自己破産はいつするべき?理想のタイミングは、借金〇〇円ではなく…

自己破産はいつするべき?理想のタイミングは、借金〇〇円ではなく…

借金が返済できない場合の最終手段として自己破産がありますが、どういった状況になったら自己破産するべきなのか、分からない部分があるかと思います。

真面目な人ほど最後まで返済しようと粘ってしまい精神的にも追い詰められてしまう傾向にありますので、自己破産のタイミングを知る事は非常に重要です。

自己破産は、借金が返済不可の場合に利用できる方法となりますので、タイミングはシンプルに「もう返済できない!」という状況になったとき。

おそらく、この記事を読んでいる人は返済ができない状況となっている場合も多いでしょう。もし、そういった状況なら、既に自己破産を検討していい段階です。

最も怖いのは自己破産のタイミングを逃し続けて追い詰められてしまうこと。そうなる前に早めに行動する事が重要です。

確かに、ほとんどの人が初めて自己破産をするわけだし、いつ自己破産をするべきなのか分からない部分があるよね…。

そうだね。法律事務所に相談にくる人の中には、かなり追い詰められた状況の人も多いし、もっと早い段階で自己破産した方が良かったのに…というケースも多い。

でも、法律事務所って敷居が高い気がするし、お金もかかるでしょ…

債務整理に関する相談なら、相談無料としている事務所も多いし、必ずしもお金がかかるとは限らないよ。いきなり、依頼する必要もないわけだし、まずは相談して自己破産について予備知識を入れておく事も重要かな。

自己破産をいつするべきか?適切なタイミングとは

自己破産の唯一の利用条件は、“返済不可(支払不可)”ということ。

いくらなら返済不可になるのか?など疑問に感じる部分もあるかと思いますが、どの程度で返済不可になるかは収入などによっても異なりますので、金額による基準は一切設けられていません。

金額で〇〇円以上から自己破産可能という基準はありませんので、極端な話10万円でも自己破産は可能ですし、逆に億を超える借金で自己破産に至るケースもあります。

ただ、現実的に10万円という金額で自己破産をするケースはほとんどないかもしれませんね。自己破産にもそれなりに費用と手間がかかりますので、メリットが少なすぎます。

いくらから自己破産が可能かについては過去の記事でもまとめていますが、

100万円の借金ではそこまで適切でない事が多く、200万円あたりから意味を成す事が多くなってくるイメージです。

少額の借金に対する自己破産のメリットは以下の記事で詳しく解説していますので確認してみて下さい。

100万円など少額の借金と自己破産

ただ、自己破産の利用基準が“返済不可”となっている以上、今現在、借金の返済が困難な状況である場合は、金額に関わらず、まずは法律事務所に相談してみる事をお勧めします。

まだまだ頑張って返済が可能だけど苦しい…。自己破産は適切?

借金で悩んでいる人の中には、「返済不可とまでは言えないけど、返済が苦しい」というケースも多いでしょう。

こういった状況なら、自己破産までしなくても、もっとデメリットの少ない方法での債務整理か、債務整理無しで借金問題を解決できるかもしれません。

自己破産以外の債務整理とは

具体的に自己破産以外の手段とは、任意整理や個人再生です。

任意整理は、利息や遅延損害金をカットして元金を返済(元金を3割ほど減額できる可能性もある)するという方法で、一定の返済をする代わりに、返済の苦しい借金のみを選んで整理できるなど自由度の高い方法です。財産の処分もありません。

自己破産は、知人や友人の借金も含めて帳消しとなりますし、財産も手放さなくてはなりませんので、この違いはとても大きいでしょう。

任意整理と自己破産の違いをさらに詳しく確認

次に、元金を含めて大幅に減額できる方法として個人再生があります。

任意整理と異なり借金を選ぶ事はできませんが(住宅ローンのみ除外可能)、財産の処分をする必要がなく自己破産よりダメージも少なく済むはずです。

任意整理と個人再生を比較

おまとめローンで解決するケースも

次に、お勧めの方法として、債務整理をせずに借金を1箇所にまとめるという手段が有効になる場合があります。

おまとめローンと呼ばれる方法ですが、消費者金融やクレジットカードなど高金利の借金を銀行からお金を借りて一括返済。低金利で1箇所に借金をまとめた状態を作り返済を続けるというものです。

過去の記事にも書いていますが、高金利の借金は金利だけでも数百万円の支払いになることもありますので大きな効果が得られるでしょう。

高金利の借金100万円の利息
高金利の借金200万円の利息
高金利の借金300万円の利息

いずれにしても早めの相談が重要

自己破産をいつするべきか悩んでいる状況でこの記事を読んでいる人が多いかと思いますが、そういった状況の場合は、既に何かしら行動した方がいい状況の可能性が高いかと思われます。

自己破産は全ての借金が帳消しになるという圧倒的な効力を持っていますが、ブラックリストの期間も長引きますし、財産を手放さなくてはなりません

財産も残っておらずブラックリストも問題ないという方には、自己破産の方がいいかもしれませんが、そうでない場合は、早めの行動で自己破産以外の方法も模索するようにしましょう。

ちなみにここで言う行動とは、債務整理を検討するのであれば法律事務所に。おまとめローンを検討するのであれば銀行などおまとめローンを提供している場所が理想でしょう。

おまとめローンに関しては、『銀行名 おまとめローン』で検索すると利用可能か分かるはずです。
もちろん、新たな借金となりますので、既に何ヶ月も返済が滞った状況でブラックリストになっている場合は利用できませんし、勤続年数や収入なども審査条件になります。
基準は銀行により異なりますので、その点は実際に相談して確認してみましょう。

法律事務所への相談に関しては、相談無料の場所を探してみましょう。

以下の返済シミュレーションでは債務整理に力を入れている法律事務所とコンタクトが取れますのでメールや電話で料金について確認してみるのが有効になってくるかと思います。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

自己破産カテゴリの最新記事