ショッピングのツケ払いやクレジット払いは任意整理できる?

ショッピングのツケ払いやクレジット払いは任意整理できる?

クレジットカードのショッピング枠は、手軽に買い物ができるため、ついつい買い過ぎてしまいがちです。

また、顔馴染みのお店などでは、ツケ払いを繰り返して気が付けば多額のお金を支払わなくてはならない状況になってしまうかもしれません。

こういった事情から、買い物での借金の返済が難しくなってしまうというケースは少なくありません。

そんな時に疑問に思うのが、ショッピングでの借金でも債務整理を利用できるのか?という事。

先に結論を言うと、これらのショッピングなどでかさんだ借金でも債務整理は可能です。
ただし、最も手軽に利用できる任意整理を利用できるかは、どのような形で借金をしているかによって条件が変わってきます。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

ショッピングは厳密には借金ではない

冒頭では『借金』という言い方をしましたが、ショッピングでの支払いを後払いするクレジットカードのショッピング枠は、厳密には借金ではありません。

借金とは、『お金を借りる事』。

例えば、住宅ローンなどのローンは、お金を借りて家を買い、それを毎月返済する方法。

カードローンや消費者金融などもお金を借りて、それを返済していく仕組み。

それ以外にも、同じクレジットカードの機能でも、ショッピング枠ではなくキャッシング枠は、お金を借りてそれを返済していく仕組み。

これらの、お金を借りている状況は全て借金に該当します。

一方、クレジットカードのショッピング枠やツケ払いは、立て替えをしてもらい後払いをする形で、借金とは異なるものとなるのです。

ショッピング枠も分割での返済が可能ですが、あくまでも立替金を分割償還しているだけで、借金とは若干異なる事になります。

そのため、上乗せして支払うお金も、借金の場合は『利息』で、ショッピングの場合は『手数料』となります。

借金でなくても債務整理可能?

名目上は借金とは若干異なるショッピング債務。
借金でない債務を債務整理で解決可能なのか?という疑問が浮かびますが、お金を支払う義務がある状況には変わりがないので、問題なく債務整理を利用できます。

債務整理は借金に対して使われるイメージですが、実際には名前の通り『債務』を整理するものです。

そして、ショッピングの立て替えに関しても債務には変わりがないので、債務整理をする上では、借金と全く同じように扱われ、整理する事が可能となります。

ちなみに、ツケ払いでも明細書などが用意できるのがベストですが、必ずしも必要とはしません。
用意できない旨を弁護士に伝える事で、弁護士が債権者(ツケ払いをしているお店)にどの程度の立替金が発生しているのかを確認して、その金額を基に整理が進められる事になります。

クレジットカードに関しては、近年はネットで利用状況をプリントアウトできるので、それらを用意した上で相談しましょう。
もし、それらが用意できない場合でも、いずれにしても弁護士は債権者に取引履歴の開示を求めるので問題なく手続きが進められます。

また、お店の買掛金なども、債務となるので、支払いができない状況になれば債務整理する事が可能です。

ホストクラブやキャバクラなどへ、ツケで通っている場合で支払いが難しくなっても債務整理で対応可能です。

実際、こういった事情で債務整理をする人はけして少なくありません。

だたし、これらの債務では、全ての債務整理が有効になるとは限らないので注意が必要です。

任意整理が有効になる場合とならない場合

債務整理にはさまざまな種類がありますが、その中でも最も効力が弱く、その分デメリットの少ない、手軽に利用できる手段が任意整理となります。

具体的な効力は、利息や遅延損害金をカットして、多くの場合、元金を3〜5年かけて返済するというもの。

また、もう一つの特徴として、他の債務整理とは異なり、裁判所が関与することなく、債権者と直接交渉する形になります(弁護士を代理人にして交渉する事が多い)。

このような仕組みのため、お店のツケ払いを任意整理したくても、お店側には任意整理の交渉に応じる義務がありませんし、
仮に交渉に応じたとしても、消費者金融などからの借金と異なり、利息(手数料)や遅延損害金の取り決めがされていない事が多いかと思いますので、元金が基本的に減額されない任意整理では効力を発揮できません。

もちろん、キャバクラやホストクラブでも同じかと思いますし、取引先の買掛金なども同じです。

一方、クレジットカードのショッピング債務に関しては、分割による金利手数料が発生している事が多いですし、支払いを遅延する事によって遅延損害金が発生する事がありますので、任意整理でも十分有効になってくる可能性が考えられます。

クレジットカードの金利手数料は年利15%ほどに設定されている事が多いですし、遅延損害金も年利20%ほどとなっているかと思います。

当初の借金(元金)が200万円ほどでも、遅延損害金だけで+50万円を超える事がありますし、
そのまま整理せずに返済すると、利息だけでもさらに100万円以上かかるかもしれません。

任意整理は、遅延損害金が基本的にカットされ、将来分の利息もほぼ0となります。
クレジットカードのショッピング枠は任意整理が有効な手段になってくるケースが多いと言えるでしょう。

そもそも、クレジットカードには任意整理がおすすめ

任意整理は元金の返済を必要としますが、その分、債権者を選んで整理できるなど、他の債務整理にはない魅力があります。

例えば、クレジットカードの他に、住宅ローンやカーローンがあってもそれらは除外する事ができますし、その場合は、住宅や車を手放す必要もありません。

イメージとしては、返済の厳しい債務だけの支払いスケジュールを見直すような手続きとなります。

もちろん、家族への影響なども最小限で済みますし、中には、配偶者にも内緒にしたまま手続きを済ませるケースもあるほどです。

カード会社は任意整理の交渉に応じる

お店を相手に任意整理をしようとしても、応じてもらえない事が多いのですが、カード会社など企業に対して任意整理の手続きを行うと、ほぼ全ての企業が任意整理の交渉に応じてくれます。

なぜ、利息や遅延損害金がカットされる不利な交渉に応じるのかというと、

任意整理を利用する人は、既に支払いが難しい状況となるので、任意整理に応じなければ、そのまま滞納されたり、個人再生や自己破産などより効力の強い債務整理をされる事になります。

もし、そうなると、元金すらまともに返ってこない事態となり、企業としての損失はより大きくなります。

こういった事情から、元金だけでも返済される任意整理は企業にとってけして悪い話とはならないのです。

お店へのツケを整理するには任意整理以外を選択

クレジットカードではなく、お店へのツケが支払えずにいる場合は、任意整理が有効とはならないので、個人再生や自己破産を選択しなくてはなりません。

個人再生は、債務が(多くの場合)5分の1ほどに減額される方法で、自己破産は、債務が全額免責となります。

お店のツケにも、これらの影響を与える事になりますので、債務の問題も解決する事になるでしょう。

しかし、その一方で、効力がこのように任意整理とは比べ物にならないほど強い分、デメリットも強力です。

個人再生は、住宅ローンのみ除外できますが、カーローンなど他の債務も全て整理されますので、車を手放すなどのダメージを受ける可能性がありますし、

自己破産に至っては、住宅を手放す事になる上、時価20万円以上の車や有価証券、預金、返戻金のある生命保険などは換価処分(処分で得られたお金が債権者に分配される)の対象です。

こういった事情から、ツケ払いを債務整理する場合は、それなりの覚悟を持って行わなくてはなりません。

もし、これらの手段が利用しづらいようでしたら、消費者金融などからお金を借りて返済するのも有効になってくるでしょう。

もちろん、消費者金融への返済は必要ですが…、最悪の場合、消費者金融の借金は任意整理で少し返済を楽にする事も可能になってきます。

借金問題は早めに弁護士に相談を

こちらの記事にたどり着いた人の多くは、ショッピングなどの立替金で悩んでいる状況かと思います。

借金問題は、長期化させるほど状況は悪化してしまいますし、取り立てや催促をされるのも精神的に参ってしまいますね。

そのため、出来るだけ早めの対処をしなくてはなりません。

相談する相手は借金問題のプロである弁護士。実際に、債務整理をするかどうかは別として、まずは相談だけでもしてみましょう。

きっと状況に応じた最適の方法が見つかります。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事