債務整理後はスマホの新規契約・分割購入ができない?できる方法は?

債務整理後はスマホの新規契約・分割購入ができない?できる方法は?

債務整理をする際には、

『債務整理をするとスマホ(携帯電話)の契約にどういった影響があるのか?』

という事も気になる部分かと思います。

※以後、携帯電話(ガラケー)も含めてスマホで表記(債務整理の影響は同じ)

確かに、債務整理で借金問題が解決しても、スマホが無くなってしまうと、仕事や日常生活さまざまな部分に悪影響が出てしまいますね。

結論としては、スマホの契約が解除されるパターンと、そのまま使えるパターンの両方があります。

契約が解除される場合は、他のキャリア(携帯会社)を含めて新しい契約が難しい状況に。

そのまま使える場合は、債務整理をしても、持っているスマホはそのまま使えますし、新規でスマホの契約をする事も可能です。

これにはどういった違いがあるのか確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

携帯料金の未払いが無ければそのまま使える

そもそも、携帯電話は、お金を借りる手段ではありません。

債務整理は、借金問題を解決する方法となるので、その後、影響が出るのは基本的に借金をする手段のみとなります。

例えば、銀行でローンを組んだり、消費者金融でお金を借りるといった事は、債務整理によって残る信用情報の事故情報が影響して審査に通らなくなります。

一方、スマホの契約は、お金を借りる手段ではなく、通信機能を使わせてもらう代わりにその分の料金を支払うという、サービスに対する料金を毎月支払っているだけです。

借金で毎月支払うのは、借りたお金を返済している状況ですが、スマホは、通信機能を使った料金を毎月支払っている状況。

この違いは明白ですね。

仮に、携帯会社は、料金が未納になったとしても、サービスを停止してしまえばいいだけでそこまで大きな損失を被る事はありません。

このような事情から、携帯料金の未払いがない限りは、携帯会社側の損失が生じないので、スマホの契約を打ち切る理由もありません。

債務整理前から契約している場合もそのまま使えますし、債務整理後に新しく契約しようとした場合でも、基本的に問題なく契約できます。

重要なのは、毎月の料金をしっかりと支払うこと。それが、今後もスマホを利用できるかどうかの分岐点になってきます。

スマホ本体の分割払いはできない

スマホ本体を分割で購入して月々の携帯料金にスマホ分割代を上乗せして支払うケースが多いかと思いますが、

スマホ本体の分割は、ローンの支払と同じで借金をする手段となるので、携帯の料金とは異なり、債務整理でブラックリストになっている場合は利用する事が出来なくなります。

これは、携帯の料金を未払いにすることなく支払ってきた場合も同じです。

もし、債務整理後にスマホ本体を変えるのであれば、分割ではなく一括払いでの購入をしなくてはなりません。

料金が未払いの場合は、契約が解除になるし新規の契約もできない

一方、借金にともない、スマホ料金の支払いも出来ていなかった場合は、契約中のスマホ契約が解除されますし、新規での契約も基本的にできません。

これは、提供されているサービスに対して料金を支払わなかったので仕方のないことですが、注意したいのは、未払いになっている携帯会社だけでなく他の携帯会社でも契約ができなくなるということです。

未払いが発生すると、その情報はTCA(電気通信事業者協会)という組織を通して、全ての通信会社で共有されます。

債務整理をすると借金の手段に対して『ブラックリスト』となりますが、携帯料金の未払いに関しても『携帯ブラック』のようなものが存在するのです。

「もし、強制解約されても他社で契約し直せばいい」といった事は一切通じません。

ちなみに、一括払いをしない限りは、5年間、未払いの履歴が残ります。(5年間は新規契約ができない)

格安シムも契約できない

「格安シムなら契約できるのでは?」という考えが浮かぶかもしれませんが、格安シムに参入している会社も、TCA(電気通信事業者協会)の情報を利用しているので、新規の契約は非常に難しいでしょう。

携帯料金の未払いで、債務整理と同じブラックリストになる事も

さらに、注意したいのは、携帯料金の未払いには2種類のブラックリストがあるということ。

まず、通常の通信料金として支払うお金が未払いとなった場合は、TCA(電気通信事業者協会)で情報が共有され、先ほどのような携帯ブラックの状態となります。

もう一つは、携帯料金の未払いとともに、端末(スマホ本体)の分割払いを滞納し強制解約をされた場合です。
こちらのケースでは通信料の未払いとは異なり、端末を分割(ローン)で購入している扱いになるので、『借金』ということになります。

そのため、端末の分割が未払いになった場合は、借金の返済ができていないと判断されるため、CIC(指定個人信用情報機関)に情報が掲載され、債務整理と同じようにお金を借りる際のブラックリストとして扱われます。

つまり、債務整理をしなくても、債務整理をした時と同じ扱いをされてしまうのです。

強制解約になるまで

具体的にどういった流れで強制解約になるのか確認してみましょう。

料金の未払いは2週間ほどで回線停止に繋がる

引き落としの口座振替等ができないと、1週間ほどで『料金が支払われていません』という旨と、請求書もしくは督促状が届きます。

この地点では、まだ回線もこれまで通りに問題なく使えますし、請求書通りの支払いをすれば、その後も問題なく使えます。

請求書の期日は引き落とし予定だった日から2週間ほどに設定されているのが一般的。

そして、支払い期日までに支払いが確認されなかった場合は、順次回線が停止する流れとなります。

つまり、最短で回線が停止するのは2週間ほどとなります。遅くとも1ヶ月以内には停止するでしょう。

ただし、回線停止後も一部のサービスは使えます。

例えば、ソフトバンクは着信の利用が可能ですし、

auはお客様サポートへの電話は可能です。

また、スマホの機能は失われないのでWi-Fi環境であればライン等も利用できます。

通信を復活させる方法はただ一つ。未払いとなっている料金を全額支払う事です。

また、延滞金が年15%で発生するのと、請求書や督促状の発行手数料も上乗せされ、当初支払うはずだった料金より高額になるので、その点も注意が必要です。

2ヶ月で強制解約に

督促が届き、その後も支払わないと回線が停止しますが、その状態をさらに放置すると、2ヶ月後には強制解約という流れになります。

強制解約後は、これまで滞納した料金を一括で支払う必要がありますし、支払わない限り、他社での契約もできません。

差し押さえや裁判になる可能性も

未払いのまま逃げきれるか、というと、基本的には難しいでしょう。

携帯会社は、強制解約後に、債権回収作業を法律事務所などに委託します。

法律事務所は、裁判を使ってでも回収を試みますが、当然、未払いという状況では裁判の勝ち目はありません。

裁判所からも一括での支払いが命じられ、裁判の命令に従わなければ、差し押さえという流れになります。

逃げ切るどころか、財産を失うことになる可能性が高いのです。

クレジットカード払いの人はご注意を

よく有りがちなのが、クレジットカードが止められて、それと同時にクレジットカード払いにしていた携帯料金も未払いの状態になってしまうというもの。

前項の通り、クレジットカードのような借金をする手段と、携帯料金の未払いは別物です。同時に止めてしまうと、双方に影響が出てしまうことになります。

もし、携帯料金を支払っているカードが止まってしまった場合は、早い段階で携帯料金の支払い方法を変更しましょう。

滞納したまま、個人再生や自己破産をすると、スマホを継続して使い続ける事もできませんし、新規での契約も難しくなります。

スマホが使えるかの分岐点はスマホ利用料金の支払状況

せっかく債務整理をして生活を立て直そうとしても、スマホがないと仕事にも支障が出るかもしれませんし、さまざまな面で不利に働いてしまいます。

そういった事にならないためには、債務整理をする場合でもスマホ料金だけはしっかりと支払い続ける事が重要になってきますし、

携帯会社を債務整理の対象にしない事が重要になってきます。

借金の返済が難しくなると、督促の厳しい会社から優先して返済してしまいがちですが、一度冷静になり、債務整理後の生活も考えた優先順位を決めて支払うようにしましょう。

多くの人にとって、スマホの優先順位は高いはずです。

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事