【実は簡単?!】自分で任意整理する場合の手続きの手順・流れ・費用

【実は簡単?!】自分で任意整理する場合の手続きの手順・流れ・費用

任意整理は、利息や遅延損害金などをカットして、多くの場合、元金を3〜5年かけて返済する債務整理の手段です。

債務整理の中では、最も効力の弱い方法とされるので比較的手軽に利用できるようにも感じるのですが、利息のカットや遅延損害金など、普段はあまり関わる事のない言葉がでてくると、複雑なようにも感じてしまいますね…。

ですが、実際には、任意整理はそれほど複雑な手続きではありません。

弁護士を代理人として手続きを進める事も多いのですが、自分で手続きする事も十分可能。
「利息?遅延損害金って?」というレベルで分からないとしても、少しの手間をかければ問題なく自分で任意整理できるでしょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

実は簡単!!任意整理を自分でする場合の手続き方法とは?

1,どの業者を任意整理するのか選択

まず最初に、どの借金(業者)を任意整理するのか、また、任意整理した場合にどの程度、返済が楽になるのかを考える必要があります。

任意整理は、債務先を選択して交渉する方法なんだ。
個人再生や自己破産は全ての借金が対象だから、この点は大きな違いになるよ。

その際に、最大のポイントとなるのは、任意整理で返済が減るのは利息や遅延損害金といった部分ということ。

そのため、利息が高額な消費者金融やカードローンなどに大きな効力を発揮します。

逆に、低金利の借金に対してはほとんど効力を発揮しない事が多くなります。

また、任意整理後の返済期間は3〜5年になるので、返済期間が5年以上の借金にもあまり有効とはなりません。

こういった部分を把握したうえで、どの借金が任意整理に相応しいか、を考えてみましょう。

ちなみに、返済期間は交渉によって決まるので、任意整理する側が5年を希望しても3年しか認められない場合もあります。その点も考慮に入れて最短の返済期間になった場合でも計算してみましょう。

2,任意整理先が決まったら債権者に連絡

任意整理したい借金が決まったら、その債務先に連絡を入れましょう。

基本的に『任意整理希望者窓口』のようなものはありませんので、通常のお客様サポートなどに連絡を入れることになります。

お客様サポートに連絡を入れ、任意整理したい旨を伝えると、専門の部署に繋げてもらえるか、折り返しで連絡を受ける形となります。

もし、滞納などで、債権者から頻繁に連絡を受けている場合は、その際に伝えてもOK。
取り立てを担当する人は、任意整理にも慣れているから話が通りやすい事が多いんだ。

3,返済方法などを相談

任意整理の対応をできる担当者と繋がったら、具体的にどういった返済方法にするのかを話し合っていく事になります。

まず聞かれるのは、「月々いくら程度なら返済できるのか?」という事である場合が多いのですが、正直に手の内を見せすぎないように注意して下さい。

ポイントとしては、最長である5年間で元金が返済できる程度の月々返済額で交渉すること。

例え4年で返済できる程度の余裕があっても、できるだけ5年の返済期間を引き出す努力をするようにして下さい。

「返済期間が長いのは嫌」という意見もあるかもしれませんが、お金に余裕がでてきたら、前倒しで一括返済するという手段もありますし、基本的に将来分の利息がカットされるわけですから、返済期間が長くなったからといって、返済総額が増えるわけでもありません。

このような事情から、できるだけ長い返済期間を引き出せるように交渉して下さい。

また、将来分の利息は基本的にカットされますが、遅延損害金に関しては弁護士を介さないとカットされない可能性が高まります。

遅延損害金のカットを詳しく確認

任意整理の弁護士費用はそこまで高くないので、遅延損害金がカットされる差で弁護士を介した方が手元に残るお金が大きい事もあるので注意が必要です。

任意整理の弁護士費用

4,返済方法が決まると返済再開

返済方法が決まると任意整理が成立した事になります(法律上は和解と言われる)。

そして、その月、もしくは翌月から返済が再開されます。

ちなみに、任意整理の交渉を開始(申し入れ)すると、それまで滞納して取り立てされていたものが止まりますが、任意整理は双方同意で返済方法が見直される手続きなので、返済が再開されても、新たに滞納しない限りは取り立てされる事はありません。

5,返済完了で任意整理が修了

返済方法が決まって成立するまでが任意整理と考える人も多いのですが、最も重要なのはしっかりと返済する事です。

そして、返済が終了した時に任意整理も終了した事になります。

任意整理後の返済は基本的に5万円前後になる事がほとんどで、無理のない返済は十分可能なはずです。

仮に、会社が不景気で給料が下がるような事があっても、アルバイト等でも返済可能なはずです。実際、任意整理後に確実な返済を続けるためにアルバイトをする人は少なくありません。

任意整理のブラックリスト期間

任意整理は効力の比較的弱い方法とはいえ、契約通りの返済ができなかった事には変わりがないので、信用情報には事故情報が残りブラックリスト状態となります。

信用情報は、お金を借りる時に確認される事で、事故情報が残っている間は基本的にいかなる手段でも借金ができません。

ただ、事故情報は一生残るわけではなく、いずれは消えて従来通り借金が可能となります。

任意整理で事故情報が残る期間は、基本的に任意整理開始(交渉開始)から5年間。

ただし、任意整理開始前や、任意整理後の返済で長期間滞納(最短で3ヶ月)してしまった場合は、返済完了から5年になる事もあるので注意が必要です。

任意整理のブラックリスト期間を詳しく確認

もし、ブラックリストになっている間にローンなどを組みたい場合は、配偶者など他の人の名義を使うしかありません。

ブラックリスト期間中にお金を借りるには

任意整理後の返済が滞ると悲惨なことに

任意整理は、返済完了までが一連の手続きとなりますが、万が一、任意整理後の返済ができないとどうなってしまうのか?

まず、1ヶ月程度の遅れであれば、催促される程度で、さほど問題ありません。

しかし、3ヶ月滞納を続けると一気に状況は悪化します。
債権者側の対応にもよりますが、基本的に、滞納が3ヶ月続くと期限の利益の喪失(任意整理が無効)となり、一括での請求がされますし、それを滞納すると、全額に対して遅延損害金も発生するので、債務もどんどん膨れ上がるでしょう。

当然、一括での返済はできない状況なので、再び分割での支払いができないか交渉する事になりますが、実質2回目の任意整理という事になり、1回目の任意整理後の返済ができなかった事から信用されずに、応じてもらえない可能性が高くなります。

その場合は、より効力の強い個人再生自己破産をする必要がありますが、効力が大きい分、デメリットも大きくさまざまな財産を処分する事になるかもしれませんし、任意整理後に返済したお金はほとんど意味を成さなくなります。

このように、任意整理後の返済ができないのはリスクでしかありません。

任意整理をした地点で崖っぷちだと考え、しっかり返済するようにしましょう。

弁護士に相談した方が有利な部分が多い

弁護士費用などを考えると、自分自身で任意整理をしたくなりますが、
任意整理は、交渉によって結果が異なるので、素人である債務者が交渉するより、プロである弁護士が交渉した方が良い結果に繋がる事が多くなります。

それに、弁護士費用は高いと考えられがちですが、任意整理に関してはそこまで高くないため、
交渉で良い結果を得る事で、金銭的にも弁護士を介した方がメリットが大きくなる事も少なくありません。

それに、何より、全ての手続きを弁護士が代理で進めてくれるので楽ですからね。

当サイトのお勧めとしては、自分自身で手続きをするのではなく、弁護士を介して任意整理することをお勧めします。

弁護士を介して任意整理を進める際の流れ

また、弁護士を代理人としない場合でも、相談だけはしておきましょう。任意整理が本当に最適な方法となるのか、その判断はプロでないと難しい部分があります。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事