任意整理で生命保険を解約する例としない例。新規加入契約への影響は

任意整理で生命保険を解約する例としない例。新規加入契約への影響は

任意整理は、基本的に利息や遅延損害金をカットして元金を3〜5年で返済する方法です。

元金の返済をするので一定の責任を果たしますが、それでも契約通りの返済ができなかった事には変わりがないので、債務整理をした扱いとなり、少なからずデメリットを被るのも致し方無いこととなります。

そして、今回のテーマは、任意整理をすると返戻金のある生命保険は解約をして元金の返済に充てなくてはいけないのか?ということ。

返戻金のある生命保険は、ある種の貯金のような存在。「お金があるのに利息や遅延損害金をカットできるのか?」という疑問が浮かぶのは自然な流れですね。

先に結論を言うと、任意整理をしても返戻金のある生命保険は解約する必要がありません。

ただ、あなた自身の判断で生命保険を解約する事になる可能性は十分考えられますので、詳しく確認しておきましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理に財産の換価処分は存在しない

債務整理と一言で言っても、様々な種類があり、
その中でも最も効力の大きい自己破産に関しては、全ての借金が無くなる代わりに、所有している財産が処分され、それで得られたお金が債権者に分配される事になります。

具体的な財産は、現金や貯金、車、有価証券、返戻金のある生命保険など。
目安となるのは、時価20万円以上となるものですが、多くの場合、返戻金のある生命保険は20万円以上になるかと思いますので、生命保険も解約することになります。

これは、換価処分と呼ばれるものですが、この換価処分が行われるのは、自己破産のみで、今回のテーマである任意整理では行われません。

極端な話、任意整理をしようとしている借金が、貯金で一括払いできる金額であったとしても、影響を与える事がありませんし、
債権者側が通帳や生命保険を詳しく調べる事もありません(できません)ので、そもそも、それらの財産を持っている事すら把握されません。

以上のような理由から、任意整理で返戻金のある生命保険を解約させられる事はありません。任意整理は、所有している財産が関係しない債務整理となるのです。

任意整理は、債務整理の中で唯一、裁判所を通さずに直接債権者に交渉する方法なんだ。
裁判所を通すと持っている財産を全て把握されてしまうけど、直接交渉の任意整理では、個人の財産を把握する事ができない。もちろん、自らどの程度の財産を持っているのか話す必要もない。
そのため、財産を持っているから任意整理が成立しないという事はないんだ。
それに、債権者としても、重要なのは貸したお金が元金だけでも返済される事だからね。
債権者側の発想は、『貸したお金をそのまま返してもらって、関係を終わらせましょう』こういったイメージが近いかな。もちろん、任意整理した企業からは、今後お金を借りられないからね。

ただし、生命保険を解約する人も少なくない

任意整理が影響して生命保険など財産を処分されるという事はありませんが、
任意整理後の返済のために生命保険を解約して充填するという人は少なくありません。

冒頭でも触れましたが、任意整理は、基本的に利息や遅延損害金がカットされるものの、元金の返済を必要とするため、生活に余裕がない人が任意整理を利用する時は、給料など以外からなんとかお金を捻出せざるを得ない事もあります。

住んでいる住宅や土地など、他にも財産があるかもしれませんが、それらを手放すという判断はなかなかできませんし、そういった財産の中では、生命保険は比較的手放しやすい存在となるのです。

本来、給料などから余裕を持って返済できるスケジュールに見直すのが任意整理の目的となりますので、返済に無理が生じる場合はより効力の強い債務整理を選択するべきなのですが、
しかし、任意整理以上の効力を持つ債務整理を利用すると、持っている財産を意図せず失う事になってしまいますので、それを避けたいと考えるケースも少なくありません(住宅や車など)。

そのような場合、多少無理のある返済でも任意整理を成立させて、その返済に生命保険の返戻金を充てることもあるのです。

元金がどの程度なのか把握しておこう!金額によっては生命保険を解約する事にも

任意整理は、基本的に元金を3〜5年で返済する方法となるので、手続き前であってもおおよその返済額を予想可能です。

任意整理を予定している債務先の明細書などから元金が把握できるはずですので、その金額を3〜5年(月払い)で計算(元金÷36〜元金÷60)してみて下さい。

もちろん、その数字通りにはなりませんが、おおよその金額は把握できるはずです。

企業によっては、任意整理後の利息を数%程度請求してくる場合もあるし、遅延損害金が全てカット出来ない場合もある。
それでも、消費者金融などの借金は元々の金利が高いから、十分な効果が得られる事が多いけどね。
ただ、全てカットされるとは限らないという事も把握しておこう。

返済期間が3〜5年とバラつきがあるのは、債権者との交渉によって変わってくるからです。
原則として3〜5年の間ですが、返済期間を3年しか認めてくれない企業もあれば、比較的5年を認めてくれる企業もあります。
また、交渉次第で、3年しか認めないとしていた企業が4年を認めてくれる場合もあります。

こればかりは、和解が成立するまで分からないので、弁護士に委ねて気長に待つしかありません。

ただ、それでも元金から計算した返済額で、給料から返済可能なのかどうかを予想する事は可能なはずです。

もし、利息等のカットをしても、給料からの返済が難しい場合は、生命保険の解約も検討する事になるかもしれません。

ただし、任意整理後の返済はそこまで大きな金額になることはありませんので、アルバイト等をしてプラスαのお金を稼ぎ返済する人も少なくありません。

生命保険の解約を避けたい場合は検討してみましょう。

「利息がカットされる程度ではあまり効果がないのでは?」という疑問が浮かぶかもしれないけど、消費者金融など高金利での借金はそれだけでも十分な効果を得られる事が多いんだ。
例としてこれらを確認してみよう。
100万円の借金と利息
200万円の借金と利息
300万円の借金と利息

任意整理後も生命保険に加入可能

任意整理をすると、信用情報には事故情報が残り、いわゆるブラックリスト状態となります。

これは、『契約通りの借金返済ができなかった』という履歴のようなもので、いかなる借金の手段でも、審査の際にはこの情報が確認され、基本的に借金ができない状態となります。

元金を返済するとはいえ、利息で商売が成り立つ相手に利息を支払わない任意整理は、審査でかなりのマイナスポイント。
ただし、効力が一番弱い方法でもあるから、事故情報が残る期間は5年で最も短くなっているんだ。ちなみに、他の債務整理は最長で10年になることもある。
事故情報が消えた後は従来通りローンが組めるようになるよ。

では、生命保険の新規契約はどうなってしまうのでしょうか?

生命保険に関しては、自分や家族の備えとしてお金を支払って契約するものとなるので、借金とは全く性質が異なります。

そのため、任意整理後、ブラックリスト状態でも生命保険に加入する事は可能です。

生命保険の審査は、信用情報を確認する事ではなく、過去の入院歴や持病の有無など。保険会社が用意している項目を満たしているのであれば、保険会社には加入を断る理由がありません。

そもそも、返戻金のある生命保険でも、一定の期間内で解約された場合には、返戻率が100%を切り、支払った金額より少ない金額が返ってきますし、保険会社の損失は発生しないようになっています。

一方、お金を貸す商売の場合は、返済されないと大きな損失ですね。

保険と借金は性質が異なるので、借金で過去にトラブルがあっても保険の新規契約に影響を与える事はありません。

最後に

以上のような理由で、任意整理をする際には、基本的に生命保険の心配をする必要はありません。

もし、生命保険の契約を気にして任意整理を後回しにしていたようでしたら、1日でも早く弁護士に相談するようにしましょう。

後回しにすることで、借金が膨らみ、結果として、生命保険を解約する事になるかもしれません。
債務整理が実際に必要かは分かりませんが、相談だけでもしてみましょう。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事