個人再生で滞納家賃・水道光熱費はどうなる?アパートを追い出される?

個人再生で滞納家賃・水道光熱費はどうなる?アパートを追い出される?

個人再生をすると基本的に住宅ローン以外の全ての借金が整理の対象に含まれるというイメージがあるかと思いますが、家賃や水道光熱費を滞納している場合にはどうなってしまうのか。

仮に、整理の対象になってしまう場合には、家賃滞納でアパート(賃貸)を追い出され、水道光熱費の滞納でライフラインを止められてしまうのでしょうか?

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

個人再生における水道光熱費の扱い

個人再生をしたらライフラインがどうなってしまうのか、非常に気になる部分かと思いますが、個人再生をしても水道・電気・ガスなどの供給が止まる事はありませんので安心して下さい。

ですが、これまでの支払い状況によって若干違いがあるので注意が必要です。

個人再生前に滞納がなかった場合とあった場合、両方確認してみましょう。

水道光熱費の滞納がない場合

個人再生では債権者平等の原則が働くから、特定のものだけを優先して支払うのは認められないってルールがあったよね?
ってことは、個人再生後に家賃や水道光熱費を優先して支払うのは認められないの?

共益債権に該当する場合には優先的に支払う事が認められるんだけど、家賃・水道光熱費もそれに該当するから支払いをこれまで通り続ける事が可能だよ。
共益債権とは、全ての債権者にとってメリットのある債権のこと。賃貸に住み続ける環境がないと仕事も難しくなるし、そうなると個人再生後の返済も難しくなる。
だから家賃・水道光熱費は共益債権とされているんだ。

水道光熱費に関しては、共有債権とされており、個人再生を理由に供給を停止することが禁止されています。

そのため、個人再生を理由に業者側が供給を止める事はありませんし、他の債権者の判断で水道等が止められる事もありません。

よって、従来通りの利用が可能となりますし、従来通り水道光熱費を支払う事が可能となります。

個人再生前に滞納をしていた場合

個人再生前に滞納している場合はさすがに止められるんじゃ…

いや、そんな事はないよ。
生活に必要なものは法律で保護される仕組みが作られているから、個人再生をしたからといって水道・電気・ガスの供給が止められる事はない。
ただし、手厚く保護されていても、既に滞納した分も含め支払いは必要になってくる。

個人再生を開始した場合には、それまでの水道光熱費の滞納を理由にそれらの供給を止める事が禁止されています。

これは水道・電気・ガスなどが断続的給付を目的とする双務契約に該当するからで民事再生法50条の定めにより、これらを供給する企業の判断で止める事はできないようになっています。

そのため、少なくとも個人再生開始以降の水道光熱費の支払いができれば水道・電気・ガスの供給はされ続けることになります。

既に滞納した分の水道光熱費は減額の対象外

個人再生前に水道光熱費を滞納していた場合、それらの債務はどういった扱いになるのか?

まず、水道光熱費の直近6ヶ月分は『先取特権』に該当します。

先取特権とは、他の債権者より優先して弁済を受けられる債権

個人再生の影響を受ける債権は再生債権と呼ばれますが、先取特権に該当する場合には個人再生の影響を一切受けないことになります。

よって、個人再生開始後でも優先して滞納分の水道光熱費の支払いが可能となりますし、それが債権者平等の原則に反する事もありません。

ただし、その一方で個人再生の影響を受けないため再生計画が決定しても滞納した分の水道光熱費は減額されないので、水道光熱費は滞納した分も含めて全額支払う必要があるという事になります。

ちなみに、個人再生開始と同時に債権者からの取り立てが止まり、個人再生が認可されるまでの半年ほどは再生債権の返済をせずに済みます。

これだけ返済せずに済む期間があれば、滞納した水道光熱費を捻出することは十分可能ではないでしょうか?

多くの人がこの再生債権の返済を必要としない期間で滞納した分の水道光熱費を支払っています。

個人再生における滞納家賃の扱い

まず、家賃の滞納がない場合には、個人再生開始後も、共益債権とされるので支払い続ける事が可能となりますし、そのまま住み続けて問題ありません。

ですが、家賃の滞納がある場合には、水道光熱費と扱いが全く異なるので注意が必要です。

個人再生前に家賃の滞納がある場合は追い出される事も…

家賃の滞納がある場合には一見、水道光熱費と同じように断続的給付として、個人再生後も住み続ける事が可能なようにも感じますが、残念ながらそれには該当せず、法律で守られる仕組みとはなっていません。

なにより、それを認めてしまえば、家賃によって生計を立てている大家さんに多大な迷惑を掛けてしまう可能性もありますし、水道光熱費とは性質が異なっています。

また、滞納した家賃があるまま個人再生をすると、先取特権には該当せず再生債権として整理の対象となってしまいます。

つまり、個人再生によって滞納していた家賃は大幅に減額されてしまう可能性があるのです。そういった状況になると、当然、契約違反という事になり、大家さんは契約解除に踏み切ることになるでしょう。

家賃の滞納をしている中で個人再生をするのはアパートを出る事に繋がる可能性があるのです。

ちなみに、再生債権として扱われる以上、債権者平等の原則に基づき滞納家賃だけを優先して弁済する事も認められません。

滞納家賃を支払えなくなる上、個人再生の対象から外す事も認められないんだね。となると、アパートから出ていく必要があるってことか…。

確かに、家賃を滞納している場合には八方塞がりのような状態になってしまうね。
でも、例外的に住み続ける方法もあるから確認してみよう。人によってはこの方法でそのまま住み続ける事が可能になる場合もあるよ。

知人や親族に支払ってもらう

個人再生開始後(弁護士に委任後なら開始前も)に滞納家賃のみを優先して支払うのは偏頗弁済に該当し債権者平等の原則に反してしまいます。

これは、限られている資産を優先して自分に有利になるように使ったからで、使った分は清算価値に含まれる事になり、個人再生後の返済額が増えてしまいます(悪質な場合は個人再生が認められないことも)。

ですが、これはあくまでも、自分の資産を減らして返済をしているのが問題であって、知人や親族に頼って返済する場合には偏頗弁済とはなりません。

そして、家賃が支払われた場合には、契約違反もなくなりますので、大家さん側から賃貸契約を打ち切られる事もなくなるでしょう。

まずは、弁護士に相談を

水道光熱費や家賃の問題は生活に関わる非常に重要な問題。最適な解決をするには、借金問題のプロである弁護士に相談するのが間違いありません。

仮に、まだ個人再生を考えていなかったとしても、家賃や水道光熱費の問題は早めに行動しておいた方がいいでしょう。偏頗弁済の問題も関係なく片付けられる可能性も十分あるはずです。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

個人再生カテゴリの最新記事