審査通る?任意整理後のブラックリストで労金の住宅ローンを組む実例

審査通る?任意整理後のブラックリストで労金の住宅ローンを組む実例

任意整理後のブラックリスト期間(事故情報が消えるまでの期間)は、手続き開始から5年。

もしくは、任意整理前に滞納をしていた場合や、任意整理後の返済を滞納した場合は、返済終了から5年となります。(ブラックリストになる滞納期間は3ヶ月が目安)

基本的に、このブラックリスト期間中に新たなローンを組む事はできません。

しかし、5年という長い期間の中では、ローンを必要とする場面も少なくありませんね。特に住宅ローンなど、長期のローンになると早めに組みたいと考える事もあるはずです。

ろうきんの住宅ローンでも組む事は難しいのでしょうか?

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事もこちらをクリック

労金で住宅ローンが組めたという声は少なくない!

ローンの審査基準は、労金に関わらず、各金融機関、独自の審査基準を設けており、その基準は公開されることなくブラックボックスに包まれた状態となっています。

そのため、一概に、こっちの銀行は審査が厳しいけど、こっちは緩いといった判断をするのは、難しい部分があります。

それに、同じ銀行でも審査するタイミングや審査する人によって判断が異なるかもしれません。それぐらい、曖昧なものでもあります。

また、任意整理後のブラックリスト状態が与える審査への影響は非常に大きく、ましてや住宅ローンなど高額な借金の審査はさらに難しいとされます。

しかし、その一方で、任意整理後のブラックリスト状態でも住宅ローンが組めたという実例が多いのも事実。

そして、今回のテーマである労金に関しては『労働金庫』の略称で、生協や労働組合が出資して運営している非営利の金融機関という特別な立場です。

そのため、銀行よりも審査に通りやすい可能性があり、ネットの情報などを確認しても、銀行で通らなかった審査が労金で通ったという声が少なくありません。

あくまでも審査基準はブラックボックスで確認もできませんし、噂レベルではありますが、それでも、総合的に考えて、銀行より労金の方が審査が緩い可能性が十分考えられます。

※後述で知人の実例を紹介します。

特に有利なのは労働組合員や生協の会員!?

労働組合や生協の出資によって成り立つ金融機関のため、労働組合員や生協会員は、一般会員と比べて有利な条件のローンが組めるようになっています。

主な、違いとしては、保証金に関する優遇ですが、それでも、立場的に労働組合員や生協会員を無下にはできませんので、審査に関しても有利になるかもしれません。

もちろん、一定の審査基準があり、それを最低限満たしている必要がありますし、ブラックリストである以上、審査基準を最低限満たすだけでは足りないかもしれませんが、それでも、銀行に比べればずっと有利な可能性があるでしょう。

審査で重視される2つのポイント

住宅ローンで悩んでいる人は、既にご存知の方も多いかと思いますが、住宅ローンで重視される2つのポイントを改めて確認してみましょう。

『返済比率』

返済比率とは、給料に対するローン返済額の割合を表すものです。

例えば、年収500万円で年間100万円返済する場合は、返済比率20%という事になります。

この返済比率は、低ければ低いほど返済に余裕がある状態。例えば、年収1,000万円で年間100万円返済なら返済比率10%、逆に年収が200万円で年間100万円返済するなら返済比率50%となります。

逆にお金を貸す立場になって考えれば分かりやすいですが、同じ年間100万円の返済額でも、年収1,000万円の人の方が安心してお金を貸せますね。

目安としては、25%が合格ラインとされますが、ブラックリストという不利な状況の合格ラインはもっと低いものと考えておいた方がいいでしょう。

具体的に何%がいいという事は言えませんが、頭金を捻出するなどをして、できるだけ返済比率を下げる努力をして下さい。

融資比率

融資比率とは、全体の価格(住宅価格)のうち、何%を融資に頼るのか、という比率です。

例えば、2,000万円の住宅を全てローンで買う場合は、全て融資で賄っているので、融資比率100%、

2,000万円のうち1,000万円を頭金として支払って、残りの1,000万円をローンにする場合は、半分が融資となるので融資比率50%という事になります。

金融機関はお金を貸す立場である以上、大きな金額を借りてもらった方が利益が大きくなりますが、この融資比率は低いほど審査に有利に働きます。

優良とされるのは、80%以下と表現される事が多いのですが、ブラックリスト状態での審査の場合は、それよりさらに低い融資比率にできると理想かもしれません。

用意できないものは出来ませんが、生活に必要なお金以外は全て頭金にまわすなど工面してみましょう。

実際にローンが通った実例

今回、この記事を書くことにしたキッカケは、知人が実際にブラックリスト状態で労金の住宅ローンに通ったからです。

ネット上の噂だけでは紹介しづらい部分がありましたが、身近に実際にローンが組めた人がいるとなると、ブラックリスト状態でも組める事が実証されています。

その知人に詳細を聞いたので、内容を確認してみましょう。

  • 年齢34歳
  • 勤続16年
  • 配送業(大手で全国的に有名)
  • 年収500万円前後
  • 4年前に消費者金融とクレジットカードを任意整理
  • 任意整理の返済期間は4年で最近支払い終えた
  • 頭金300万円
  • 借り入れ2,000万円
  • 35年ローン
  • 現在住んでいる家を解体し立て直し

ローンを組むスペックとしては十分ですが、やはり、ブラックリストになっているという事もあり、銀行2ヶ所では審査が通らず。

そこで、ブラックリストであることと、銀行の審査に通らない事を正直に伝えたうえで、労金に相談。

すると、借入希望額2,000万円すべて借りる事が可能になりました。

勤続年数が長い事や、住んでいる場所が田舎という事もあり、年収500万円なら十分な収入となっている点。

また、土地は持っていたために借入額も多くなかった点や、すでに任意整理後の返済が終わって、あと1年ほどでブラックリスト状態から解放される点など。

さまざまな部分を総合的に考えて審査に通ったと思われますが、いずれにしても、ブラックリストでも審査に通る事があるという事です。

ちなみに、融資比率は80%を超えており、そういった意味では先ほどの説明と矛盾してしまいますが…。

ただ、それでも、総合的な評価が高かったということでしょう。

不利な状況には変わりがないが可能性はある

ブラックリスト状態で住宅ローンを組むのは基本的に難しいのは間違いありません。

ですが、ブラックリストは、評価の指針になるだけで、借金を禁止するものではないのも事実です。

勤続年数や年収、借入額、総合的な判断になってきますが、それでも、無理のあるローンでない限りは可能性があるでしょう。

ちなみに、知人は労働組合員でも生協会員でもありません。条件が揃えば誰にでもチャンスはありそうです。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒無料減額シミュレーションを始める

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事