしても借金苦は続きますし、相手にも精神的負担をかけることになるでしょう。喧嘩や離婚の理由になってしまうかもしれません。

一方、自己破産を済ませておけば、免責が認められた以上、債権者側には請求する権利はありませんので、借金問題からは解放された状態となります。

新たな借金はできませんが、それでも一生続くわけではなく、最長でも10年間。

ブラックリスト期間を詳しく確認

その後は、何の制限もなく普通の生活ができます。

一度借金をした人は借金を繰り返してしまいがちですが、そういった事なく過ごせるのであれば、幸せな人生が送れるはずです。

自己破産のデメリットは、マイナスのイメージを持たれがちという部分でしょうか…、借金は一般的ですが、自己破産をする人はそこまで多くありません。知られていないという部分から、実情以上に相手を警戒させてしまう部分はあるかと思います。

結婚後の自己破産は換価処分の影響が大きい

自己破産には、同時廃止事件と管財事件の2種類がありますが、財産が一定以上ある場合には、換価処分のある管財事件が利用されます。

換価処分では、家や土地、99万円以上の現金や預金、20万円以上の価値がある車や保険、有価証券など、さまざまなものが処分の対象となります。

処分で得られたお金は、債権額に応じて債権者に平等に分配される仕組み。

換価処分を詳しく確認

借金がゼロになる手段のため、財産も極限まで処分される事になるのです。

そのため、結婚後に自己破産をすると、家族で共有している財産でもあなたの名義となっている場合には換価処分されてしまい、家族に迷惑をかけることになります。

逆に、自己破産を先に済ませておけば、その後、財産が増えても新得財産とされ、処分の影響を一切受けません。

こういった事情から財産がある場合で、自己破産がいずれにしても必要な場合には、独身の間に済ませておいた方がいいでしょう。

自己破産の精神的負担は非常に大きく、わざわざ配偶者に同じ思いをさせる必要はありません。

苗字が変われば借金ができるのか?

苗字が変わると、ブラックリストから解放され、新たな借金が出来るようになるという情報をネット上で見かける機会があります。

結婚でも、籍を入れる(婿養子の場合なども)事になるので、自己破産後に結婚をすると苗字が変わるかもしれません。

しかし、これでブラックリストから解放されることはほぼ100%無いと考えて下さい。

以前は現在ほど厳密な審査がされていなかった事もあり、苗字を変える事で新たな借金が出来ることもありましたが、現在は、情報がデータ化され確認漏れを起こす事はありません。

相手の親族から反対される事も多い。しかし…

結婚を考えている相手は、借金をしていた事情を理解し、自己破産の理解も得られるかもしれません。

しかし、相手側の親族は自己破産に対して警戒心を持ってしまうかもしれません。

実際、自己破産を理由に親族に反対をされるというケースは非常に多いとされています。

これに関しては理解を得られるまで説得を続けるというのが最善かと思いますが、そもそも自己破産した事を正直に話すべきかもやや疑問です。

自己破産は、借金が返済できなかった過去となるので、確かにイメージが悪いかもしれませんが、前科が残る犯罪行為を犯したわけではありません。

そのため、結婚する相手と相談し、親族にそこまで話すべきなのかという部分から考えてみて下さい。

自己破産の過去があっても相手の親族に迷惑をかける事はありませんので、後々バレる事もないでしょう。

ちなみに、結婚する相手にも内緒にするケースがありますが、こちらは、後々住宅ローンなど借金をする際に審査に通らないためバレてしまうかもしれません。

法律の観点では、結婚する相手に自己破産の過去を話さなくても問題ないのですが、ただ、長年連れ添うことを考えると伝えた上で信頼関係を築いた方がいいかと思います。

必ず自己破産になるとは限らない

借金の返済ができなくなると『自己破産』が真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、

案外、返済しきれないと考えていた借金でも、弁護士に相談すると自己破産ではなく、個人再生や任意整理を勧められる事が少なくありません。

個人再生や任意整理なら換価処分はありませんので、デメリットも少なく利用できますし、個人再生は元金も含めて最大10分の1まで借金を減らせるので十分有効になる可能性はあるでしょう。

個人再生の返済額

借金は残る事になりますが、自動車ローンや奨学金が残ったまま結婚をする人は少なくありませんので、今後返済できるのであればそこまで問題のある事ではないでしょう。

任意整理と個人再生の違い

任意整理と自己破産の違い

いずれにしても、借金が返済できない場合には1日でも早く弁護士に相談するべきです。遅延損害金等が増えてしまう前にできるだけ早い行動を心がけましょう。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

自己破産カテゴリの最新記事