債務整理をしても配偶者(妻/夫)はローンを組める!ただし…通らない事も

債務整理をしても配偶者(妻/夫)はローンを組める!ただし…通らない事も

債務整理後には新たな借金ができなくなります。

しかし、仕事や家族のため、時にはローンを必要とする場合もあるでしょう。

代表的なものとしては、自動車ローンや住宅ローン、教育ローンが挙げられるかと思います。

では、このような生活するうえで必要なローンを組みたい場合、債務整理をした本人ではなく配偶者の名義なら審査に通るのでしょうか?

結論としては、配偶者が債務整理をしていないのであれば問題なく組める可能性が高いと言えます。

ただし、確実に組めるというわけでは無いので、注意点も把握しておく必要があります。

また、ブラックリストでも自動車ローンや住宅ローンを組む方法があります。それもあわせて確認してみましょう。

既に返済が苦しい場合は匿名で利用できる無料減額シミュレーションを確認!借金が0になる事も司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

信用情報の事故情報とは?

まずは、債務整理後の借金ができなくなる理由についても確認してみましょう。

債務整理をすると、信用情報には事故情報が残ります。

信用情報とは、借金の返済情報や債務状況に関する個人情報のようなもので、事故情報が残ると、いわゆるブラックリスト状態となり新たな借金ができなくなります。

厳密には『ブラックリスト=借金が禁止される』という事ではなく『ブラックリスト=借金が難しくなる』という事ですが、基本的には借金をするのが難しくなるでしょう。

金融機関や貸金業者は、お金を貸す際に、必ずこの信用情報を審査基準の一つとして考えますが、過去に借金の返済ができなかったという記録である事故情報は致命的。

逆の立場になって考えても、借金の返済が確実ではない人にはお金を貸したくありませんよね?

そのため、冒頭のような家族のために必要なローンでも基本的に通らなくなってしまうのです。

ただし、事故情報は一生残るものではありません。

  • 任意整理・・・手続き開始から5年(ただし、滞納があった場合は返済終了から5年になることも)
  • 個人再生・・・最大10年
  • 自己破産・・・最大10年

さらに詳細の期間

以上の期間が経過すれば、事故情報は消えて新たなローンも組めるようになります。

もし、事故情報が消えている可能性がある場合は、以下の記事に記載されている方法で確認してみましょう。

特に、任意整理は、返済修了時には事故情報が消えているかもしれません。

事故情報の確認方法

事故情報は個人に残るから配偶者は従来通りの審査がされる

ブラックリストは、家計を共にする家族に関しても効力を発揮するイメージがありますが、
実際には個人に対して残る情報で、たとえ配偶者でも、本人が債務整理をしていないのであれば事故情報は残りません。

仮に、夫が任意整理をしても、妻がしていないのであれば、妻の信用情報には何の記録も残らないのです。

そして、借金の審査では基本的に、審査を通す本人の情報しか確認をしないため、債務整理をしていない側なら通常通りの審査が受けられることになります。

連帯保証人を親族にお願いする

連帯保証人が必要な借金の場合は、
連帯保証人の信用情報も借金をする本人と同じように確認されてしまうので、債務整理をして事故情報の残っている人が連帯保証人になると審査に通らなくなってしまいます。

※借金という表現をしていますが、ローンも同じ

仮に夫が債務整理をしている場合は、連帯保証人にはできないのです。

また、連帯保証人にしようとした関係で夫に事故情報がある事がバレてしまい、「この家族の財政状況は良くないのでは」という事が把握されてしまう可能性もあります。

この場合は、別の連帯保証人を立てても審査に通らなくなってしまうかもしれません。

連帯保証人を必要とする場合は、最初から親や(働いているのであれば)子供を頼るようにしましょう。

年収という項目をクリアする必要もある

また、借金をするには、その金額や返済方法に応じて、各金融機関や消費者金融が独自の審査基準を設けています。

そのため、一定の収入や安定した仕事がない人では審査に通るのが厳しいかもしれません。

夫婦の一方が債務整理をする場合、多くのケースで稼いでいる側が債務整理をしているかと思います。(そもそも稼いでいるから借金ができていたので)

そのため、配偶者の名義で新しいローンを組もうとしても、収入や雇用形態の関係で審査に通らないかもしれません。

仮に、専業主婦が審査を通そうとしても、夫の収入証明書の提出を求められてしまうので、そこから事故情報が発覚してしまいます。

社内ブラックで配偶者が審査落ちすることも

夫婦の一方が債務整理をした場合、その際に借金を整理した金融機関や貸金業者では、信用情報とは別で『債務整理された』という記録が会社に残ってしまいます。

通称、この状態は『社内ブラック』と言われますが、信用情報機関という第三者機関が扱う情報ではないため、一定期間で消えるといったルールが決まっておらず、場合によっては一生残ってしまいます。

そして、社内ブラックになっていると、その金融機関などで借金をするのは、この先ほぼ不可能です。

一度、契約通りの返済をしなかったわけですから、これは仕方のないことです。

しかし、ここで注意したいのは、仮に夫が社内ブラックになっている金融機関に妻の名義でローンを組もうとしても、住所などの情報から債務整理をした人の配偶者である事が発覚してしまう可能性が高いという事です。

そして、夫が債務整理をした事実が発覚した場合は、かなりの確率で審査に落ちてしまいます。

新たなローンを通す場合は、こういった点も注意する必要があるのです。

配偶者でも通常よりは審査に通る可能性が低いとされる事も…

配偶者の一方に事故情報があっても、もう一方の審査には影響を与えないというのが基本的な考え方で間違いありません。

理由としては、個人情報保護法が制定されて以降、ローンを組もうとしている人の配偶者だからといって信用情報を勝手に確認する事は許されない仕組みになっているからです。

仮に、配偶者の信用情報を確認するには、配偶者の同意を得なくてはなりません。

ただ、ローン審査の基準は非常に曖昧で、金融機関ごとに異なりますし、その方法は一切公表されていないのが現状です。

「なぜパートの妻がローンを組むのか?なぜ、夫ではないのか?」

仮に、妻が借金をする基準を満たしていても、審査を行うのも人間なので不信感を持つことで審査に落ちる可能性は考えられます。

もし、審査に通して、返済されないような事があれば審査をした人の責任にもなりかねません。

こういった事情から、事故情報がなくても通常の審査よりは厳しい可能性が考えられるでしょう。

ただ、あくまでも可能性の問題で、通常通りの審査がされるとは思われます。

仮に、審査落ちしても、別の金融機関で審査を通してみるなどでクリアできるはずです。

無収入で審査に通らない場合は、事故情報がある側で審査を通す裏技も

一方が債務整理をしても、もう一方の信用情報には影響がなく、新たな借金も可能です。

ただし、自動車ローンや住宅ローンなどは、金額が大きいために、一定の収入がないと組めないという現状があります。

そんな時には以下の対策で審査を通せるかもしれません。

まず、自動車ローンは一般的なディーラーローンではなく、自社ローンを提供しているディーラーを探して下さい。

一般的なディーラーローンは、ディーラーでローン契約をするものの、実際には信託会社が審査をして信託会社からお金を借りる仕組みとなっており、その際に信用情報を確認されてしまいます。

しかし、自社ローンを提供しているディーラーなら信用情報を利用せずに独自の審査基準でディーラー自らローンを提供しており、事故情報があっても基準を満たせばローンを組めます。

住宅ローンに関しては、個人再生や自己破産をした人に有効な方法ですが、
最長で10年間事故情報が残るのは、銀行系のKSCという信用情報機関だけで、他の信用情報機関は5年で消えます。

そのため、事故情報は信用情報機関同士で共有されるものの、ノンバンク系の住宅ローンなら、CICやJICCなど他の信用情報機関を重視するため、ローンに通る可能性があります。

以上のように、事故情報が残っていても生活に必要なローンが組めるケースも考えられるのです。

さらに詳しい事は、以下の記事で紹介していますので、確認してみて下さい。

ブラックリストでもローンを組める!債務整理後に期間を短く早く借金する方法

⇒あなたの借金をどれだけ減らせるか?無料減額診断へ

無料・匿名で借金がいくら減額になるか確認

当サイトをご覧になられている多くの人は借金問題で悩んでいる状況かと思います。

皆様のお役に立ちたく、当サイトを運営していますが、その第一歩として無料匿名シミュレーションの利用をお勧めします。

以下のサイトでは、1分ほどの簡単入力で借金がいくら減額になるのか確認可能。

地域や借入れ状況から、あなたの状態にあった専門家をマッチングしてもらう事もできます。

まずは、一歩踏み出してみましょう。

⇒司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

債務整理の疑問や不安カテゴリの最新記事