任意整理後に結婚すると婚約者にバレる?影響・デメリットは?

任意整理後に結婚すると婚約者にバレる?影響・デメリットは?

任意整理は、利息や遅延損害金をカットしたうえで、残額を3〜5年で返済する方法で、債務整理の中では最も効力の弱い手段です。

ただし、効力が弱い分、デメリットが少なく済み、債務整理をする人の9割が任意整理を選択するともされます。

最も効力の強い自己破産をする人は年間10万人ほど居るのに対して、任意整理をする人は200万人を超えるともされているんだ。
ただし、任意整理は裁判所を通さないから正確な統計は存在しないんだけどね。

さて、そんな手軽に利用できるとされる任意整理ですが、契約通りに借金が返済できなかった状況などには変わりがなく、ブラックリスト状態になってしまうなど、様々なデメリットも生じてしまいます。

今回は、そういった中で、結婚をする場合にどういった影響が生じるのか?という部分を確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

任意整理で結婚に制限が出る事はありません

これは、任意整理に限った話しではなく、全ての債務整理に言える事ですが、借金と結婚は別の問題となるので、債務整理をしたという事実だけで結婚に影響を与える事はありません。

結婚をする際には、婚姻届を出す事になりますが、婚姻届には、債務整理に関する項目はもちろんのこと、借金の有無に関する項目も一切ありません。

役所に届け出る際にも書類の不備(未記入の箇所など)が無ければ債務整理をしていても受理されますし、そもそも役所では過去に債務整理をした履歴を確認する事もできませんので安心して下さい。

ただし、「婚約者にバレたくない…」と考えている場合は、婚姻届という結婚の手続きとは別の問題が生じるので以下の項目についても確認しておきましょう。

任意整理をした事はバレる?また、バレないようにするには

「任意整理を隠し通したい…」と考えている人も少なくないかと思います。婚約者に心配かけたくないと考えるのは当然のことですね。

そして、その点も、安心して下さい。
任意整理は、債務整理の中では比較的隠し通しやすい方法ですし、例え、結婚した状態でも配偶者に隠したまま手続きを済ませる人もいます。

まず、保険証や免許証、住民票、戸籍などには、債務整理をしたという事が記載される事はありませんし、債務整理をしていない人と全く同じ状態となります。ですので、こういった点から任意整理が発覚する事はありません。

バレるとすれば、

  • 用途の分からないお金の支出がある
  • ブラックリスト状態となっている
  • 親や兄弟から伝えられる

これらのいずれかになるかと思います。

用途の分からない支出がある

任意整理は、利息や遅延損害金がカットされるものの、利息制限法を超える金利を支払っていたなど特殊な状況でない限りは元金の減額はありませんので、整理後にはある程度、大きな金額を毎月返済する事になります。

そのため、結婚後、家計を共にするのであれば、隠しきれずに発覚してしまうかもしれません。

もちろん、最終的には自分で任意整理をした事を明かしてバレる事になりますが、変な疑いを持たれるよりは、という判断が働くのは普通のことでしょう。

これを回避するには、婚約者に内緒の口座などを作っておき、そこから支払うなどの方法が有効になってくるかと思います。

ただ、任意整理後となると、そういった口座を作りお金を入れておくのは金銭的に無理が生じてしまうかもしれません。そもそも、それだけのお金があれば前倒し返済も可能ですからね。

それが難しいようであれば、暫くは家計を共にしないなど、別の手段を考えなくてはなりません。

もし、前倒しで任意整理後の返済ができるようなら、前倒し返済をして結婚後の支払いを無くしておこう。
任意整理後の返済を前倒しで返済する方法

ブラックリスト状態からバレる可能性も

任意整理後は、信用情報に事故情報が残り、いわゆるブラックリスト状態となります。

そのため、基本的には新たな借金をする事ができません。

結婚後は、住宅ローンやカーローンなど、生活に必要な借金をする機会も少なくないかと思いますので、そういった審査に落ちてしまう事で、ブラックリスト状態がバレてしまい、その結果、任意整理が発覚する事も…。

こちらの問題に関しては、契約通りの返済ができなかった履歴のようなものなので、弁護士の介入などでもどうすることもできないのですが、それでもブラックリストは決まった期間のみとなるので、晴れてブラックリストから解放されるまで待つことになります。

任意整理のブラックリスト期間は、基本的には任意整理開始(弁護士の受任通知が債権者に届いたタイミング)から5年間。
ただし、任意整理前もしくは任意整理後の滞納が長期間に渡るものだった場合は、返済終了から5年になる場合もあります。

さらに詳細なブラックリストの期間

信用情報機関では、今現在ブラックリスト状態となっているのか確認可能です。

確認の上でローンの審査を通すのが、最も発覚しにくい対策となりそうです。

ブラックリスト状態でローンを組むには

親や兄弟からバレる事も…

意外な盲点となるのが、親や兄弟などが任意整理を知っている場合。

本人と家族では任意整理に対する考え方が異なるので、何気ない会話で任意整理をした事を話されてしまうかもしれません。

もし、バレたくない場合は、念の為に口止めした方がいいでしょう。このケースから発覚する事は非常に多いとされます。

任意整理後に結婚。賃貸は借りられる・・?

結婚をすると、新たに賃貸アパートなどを借りて生活する事もあるかと思いますが、
賃貸を借りるのは、お金を借りるのと異なるので、基本的に影響を与える事がなく、通常通りに借りる事が可能です。

ただし、例外的にクレジットカード払いにする場合や、信託会社が間に入る場合は、いずれもお金を貸す事を業務としている企業となるので、信用情報を確認する事が可能で、それを理由に入居できない可能性が考えられます。

そういった不動産屋を避ける事で入居は可能ですので、そこまで問題にはなりませんが、事前にネットの情報などで調べておくと確実かもしれません。

ブラックリスト状態で賃貸を借りる場合の情報をさらに詳しく確認しておこう!
ブラックリスト状態で賃貸を借りる際の注意点
ブラックリスト状態で賃貸の連帯保証人になる場合の注意点

最後に

以上のように、任意整理が結婚に与える影響はすごく限定的な話となります。

ただ、まったく影響がないわけではないので、今回紹介した内容をしっかりと把握しておきましょう。

任意整理は、あくまでも借金問題を改善する建設的な手続きです。けして、結婚のような大きな節目にネガティブな影響を与えるものではありません。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事