債務・任意整理後のブラックリストが終わったら同じ銀行・消費者金融から借金できる?できない?

債務・任意整理後のブラックリストが終わったら同じ銀行・消費者金融から借金できる?できない?

債務整理をすると信用情報には事故情報が残り、いわゆるブラックリストの状態となります。

この信用情報は、あらゆる借金をする際に確認されるもので、事故情報が残っている場合は、基本的に新たな借金をする事ができません。

しかし、この事故情報は一生残るものではなく、どんな債務整理をした場合でも一定の期間が経過すると消えて無くなります。

では、この事故情報が消えてブラックリスト状態から開放されたら、過去の債務整理で借金を整理した金融機関や貸金業者から再びお金を借りる事ができるのでしょうか?

特に地域に密着した銀行や、馴染みのあるクレジットカードなどは再び利用したいところですね…。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理後のブラックリスト期間とは

債務整理をするとブラックリストとなり一定期間、新たな借金が出来ません。

任意整理をした場合は、任意整理開始から5年間(整理前に3ヶ月以上滞納していた場合や任意整理後の返済を3ヶ月以上滞納した場合は返済終了から5年になることも)。

個人再生と自己破産は最長で10年間。

任意整理は、元金を返済するなど一定の返済義務を満たしていますので、これを債務整理とするかは信用情報機関によって判断が異なり、ブラックリストになる期間も短めです。

信用情報機関は3つあるけど、そのうちJICC(日本信用情報機構)のみが任意整理で事故情報を記録しているんだ。
とはいっても、3つの信用情報機関は事故情報を共有しているから、ブラックリストの状態としては、他の債務整理と変わらないんだけどね。

そして、ブラックリストとなっている間は、基本的に全ての借金の手段で審査に通らなくなります。

例えば、クレジットカードの審査には基本的に通りませんし、債務整理前から持っていたカードに関しても一定のタイミングで利用停止となります。⇒ブラックリスト状態でもカードを持つ方法

その他にも、生活に必要な住宅ローンや自動車ローン、子供の学費のための借金である奨学金(連帯保証人になれない)や教育ローン(民間企業だけでなく国の提供する教育ローンも通らない)も通りません。

信用情報の事故情報は、過去に借金を契約通り返済できていないという記録となるので、金融機関や貸金業者としては、そういった人はお金に困っている事が目に見えていますし、お金を貸すのはリスクでしかないと判断します。

『事故情報=お金を借りる事を禁止される』という事にはなりませんが、借金をするのは非常に厳しいということになります。

事故情報が消えた後は従来通りの審査がされるから新たな借金もできる!ただし…

事故情報は、前項のように一定の期間で消えて金融機関や貸金業者にも確認できなくなります。

そのため、事故情報が消えたあとは、債務整理をしていない人と同じように従来通りの審査がされる事になります。

そして、年収等、金融機関や貸金業者の基準を満たしている場合は、新たな借金も可能です。

ブラックリストになっていないかどうかは、信用情報機関に情報開示請求する事で確認できます。
手数料が1,000円ほどかかりますが、無駄な審査落ちを防ぐために確信がないうちは情報開示をしてから借金の審査を通しましょう。

過去に債務整理をした相手は…

では、本題である過去に債務整理をしている金融機関や貸金業者から債務整理後のブラックリスト期間が終了した後に再びお金を借りる事が可能となるのでしょうか?

こちらの答えは、多くのケースでそれらの金融機関や貸金業者からは新たな借金ができないということになります。

審査の際には信用情報の事故情報が利用されますが、それとは別で、金融機関や貸金業者が独自にブラックリストを作成しています。

これは、過去に債務整理をされた相手や返済が滞っていた人を記録しているもので、
別名『社内ブラック』と呼ばれ、支所などを変えても社内で共有されている情報のため、基本的に、一度、債務整理をした相手からは借金ができない事になります。

効力の弱い任意整理でも、効力の強い個人再生や自己破産でも、同じ社内ブラックとして扱われます。

クレジットカードに関してもお金を借りる手段となるので、再び同じカードを発行する事はできません。

また、グループ会社を利用する場合もその情報が共有されている可能性があり、新たな借金ができない可能性が高まります(取引先等ではなく、あくまでも同じグループの会社)。

内ブラックに関しては、信用情報機関のように一定の期間で消えるという決まったルールが基本的にありません。

場合によっては、一生消える事がありませんし、一度債務整理をした金融機関や貸金業者からの借金は諦めた方がいいでしょう。

銀行も貸金業者も把握しきれないほど数がありますし、いくらでも別ルートで借金をする事は可能です。一つの金融機関に固執する事もありません。

地元の使い勝手のいい銀行などを利用したいところですが、一度債務整理をしてしまうと、たとえ、その後の年収が大きくなっても、基本的には借金ができないものと考えておきましょう。

ちなみに、社内ブラックは弁護士が間に入っても消せません。銀行や貸金業者としては、過去に契約通りの返済がされていないので、十分な正当性があるのです。

銀行の口座に関しては、債務整理をした金融機関でも基本的に問題なく開設可能だよ。
あくまでも、信用情報のブラックリストや社内ブラックはお金を借りる事に使われる事になるんだ。

まとめ

一度、債務整理をすると、基本的には、その金融機関や貸金業者からの借金がもう二度とできないということになります。

そして、この状態になってしまうと、裏ワザ等もなく、別の金融機関や貸金業者を頼るしかありません。

一度債務整理をした立場として受け入れるしかないのが現状です。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事